中日新聞杯予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

中日新聞杯 2013

【G3】中京競馬場・芝2000m


☆安田記念☆春の最強マイラー決定戦!海外からも参戦馬がいる難解な国際競走!!スピードよりもスタミナが要求される東京競馬場を突きぬけるのはこの馬だ!

 中日新聞杯ニュース・予想

[2013/03/09()]
9日(土)に中京競馬場で行われたG3・中日新聞杯(芝2000m)は5番人気蛯名騎手騎乗のサトノアポロ(牡5・父シンボリクリスエス)が道中中団から最後の直線で先に抜け出した1番人気アドマイヤタイシを捕え、クビ差で優勝。3着は半馬身差で3番人気トウカイパラダイス。サトノアポロは通算13戦5勝で重賞初制覇。前走はAJCCで4着だった。⇒結果(全着順&払戻)


[2013/03/07(木)]
【中日新聞杯2013競馬予想(4)】中日新聞杯は中京芝2000mのハンデ戦。同じようにローカル重要で福島・新潟・中京・小倉で行われた牝馬限定戦を除く過去10年の芝2000mハンデ重賞66レースでは実は負担重量55.5-57kgが31勝2着22回。ついで54-55kgが19勝2着27回と54-57kgで50勝2着49回と全体の75%を占める。ハンデ戦とはいえ、そこそこの重量で臨んでくる馬に分がある。また過去5年の中日新聞杯では連対馬の半数にあたる5頭が6番人気以下。そして5年中4回が同齢のワンツーフィニッシュ。


[2013/03/06(水)]
【中日新聞杯2013競馬予想(3)】先と同じ条件で中日新聞杯を分析すると4角先頭だった馬が8勝。また2-5番手も7勝2着16回と23連対。10番手以下はわずか6連対で前ほど有利な結果となっている。


[2013/03/05(火)]
【中日新聞杯2013競馬予想(2)】中日新聞杯はリニューアルされた中京芝2000mで行われるが、そのリニューアル後の過去1年の傾向からは上位人気馬が優勢であることが分かる。過去1年、3歳以下のレースを除いた中京芝2000mで行われたレース25件で単勝1-4番人気で16勝。2着11回と約半数強の連対率。一方、6-9番人気で17頭の連対。


[2013/03/04(月)]
【中日新聞杯2013競馬予想(1)】かつて12月に行われていた中日新聞杯は昨年から3月に実施。09年12月中日新聞杯優勝のアーネストリーは2走後の宝塚記念で3着に入り翌年宝塚記念を優勝。10年中日新聞杯優勝馬トゥザグローリーは、次走有馬記念3着後も重賞勝ち鞍を挙げ続け活躍中。昨年からグランドオープンした中京競馬場で行われるハンデ戦、今年の行方はいかに。




[2013/03/03()]
中日新聞杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/03/01(金)]
中山金杯2着のアドマイヤタイシは岩田騎手で中日新聞杯へ。


[2013/02/25(月)]
24日(日)の阪神3Rで2位入線したマノワールは最後の直線走路で他馬を妨害。騎乗した福永騎手は3/2-3/10までの開催4日間の騎乗停止処分。この影響で弥生賞のエピファネイアはW.ビュイック騎手、中日新聞杯のジョワドヴィーヴルは戸崎騎手に乗替。


[2013/02/21(木)]
京都記念5着のジャスタウェイはバルジュー騎手で中日新聞杯へ。


小倉大賞典5着のパッションダンスは中日新聞杯へ。フェブラリーS16着のヤマニンキングリーは中日新聞杯へ。エプソムC15着以来のダノンスパシーバは大阪城Sで復帰。洛陽S5着のモンストールは東風Sへ。


[2013/02/14(木)]
エリザベス女王杯11着のフミノイマージンは中日新聞杯か中山牝馬ステークスへ。


[2013/02/13(水)]
京都記念5着のジャスタウェイは中日新聞杯へ。7着のジョワドヴィーヴルも中日新聞杯へ。


京都金杯6着のショウリュウムーンは秋山騎手で中日新聞杯へ。


[2013/02/07(木)]
トウカイパラダイスは中日新聞杯へ向かう。熱発で今週の京都記念を回避。


中山金杯2着のアドマイヤタイシは中日新聞杯で重賞初制覇を狙う。現在福島記念、朝日CCも含めG3で3走連続2着。




[2013/02/03(金)]
白富士S5着のセイクリッドバレーは中日新聞杯へ。


[2013/01/24(木)]
AJCC8着のシンゲンは中日新聞杯へ。


[2013/01/09(水)]
京都金杯6着のショウリュウムーンは中日新聞杯へ。中山金杯4着のドリームセーリングも中日新聞杯へ。


[2012/03/04()]
4日(日)に中京競馬場で行われたG3中日新聞杯(芝2000m)は、6番人気松山騎手騎乗のスマートギア(牡7・父マーベラスサンデー)が道中好位から最後の直線で抜け出し、9番人気ダンツホウテイに1.3/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着は1番人気ダノンバラード。スマートギアは通算33戦5勝結果(全着順&払戻)


[2012/03/03()]
中日新聞杯の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
8-17 ダノンバラード 3.3
1-1 コスモファントム 6.5
7-13 ダノンスパシーバ 8
2-4 コロンバスサークル 11.4
3-5 ヒットザターゲット 11.4
7-14 メイショウカンパク 11.4
6-11 スマートギア 12.1
8-16 エーシンジーライン 13.3
2-3 ダンツホウテイ 14.7
4-8 シンメイフジ 23.2
1-2 マイネルスターリー 27.1
6-12 リッツィースター 35
5-10 アクシオン 37.9
4-7 オールアズワン 50.9
3-6 レインフォーレスト 62.2
5-9 イケドラゴン 83.7
8-15 セイカアレグロ 115.5



[2012/03/02(金)]
中日新聞杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【中日新聞杯競馬予想】ここは(17)ダノンバラードの勝機。一息入れて約2カ月ぶりの実戦。クラシック候補と言われたディープ産駒としてここは負けられない。今週の他の重賞は大穴が期待できずここは(17)から馬連全流しで。荒れ馬券狙い。


[2012/03/01(木)]
【中日新聞杯競馬予想傾向と対策(3)】中日新聞杯において、05年以降の中京記念の連対馬14頭中10頭がJRA重賞優勝ありで好走率も高い。実績は重視しておきたい。


[2012/02/29(水)]
【中日新聞杯競馬予想傾向と対策(3)】中日新聞杯では、過去10年の中京記念で前走4着以内馬は、5着以下よりの好走率が上回っており前走は重視したい。


[2012/02/28(火)]
【中日新聞杯競馬予想傾向と対策(2)】過去10年間の中京記念で3着以内馬30頭中、4番人気以下は22頭と荒れ気味の傾向。また、3番人気で前走よりも重い斤量だった馬は連対例がない。


[2012/02/27(月)]
【中日新聞杯競馬予想傾向と対策(1)】過去12年間、12月の中京で開催された中日新聞杯はこの3月の1回中京開催に移設され、条件的に昨年までこの時期に行われていた中京記念(4歳以上、芝2000m、ハンデキャップ)を引き継ぐ形となっている。その中京記念は過去10年以上1番人気馬が優勝しておらず波乱含み。




[2012/02/26()]
中日新聞杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/02/23(木)]
中山記念登録のアクシオンは回避して中日新聞杯へ。


[2012/02/22(水)]
小倉大賞典7着のダノンスパシーバ、8着のトップゾーン、11着のマイネルスターリーは中日新聞杯へ。


[2012/02/17(金)]
日経新春杯2着のダノンバラードは福永騎手で中日新聞杯へ。


[2012/02/15(水)]
中山金杯13着のアクシオンは中山記念か中日新聞杯へ。


[2012/02/10(金)]
エリザベス女王杯9着のイタリアンレッドは中日新聞杯か中山牝馬ステークスへ。


[2012/02/08(水)]
小倉大賞典優勝のエーシンジーライン、3着のコスモファントム、7着のダノンスパシーバは中日新聞杯へ。


[2012/02/07(火)]
鳴尾記念2着のショウナンマイティは大阪城Sか中日新聞杯へ。


[2012/01/27(金)]
鳴尾記念2着のショウナンマイティは中日新聞杯か大阪城Sへ。


[2011/12/10(土)]
10日(土)に小倉で行われたG3・中日新聞杯(芝2000m)は大野騎手騎乗の11番人気コスモファントム(牡4・父Stephen Got Even)が道中中団やや前目から最後の直線で馬群を割って伸び、4番人気ゲシュタルトをクビ差抑え優勝。3着はハナ差で2番人気ダノンバラード。⇒結果(全着順&払戻)。コスモファントムは通算16戦4勝、年明けの金杯以来重賞2勝目。


[2011/12/09(金)]
中日新聞杯の枠順が発表された。⇒出馬表。ここは手堅く(3)エクスペディション、(4)ユニバーサルバンクを本命。(3)は休養明けだが小倉巧者で内枠に入り有利。ここに(7)ゲシュタルトと(13)ダノンバラードを混ぜて馬単4頭BOXで。


[2011/12/08(木)]
中日新聞杯は過去の傾向から直近5走で重賞で2着内に入った馬が過去10年で連対馬20頭中9頭を占める。


中日新聞杯登録のムーンリットレイクは中山金杯かAJCCへ。


[2011/12/07(水)]
中日新聞杯は過去10年、前走で1番人気馬が3勝だが、前走4番人気は4勝。また前走G1から参戦した馬は2勝、2着5回、3着3回で着外は11頭と3着内率が約5割。


[2011/12/06(火)]
中日新聞杯は過去10年、3、4歳馬が活躍。過去10年で1着8頭、2着9頭と連対馬20頭中17頭を3,4歳が占める。


[2011/12/05(月)]
中日新聞杯は昨年トゥザグローリーが優勝、後に有馬記念で3着に入り、G2を2勝した。一昨年はアーネストリーが優勝し昨年G2を2勝して、今年は宝塚記念を制覇するなど近年ではG1,G2で活躍する馬も多い。


[2011/12/04()]
中日新聞杯の登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/11/25(金)]
福島記念4着のゲシュタルトは中日新聞杯へ。


[2011/11/24(木)]
天皇賞・秋13着のシャドウゲイトは川須騎手で中日新聞杯へ。福島記念12着のドモナラズ、15着のサンライズベガも中日新聞杯へ。


[2011/11/22(火)]
アンドロメダS勝ちのユニバーサルバンク、2着トップゾーン、3着ダノンバラード、6着オートドラゴンは中日新聞杯へ。福島記念14着のヤングアットハートは中日新聞杯か中山金杯へ。


JRAは2012年度中央競馬番組についての発表。サマーマイルシリーズが来年から追加。中京記念が1600m戦になり夏季に移行、関屋記念、京成杯AHで施行。なお、サマースプリントシリーズは来年からCBC賞も追加され6競走で争われる。2歳牝馬重賞アルテミスS(東京芝1600m)が新設、ワールドスーパージョッキーズシリーズは5回東京で実施など。


[2011/11/18(金)]
アンドロメダS勝ちのユニバーサルバンクは中日新聞杯へ。朝日CC2着後放牧に出ていたエーシンジーラインは中日新聞杯で復帰する予定。


[2011/11/17(木)]
アンドロメダS5着のダンスインザモアは中日新聞杯へ。


[2011/11/16(水)]
フランスのドラール賞10着のナカヤマナイトは中日新聞杯へ。菊花賞10着のフレールジャックは中日新聞杯へ。


[2011/11/14(月)]
アンドロメダS優勝のユニバーサルバンクは鳴尾記念か中日新聞杯へ。


[2011/11/09(水)]
菊花賞10着のフレールジャックは鳴尾記念か中日新聞杯へ。天皇賞・秋13着のシャドウゲイトは中日新聞杯へ。


[2011/11/03(祝)]
天皇賞・秋13着のシャドウゲイトは中日新聞杯へ。天皇賞・秋12着のアクシオンは鳴尾記念か中日新聞杯へ。


[2011/10/18(火)]
3/3に中京競馬場がリニューアルされ1回中京は3/3-3/25、2回中京は6/30-7/22、3回中京は12/1-12/16に施行。また、中京記念は夏競馬に実施され1600mに変更。


[2011/10/13(木)]
釜山S勝ちで3連勝中のエクスペディションは中日新聞杯へ。


[2011/03/20(日)]
>20日(日)に小倉競馬場で行われたG3中京記念(芝2000m)は武豊騎手騎乗の2番人気ナリタクリスタル(牡5)が道中やや前目に位置取り、最後の直線で抜け出し、8番人気シャドウゲイトに2馬身半差をつけ優勝。3着はクビ差で12番人気アンノルーチェ。優勝したナリタクリスタルは通算22戦7勝で重賞2勝目。⇒中京記念結果(全着順&払戻)


[2011/03/19(土)]
中京記念の枠順が発表された。⇒出馬表。恵量の(3)ダイワジャンヌ、そして実績があって上積み十分の(4)ナリタクリスタル、目下小倉3連勝の(7)ラフォルジュルネ、あとは小倉で実績のある(12)バトルバニアン、(14)サンライズマックスの5頭馬連BOXで。


[2011/03/11(金)]
中京記念の枠順が発表された。⇒出馬表。3連勝中の(2)ラフォルジュルネが中心。斤量も54kgと有利。ここから馬連総流し。


[2011/03/10(木)]
中京記念の過去10年で4歳馬が4勝だが連対率や3着内率では8歳馬が好成績。


[2011/03/09(水)]
中京記念が行われる小倉ハンデ芝2000mでは、4角4番手以内の先団につけた馬が好成績。


[2011/03/08(火)]
中京記念は今年小倉競馬場で行われる。その小倉競馬場で芝2000mのハンデ戦では斤量を考慮せず56kg以上でも好成績をあげている。


[2011/03/07(月)]
中京記念の登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/03/05(土)]
洛陽S7着のアンノルーチェは中京記念へ。


[2011/02/25(金)]
中京記念を予定していたセラフィックロンプは中山牝馬ステークスへ。エンプレス杯登録のコスモネモシンも中山牝馬Sへ。


[2011/02/24(木)]
中山記念に登録のあるシャドウゲイトは回避して中京記念へ。


[2011/02/19(土)]
バトルバニヤンは中京記念へ。


[2011/02/17(木)]
京都記念10着のシャドウゲイトは中京記念へ。


[2011/02/10(木)]
小倉大賞典5着のサンライズマックスは中京記念へ。


[2011/02/04(金)]
関門橋Sを3連勝で制したラフォルジュルネは中京記念か中山牝馬ステークスへ。


[2011/01/20(木)]
愛知杯を勝ったセラフィックロンプは中京記念へ。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.