無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

ダイヤモンドステークス 2013

【G3】東京競馬場・芝3400m


【ダービー卿CT】例年地味なメンバーながら、派手な万馬券が飛び出す春の名物ハンデ!!今年も多くの陣営が登録してきたが、中心馬不在で大波乱濃厚!!そんな中、『実は前走の○○も想定内。ここは普通に回ってくれば勝てるよ』と某大物が激白!!

 ダイヤモンドステークスニュース・予想

[2013/02/16()]
16日(土)に東京競馬場で行われたG3・ダイヤモンドステークス(芝3400m)は1番人気内田騎手騎乗のアドマイヤラクティ(牡5・ハーツクライ)が道中中団やや後方から向こう正面から徐々に進出し、最後の直線で伸びて迫る9番人気ジャガーメイルに2馬身半差をつけて重賞初制覇。3着はクビ差で6番人気メイショウカドマツ。アドマイヤラクティは通算18戦6勝。前走AJCC、前々走金鯱賞でいずれも3着。→結果(全着順&払戻)


[2013/02/15(金)]
ダイヤモンドステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【ダイヤモンドS2013競馬予想】外の2頭(14)ファタモルガーナと(15)アドマイヤラクティの馬連が本命だが、ハンデに恵まれた(16)メイショウカドマツ、(2)サクセスパシュート、(4)ノーステア、(8)エーシンミラージュまで広げて大穴狙いでいきたい。(15)(16)のラインを集めに6頭馬連BOXで。


[2013/02/14(木)]
【ダイヤモンドステークス2013競馬予想(4)】ダイヤモンドSは過去10年で負担重量別成績では51-54.5kg以内で5勝2着6回と優秀。一方55-57kgも4勝2着3回だが57.5kg以上は08年優勝のアドマイヤモナークのみ。過去には単勝8番人気52kgで03年に優勝したイングランディーレや、05年優勝のウイングランツが51kgで10番人気、2着のハイフレンドトライは52kgで8番人気、10年2着のベルウッドローツェは52kgで6番人気。


[2013/02/13(水)]
【ダイヤモンドステークス2013競馬予想(3)】ダイヤモンドSは4歳勢が過去10年で10連対と連対馬の半数を占めるほか3着内率は4割と優秀。他の連対状況は5歳馬が5頭、6歳馬は3頭、7歳が2頭となっているが若い馬ほど好走率も高い。


[2013/02/12(火)]
【ダイヤモンドステークス2013競馬予想(2)】ダイヤモンドSは過去10年で前走G3以上だった馬がわずか3連対しかない。一方好成績なのが準OPとOP特別組で連対馬20頭中15頭を占める。




[2013/02/11()]
【ダイヤモンドステークス2013競馬予想(1)】ダイヤモンドステークスは今年で63回目。07年優勝馬トウカイトリックは、同年天皇賞・春で3着と好走し、2着馬エリモエクスパイアは天皇賞・春で2着、昨年6着のビートブラックは天皇賞・春を優勝している。距離もこのレース以外に3400mで実施されるレースはなく未知の世界。


[2013/02/10()]
ダイヤモンドステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/02/06(水)]
早春S優勝のノーステアはダイヤモンドステークスへ。


[2013/01/30(水)]
松籟S勝ちのメイショウカドマツはダイヤモンドステークスへ。


[2013/01/24(木)]
AJCC12着のネコパンチはダイヤモンドステークスへ。


[2013/01/22(火)]
AJCC3着のアドマイヤラクティはダイヤモンドステークスへ。


[2013/01/09(水)]
万葉S6着のフォゲッタブルはダイヤモンドステークスへ。万葉S5着のマイネルキッツもダイヤモンドSへ。


[2013/01/03(木)]
有馬記念15着のネヴァブションはダイヤモンドステークスへ。


[2012/12/28(金)]
菊花賞3着のユウキソルジャーはダイヤモンドステークスへ。


[2012/11/09(金)]
菊花賞3着のユウキソルジャーは年内休養。ダイヤモンドステークスで始動。




[2012/02/18()]
18日(土)に東京競馬場で行われたG3・ダイヤモンドステークス(芝3400m)は吉田豊騎手騎乗の15番人気ケイアイドウソジン(牡6・父キングカメハメハ)が先行策から猛追する1番人気ギュスターヴクライを半馬身差抑え重賞初制覇。3着は1馬身半差で2番人気スマートロビン。 ケイアイドウソジンは通算28戦8勝。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/02/17(金)]
ダイヤモンドステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。格では(2)オウケンブルースリと(3)マイネルキッツだが年齢的に軸にするよりBOXで。(6)ビートブラック、(15)トパンガ、(16)ギュスターヴクライの5頭馬単BOXで。


ダイヤモンドステークスは04年から東京芝3400mで実施されるようになったが、その過去8年で4角6番手以下で通過した馬が7勝2着6回3着5回と、5番手以内だった馬を大きく上回る好成績。連対しているのは6番手以下の馬ということになり、長丁場でかからず、末脚が生きる馬は要注目。


[2012/02/16(木)]
ダイヤモンドステークスでは過去10年、3着以内馬30頭中22頭が前走4着以内。好走率も高く、前走上位だった馬を重視。


[2012/02/15(水)]
ダイヤモンドステークスでは過去10年、3着以内馬30頭中25頭が前走2400m以上のレースに出走。好走率も高く、前走長距離だった馬は有利。


落馬負傷して休養中だったた松岡騎手は調教騎乗を再開しダイヤモンドSでマイネルキッツに騎乗予定。


[2012/02/14(火)]
ダイヤモンドステークスでは過去の傾向からなぜか前走JRA重賞だった馬は成績が良くない。ダイヤモンドS過去10年の3着以内馬30頭中23頭が前走JRAの重賞以外のレースに出走。ハンデ戦だけに格上挑戦の馬にも要注意。


[2012/02/13(月)]
3000m超の重賞は、今週末行われるダイヤモンドステークスと天皇賞・春、菊花賞、阪神大賞典、ステイヤーズSの5レースのみでハンデ戦はこのダイヤモンドSのみ。伏兵馬の台頭には要注意。


[2012/02/12()]
ダイヤモンドステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出馬表


[2012/02/10(金)]
先月京都で落馬負傷して休養中だった松岡騎手は2/18から復帰し当日はダイヤモンドステークスでマイネルキッツに騎乗する予定。




[2012/02/06(月)]
早春S勝ちのギュスターヴクライは中1週でダイヤモンドステークスへ。


[2012/02/02(木)]
白富士S12着のスノークラッシャーはダイヤモンドステークスへ。ステイヤーズS2着のイグアスはダイヤモンドSを目指していたが、屈腱炎を発症。休養に入る。


[2012/02/01(水)]
AJCC4着のサンテミリオンはダイヤモンドステークスへ。


[2012/01/31(火)]
白富士S勝ちのヤングアットハートはダイヤモンドステークスへ。


[2012/01/26(木)]
AJCC4着のサンテミリオンはダイヤモンドステークスか日経賞へ。


[2012/01/24(火)]
ステイヤーズS優勝のマイネルキッツはダイヤモンドステークスで復帰する予定。マカニビスティーはダイヤモンドSからドバイゴールドCへ。


[2012/01/21(土)]
日経新春杯3着のマカニビスティーはダイヤモンドステークスへ。ステイヤーズS2着のイグアスはダイヤモンドSへ。


[2012/01/20(金)]
日経新春杯5着のスマートロビンはダイヤモンドステークスへ。万葉S5着のモンテクリスエスもダイヤモンドSへ。ジャパンC10着のオウケンブルースリはダイヤモンドステークスへ。


[2012/01/18(水)]
ステイヤーズS7着のフォゲッタブルはダイヤモンドステークスへ。ブラジルC16着以来のサトノコクオーもダイヤモンドSへ。


[2012/01/12(木)]
万葉S6着のトウカイトリック、7着のピエナファンタストはダイヤモンドステークスへ。ステイヤーズS7着のフォゲッタブルはダイヤモンドSへ。ジャパンC10着のオウケンブルースリはダイヤモンドSへ。


[2011/12/14(水)]
ステイヤーズS8着のモンテクリスエスは万葉Sからダイヤモンドステークスへ。


[2011/02/19(土)]
19日(土)に東京競馬場で行われたG3・ダイヤモンドステークス(芝3400m)はクラストゥス騎手騎乗の2番人気コスモメドウ(牡4・父King'sBest)が道中中団に待機し最後の直線で外に持ち出し、4番人気コスモヘレノスに2馬身差をつけ重賞初制覇。3着は1馬身半差で6番人気キタサンアミーゴ。コスモメドウは通算14戦5勝で前走万葉Sに続き連勝。⇒ダイヤモンドステークス結果(全着順&払戻)


[2011/02/18(金)]
ダイヤモンドステークス・枠順。(4)コスモメドウが本命。万葉Sを51kgで勝ったが、今回53kgと周りと比べてかなり有利な斤量。ここから馬連総流しで万馬券狙い。


ダイヤモンドステークスの枠順が発表された。⇒出馬表


ダイヤモンドステークスに出走予定だったアクシオンは体調不良で回避、放牧へ。


[2011/02/17(木)]
ダイヤモンドステークスの過去の傾向では、前走2400m以上のレースから参戦した馬の成績が優秀だが、ステイヤーズステークスから参戦した5頭がなんとすべて5着以下。


ダイヤモンドSに出走予定だったジャガーメイルは左前深管不安発症で回避。ドバイ遠征も見送りとなった。


[2011/02/16(水)]
過去10年間のダイヤモンドステークスででは、関西馬8勝も2着は関東馬が8頭、3着は関西馬7頭。また騎手別成績では、関東と関西所属騎手で4勝ずつだが、2着は10年ずっと関東所属騎手。


[2011/02/15(火)]
ダイヤモンドステークスはJRAでは唯一の、芝3000m以上のハンデ戦で波乱傾向。上位人気の馬が勝つ一方で3着以内に伏兵馬が食い込むので注意が必要。


[2011/02/14(日)]
ダイヤモンドSの登録馬(出走予定馬)が更新された。⇒登録馬


[2011/02/13(日)]
ダイヤモンドステークスの登録馬が発表された。⇒登録馬


[2011/02/03(木)]
松籟Sを勝ったキタサンアミーゴはダイヤモンドステークスへ。


[2011/01/28(金)]
日経新春杯10着のビートブラックはデムーロ騎手でダイヤモンドステークスへ。


[2011/01/27(木)]
香港ヴァーズ4着のジャガーメイルはダイヤモンドステークスで復帰する予定。京都記念を予定していたアクシオンはダイヤモンドステークスへ。


[2011/01/26(水)]
迎春S勝ちのヤングアットハートは引き続き藤田騎手でダイヤモンドステークスへ。


[2011/01/21(金)]
日経新春杯10着のビートブラックはデムーロ騎手でダイヤモンドステークスへ。12着のコスモヘレノスもダイヤモンドSへ。


[2011/01/13(木)]
万葉S勝ちのコスモメドウはダイヤモンドステークスへ。迎春S勝ちのヤングアットハートもダイヤモンドSへ。


[2011/01/03(月)]
香港ヴァーズ4着のジャガーメイルはダイヤモンドステークスへ。


[2010/12/07(火)]
プロミネントJTを勝ったスノークラッシャーはダイヤモンドステークスへ。


[2010/12/02(木)]
プロミネントJTを勝ったスノークラッシャーはダイヤモンドステークスへ。


[2010/11/09(火)]
天皇賞・春への試金石、ダイヤモンドステークスは東京競馬場芝3400mで行われる。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.