無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

2012年重賞レース結果

エルムステークス2012

【G3】札幌競馬場・ダ1700m


【JCダート】有力某馬馬主が秘密の告白。大一番を前にしながら余力なし。前走で体力使い果たしたと頭抱える・・・!人気上位に推されるのは必至だが、急転直下ここは凡走!あっても3着が精一杯だろうと見立てており、馬単派には100%消し推奨!

 エルムステークス2012ニュース・予想

[2012/08/25()]
25日(土)に札幌競馬場で行われたG3・エルムステークス(ダ1700m)は1番人気岩田騎手騎乗のローマンレジェンド(牡4・父スペシャルウィーク)が道中中団から最後の直線手前から徐々に進出し、先に抜けた2番人気エスポワールシチーをクビ差交わして重賞初制覇。3着は4馬身差で6番人気グランドシチー。ローマンレジェンドは通算10戦7勝。ローマンレジェンドはデビュー2戦まで芝でダートに転向後は8戦7勝2着1回。新たなダート王者誕生に大いに期待がかかる。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/08/24(金)]
エルムステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【エルムステークス競馬予想】連勝中の(5)ローマンレジェンドがアツい。前走OPで1.0秒差をつける圧勝劇、今回比較的内枠に入ったことでさらに圏内確実か。(5)をアタマに(11)エスポワールシチー、(3)エーシンモアオバー、(4)セイリオス、(6)サイレントメロディの2、3着フォーメーションで12点勝負。


【エルムステークス競馬予想傾向と対策(5)】エルムステークスでは直近10年で札幌競馬場で行われた9回の連対馬18頭は全て4角4番手以内。圧倒的に逃げ、先行が有利である。


[2012/08/23(木)]
【エルムステークス競馬予想傾向と対策(4)】エルムステークスでは過去の傾向から新潟競馬場の2009年開催を除く札幌競馬場で行われた過去9回の連対馬18頭中16頭は、1000万クラス以上のダート1700mで優勝経験あり。この該当馬は3着内率が3割強。


[2012/08/22(水)]
【エルムステークス競馬予想傾向と対策(3)】エルムステークスは過去10年、連対馬20頭中11頭は関東馬だった。そして関東馬は3着内率3割強と好走。とくにここ4年は連対馬8頭中6頭が関東馬。




[2012/08/21(火)]
【エルムステークス競馬予想傾向と対策(2)】エルムステークスは過去10年、優勝馬10頭中9頭は5歳以下。例外は06年優勝のヒシアトラス(牡6)。そして5歳以下の好走率は、6歳以上より高く、5歳以下に注目したい。


[2012/08/20(月)]
【エルムステークス競馬予想傾向と対策(1)】エルムステークスは夏のダート中距離重賞として札幌で開催され今年で17回目。今年からエルムSの開催は昨年までの9月中旬から8月下旬に繰り上げ。ここ4年の優勝馬は全て重賞V経験なし。今年も重賞V経験なしの馬が優勝するのか、ややデータが乏しいダート1700mの実績からどのように勝利馬を導き出すか面白いところでもある。


[2012/08/19(日)]
エルムステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/08/08(水)]
フェブラリーS9着以来のヤマニンキングリーは丹内騎手でエルムステークスへ。しらかばS2着のセイリオス、7着のエイシンモアオバーはエルムSへ。


[2012/08/06(月)]
しらかばS勝ちのサイレントメロディはエルムステークスへ。


[2012/08/05(日)]
5日(日)に札幌競馬場で行われたしらかばステークス(ダ1700m)は1番人気横山騎手騎乗のサイレントメロディが道中中団やや後方から最後の直線で外に持ち出し2番人気セイリオスをアタマ差交わして優勝、3着はクビ差で13番人気プリンセスペスカ。サイレントメロディは通算19戦7勝。重賞は2走前にマーチステークスを制している。


[2012/08/01(水)]
函館記念16着のキングトップガンはエルムステークスへ。プロキオンS9着のセレスハントは岩田騎手でクラスターカップへ。


[2012/07/27(金)]
マリーンS4着のサイオンはエルムステークスへ。


[2012/07/25(水)]
ジュライSを勝って目下4連勝中のローマンレジェンドはエルムステークスへ。


[2012/06/28(木)]
2年連続帝王賞2着のエスポワールシチーはエルムステークスへ。4着のシビルウォーはブリーダーズGCで連覇を狙うかマーキュリーCへ。大沼S勝ちのスマートタイタンはエルムステークスかシリウスステークスへ。




[2012/06/27(水)]
大沼S優勝のスマートタイタンはエルムステークスへ。安達太良S勝ちのセイリオスもエルムSへ。


[2012/05/31(木)]
フェブラリーS9着以来のヤマニンキングリーはエルムステークスで復帰する予定。


[2012/05/23(水)]
東海S3着のサイレントメロディはエルムステークスへ。間に一戦挟む可能性も。


[2012/05/10(木)]
かしわ記念優勝のエスポワールシチーは帝王賞かエルムステークスへ。


[2011/09/19(祝)]
19日(日)に札幌競馬場で行われたG3・エルムステークス(ダ1700m)は1番人気横山典騎手騎乗のランフォルセ(牡5・父シンボリクリスエス)が道中後方から向こう正面から徐々に進出、直線伸びて8番人気オーロマイスターに3/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着は1.1/4馬身差で3番人気エーシンモアオバー。ランフォルセは通算18戦8勝。 ⇒レース結果(全着順&払戻)


[2011/09/18(日)]
エルムステークスの前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
4-5 ランフォルセ 1.7
6-9 エーシンモアオバー 6.3
7-11 バーディバーディ 6.6
5-7 キッズアプローズ 14.1
8-12 メダリアビート 16.1
3-3 ダイシンオレンジ 16.6
7-10 クリールパッション 16.6
1-1 スターシップ 28.1
5-6 オーロマイスター 32.4
2-2 エアマックール 61.3
6-8 マンハッタンスカイ 72.5
4-4 ダイワルビア 119.2
8-13 シャインモーメント 159.3



[2011/09/17(土)]
エルムステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。本命はダ1700mが4戦3勝、2着1回と連対パーフェクトの(5)ランフォルセが中心。馬単オラオモテで鉄砲成績がいい(3)ダイシンオレンジ、休養明けだが実力上位の(11)バーディバーディ、同じ札幌1700mのしらかばS1,2着の(12)メダリアビート、(9)シンモアオバーを流しで計8点勝負。


[2011/09/16(金)]
エルムステークスは過去10年の新潟開催を除き毎年3走前までにOP特別か重賞を2番人気以下で勝利した馬が連対。たとえば08年は2着にトーセンブライト(2走前にマリーンS5番人気)、10年にエルムS優勝のクリールパッションは前走しらかばS3番人気で1着。


[2011/09/15(木)]
エルムステークスでは、新潟開催の除く過去10年の優勝馬9頭中8頭が単勝10倍未満で2着はすべて15倍未満と上位人気決着。エルムSは買い目点数は控えめで。


[2011/09/14(水)]
エルムステークスでは3着以内馬27頭中19頭が4-7枠。エルムSが行われる札幌・ダ1700mは、13頭が出走可能頭数の上限となるが、比較的外枠が成績がよさそう。




[2011/09/13(火)]
エルムステークスでは過去10年のうち09年新潟開催を除く9回のエルムSで連対馬18頭中13頭が、4、5歳。一方3着馬は9頭中5頭が6歳。


[2011/09/12(月)]
エルムステークスは北海道シリーズ唯一のダート重賞。ジャパンカップダートを目指し、各馬が始動。昨年のエルムSはクリールパッション、2着オーロマイスターは、南部杯を制した。


[2011/09/11(日)]
エルムステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出馬表


[2011/09/01(木)]
09年アンタレスS13着以来、屈腱炎で休養中のサトノコクオーはエルムステークスで復帰する予定。


[2011/08/31(水)]
帝王賞3着のバーディバーディはエルムステークスへ。


[2011/08/30(火)]
しらかばS優勝のメダリアビートはエルムステークスへ。


[2011/08/03(水)]
東海S除外のクリールパッションはしらかばSから連覇のかかるエルムステークスへ。


[2011/07/29(金)]
マリーンS優勝のランフォルセはエルムステークスへ。


[2011/07/28(木)]
アハルテケS優勝のブライトアイザックはエルムステークスへ。


[2011/07/22(金)]
アンタレスS11着のダイシンオレンジはエルムステークスへ。マリーンS勝ちのランフォルセはエルムSへ。


[2011/07/21(木)]
マリーンS3着のメダリアビートはエルムステークスへ。


[2011/07/08(金)]
アンタレスS11着のダイシンオレンジはエルムステークスへ。


[2010/09/20(祝)]
20日(祝)に札幌競馬場で行われたG3エルムステークス(ダ1700m)は津村騎手騎乗の2番人気クリールパッション(牡5・父ワイルドラッシュ)が道中中団を追走し徐々に進出。直線で外に回して4番人気オーロマイスターに3/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着1.3/4馬身差で1番人気エーシンモアオバー。クリールパッションは通算29戦8勝。札幌ダート1700mでは負けなしの4戦4勝。鞍上の津村明秀騎手は先週の京成杯AH優勝(ファイアーフロート)に続き重賞2勝目。⇒エルムステークス結果(全着順&払戻)


[2010/09/18(土)]
枠順。堅い決着を予想。(1)クリールパッション、(4)エーシンモアオバー、(9)アドマイヤスバル、(13)ラストアローの4点馬単BOX。(1)(4)はしらかばSの1,2着で近走実績やその後の過程もいい。気になるのは内枠の過去実績が良くない点。(9)は一枚格上、(13)は少し間隔を開けて立て直してきた。


[2010/09/17(金)]
エルムSを除外されたアートオブウォーは室町Sへ。また出走馬は次の通り確定。⇒枠順


[2010/09/16(木)]
エルムステークスは昨年の新潟開催を含めた過去10年で優勝馬はすべて前走で4番人気以内。また前走5番人気以下だった馬で当レース3着以内に入った馬の4頭中3頭が前走も3着以内。実績と人気がある安定馬が崩れないレースといえる。


[2010/09/15(水)]
エルムステークスの99-08年の過去10年では、4-8枠が優位な結果となっている。1-3枠からは優勝馬はおらず、3着以内は6頭と差は歴然。内枠より4枠より外枠に注目したい。


[2010/09/14(火)]
エルムステークスが行われる札幌競馬場では最後の直線が264mと非常に短く、先行が有利なデータ結果が残されている。99-08年の優勝馬10頭はすべて4コーナー4番手以内。差しや追い込み勢には厳しいようだ。また、4コーナーで先頭だった馬は3着以内馬が10頭中7頭。そのほとんどが早め先頭に立っている。しかし、スタート直後逃げをうって3着以内に粘ったのは、あのスマートボーイのみ(01年3着、02年2着)。


[2010/09/12(日)]
登録馬が発表された。⇒登録馬


[2010/09/03(金)]
エルムSに地方競馬からサンツェッペリン(北海道)が出走申込。同馬はホッカイドウ競馬移籍後の初戦で3着だった。


[2010/09/02(木)]
しらかばS3着のスターシップはエルムステークスへ。


[2010/08/30(月)]
29日(日)に小倉競馬場で行われたオープン・阿蘇ステークス(ダ1700m)は2番人気クリーンが道中中団から馬群を割って抜け出し、13番人気ダイナミックグロウを半馬身おさえて優勝。3着は3/4馬身差で1番人気インバルコ。クリーンは通算46戦9勝。超大型馬として話題を呼び、今回の馬体重は612kgでJRA史上最高馬体重の優勝となった。


[2010/08/29(日)]
28日(土)に札幌競馬場で行われたオープン・しらかばS(ダ1700m)は津村騎手騎乗の3番人気クリールパッション(牡5・父ワイルドラッシュ)が中団追走から徐々に進出し、逃げた1番人気エーシンモアオバーを捕らえると、1.1/2馬身差をつけ優勝。3着は2馬身差で5番人気スターシップ。クリールパッションは通算28戦7勝。しらかばSを勝ったクリールパッションはエルムSへ。


[2010/08/26(木)]
帝王賞4着のアドマイヤスバルはエルムテークスへ。プロキオンSを勝ったケイアイガーベラは秋山騎手でエニフSへ。


[2010/08/25(水)]
ブリーダーズGC4着のオーロマイスターはエルムSへ。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.