無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

府中牝馬S 2012

【G3】東京競馬場・芝1800m


【きさらぎ賞】多くのGIホースが誕生した淀の出世レース。今年もクラシックを狙う素質馬が多数参戦!!本番を意識した調整不足の有力馬も多いなか、『ここに来てガラッと馬が良くなった。今回はまず勝ち負けだよ』と伏兵陣営が強気発言!!ついに目覚めたアノ馬が波乱を演出!!

 府中牝馬Sニュース・予想

[2012/10/13()]
13日(土)に東京競馬場で行われたG2・府中牝馬S(芝1800m)は10番人気松岡騎手騎乗のマイネイサベル(牝4・父テレグノシス)が道中中団から最後の直線で伸び、先に抜け出していた5番人気スマートシルエットに半馬身差をつけ優勝。3着は3/4馬身差で1番人気ドナウブルー。2番人気ホエールキャプチャは11着、3番人気マルセリーナは5着。マイネイサベルは新潟2歳S以来約2年ぶりの重賞2勝目で通算17戦3勝。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/10/12(金)]
府中牝馬ステークス枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【府中牝馬S競馬予想】逃げ馬がおらず、ペースはM以下と想定。先行馬を中心に(5)ゴールデングローブ、(8)スマートシルエット、(10)メーヴェ、(11)ドナウブルーの4頭馬単BOX。


【府中牝馬ステークス競馬予想傾向と対策(4)】府中牝馬Sでは過去5年、3着内馬15頭中12頭が5番人気以内。1,2番人気が期待を裏切るここ3年だが人気薄の馬が来たのは一昨年2着のセラフィックロンプ(14番人気)、3年前に優勝した7番人気ムードインディゴと3着の11番人気レジネッタの3頭。


[2012/10/11(木)]
【府中牝馬ステークス競馬予想傾向と対策(3)】過去10年の府中牝馬Sで3着以内馬30頭中29頭は5歳以下。例外は一昨年2着のセラフィックロンプ。そして過去10年の3着以内馬30頭中25頭は、通算出走回数が20回以下。


[2012/10/10(水)]
【府中牝馬ステークス競馬予想傾向と対策(2)】府中牝馬ステークスでは過去10年、3着以内馬30頭中27頭がJRAOPで勝ち鞍のある馬。好走率でもそうでない馬はかなり低い数値。またこの27頭中2000m以上の優勝経験のある馬は3着内率が4割弱。今年、これに該当する登録馬はわずかに4頭、アニメイトバイオ、エリンコート、ホエールキャプチャ、メーヴェ。そして府中牝馬Sでは過去10年、3着以内馬30頭中28頭が前走重賞かOP特別に出走。条件戦など格上挑戦や条件戦を優勝したばかりの馬は割り引きか。またこの28頭中、その前走のレースで5着以内だった馬は3着内率約4割でさらに2着以内だった馬は6勝2着6回。今年、これに該当する馬はわずかに3頭、クリスマスキャロルとドナウブルー、メーヴェ。メーヴェが以外と刺客となりそう。




[2012/10/09(火)]
【府中牝馬ステークス競馬予想傾向と対策(1)】エリザベス女王杯の前哨戦、府中牝馬ステークスは昨年からG2に格上げ。この5年、1番人気はすべて2着以下に敗れているほか09年以降は3着以内もなく、昨年も三冠牝馬アパパネが、16頭立ての14着と惨敗した。ちなみにここ3年は2番人気も連に絡んでおらず中穴以上に期待大だ。


[2012/10/08()]
府中牝馬ステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/09/27(木)]
オールカマー10着のアースシンボルと、丹頂S勝ちのメーヴェは府中牝馬ステークスへ。


[2012/09/21(金)]
新潟記念6着のスマートシルエットは府中牝馬ステークスへ。クイーンS7着のエリンコートも府中牝馬Sへ。


[2012/09/20(木)]
京成杯AH7着のエーシンリターンズは府中牝馬ステークスへ。


[2012/09/14(金)]
5冠牝馬アパパネ(牝5・父キングカメハメハ)は右前浅屈腱炎を発症、現役引退が決定、繁殖牝馬となる予定。通算19戦7勝。デビューは09年、新馬戦こそ3着で負けたものの未勝利から赤松賞、阪神JFを制し2歳牝馬チャンピオンに輝いた。翌年は桜花賞オークス秋華賞を優勝。86年のメジロラモーヌ、03年のスティルインラブ以来の史上3頭目牝馬3冠を達成。4歳になって以降はヴィクトリアマイルで女傑ブエナビスタをクビ差抑え優勝。重賞5勝が全てG1という珍しい成績を収めた。今年はヴィクトリアマイルで連覇を目指すも5着、3戦して未勝利で府中牝馬ステークスから牝馬G1で唯一獲得していなかったエリザベス女王杯を目指していた。


[2012/09/13(木)]
クイーンS5着のオールザットジャズは府中牝馬ステークスへ。ヴィクトリアマイルを制し、宝塚記念14着のホエールキャプチャは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2012/09/06(木)]
クイーンS7着のエリンコートは府中牝馬ステークスへ。


宝塚記念14着のホエールキャプチャはオールカマーをパスして府中牝馬ステークスへ向かう公算が高い。


[2012/09/05(水)]
新潟記念6着のスマートシルエットは府中牝馬ステークスへ。




[2012/08/24(金)]
安田記念16着のアパパネは府中牝馬ステークスで始動する予定。


[2012/08/23(木)]
安田記念17着のマルセリーナは府中牝馬Sから始動。関屋記念優勝のドナウブルーは府中牝馬ステークスへ。ヴィクトリアマイル18着以来のアプリコットフィズは府中牝馬Sか富士ステークスで復帰。


[2012/08/20(月)]
札幌記念優勝のフミノイマージンは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2012/08/16(木)]
関屋記念優勝のドナウブルーは府中牝馬ステークスへ。


[2012/08/15(水)]
安田記念16着のアパパネは府中牝馬ステークスで復帰する予定。


[2012/08/13(月)]
関屋記念優勝のドナウブルーは京成杯オータムハンデか府中牝馬ステークスへ。


[2012/08/01(水)]
クイーンS2着ラブフールは厚真・エクセルマネジメントに放牧に出され、府中牝馬Sへ。


[2011/10/16(日)]
16日(日)に東京競馬場で行われたG2・府中牝馬ステークス(芝1800m)は5番人気中舘騎手騎乗のイタリアンレッド(牝5・父ネオユニヴァース)が道中中団からやや後ろに位置し、最後の直線で追い込み、4番人気アニメイトバイオにクビ差抑え重賞3連勝。3着はクビ差でフミノイマージン。1番人気アパパネは14着と惨敗。イタリアンレッドは18戦8勝とした。⇒結果(全着順&払戻)


[2011/10/15(土)]
府中牝馬ステークスの前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
2-4 アパパネ 2.6
4-7 レディアルバローザ 6.3
3-5 フミノイマージン 6.9
7-13 イタリアンレッド 7.1
5-9 ブロードストリート 8.2
8-15 アニメイトバイオ 11.8
3-6 エオリアンハープ 13.2
6-12 オウケンサクラ 31.7
2-3 コロンバスサークル 37.1
6-11 サンテミリオン 43.6
1-1 アスカトップレディ 56.3
8-16 トゥニーポート 71
4-8 プティプランセス 99.7
1-2 セラフィックロンプ 125.5
5-10 ウェディングフジコ 183.3
7-14 ダイワジャンヌ 351



府中牝馬ステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。(7)レディアルバローザがピンナ騎手の腕で府中の直線を殿一気。馬連総流しで。




[2011/10/14(金)]
府中牝馬Sの過去10年の出走馬をみると連対馬20頭中19頭は8月以降の出走回数が2回以内。休養明けでも優勝2頭、2着5頭と成績を残す傾向にある。


[2011/10/13(木)]
府中牝馬ステークスでは前々走と前走での着順が同じか上回った馬が連対馬20頭中16頭いる。徐々に調子が上向きな馬には注意。


[2011/10/12(水)]
府中牝馬ステークスは過去10年、連対馬20頭中19頭が近3走以内で重賞4着以内の実績。


[2011/10/11(火)]
府中牝馬ステークスはエリザベス女王杯のステップレースに位置づけられるも、この府中牝馬S優勝馬からエリザベス女王杯も制した馬は98年のメジロドーベル以来出ていないが02年優勝のダイヤモンドビコー、04年優勝のオースミハルカは、エリザベス女王杯で2着に好走したほか、08年優勝のブルーメンブラットは次走マイルチャンピオンシップで優勝。


[2011/10/10(祝)]
府中牝馬ステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出馬表


[2011/10/07(金)]
新潟記念8着のエオリアンハーブは府中牝馬ステークスへ。 札幌記念3着のレッドディザイアは府中牝馬Sをパスして天皇賞・秋へ。引き続き四位騎手が騎乗。除外ならエリザベス女王杯へ。


[2011/09/30(金)]
朝日CC3着のレディアルバローザはピンナ騎手で府中牝馬ステークスへ。


[2011/09/29(木)]
オールカマー4着のコロンバスサークルは府中牝馬ステークスへ。除外ならアイルランドTへ。


[2011/09/23(祝)]
朝日CC3着のレディアルバローザは府中牝馬ステークスへ。


[2011/09/22(木)]
賞金面で天皇賞・秋が出走微妙なレッドディザイアは府中牝馬ステークスへ。勝てば天皇賞・秋へ。


[2011/09/17(土)]
目黒記念16着以来のオウケンサクラは府中牝馬ステークスへ。


[2011/09/16(金)]
札幌記念3着のレッドディザイアの次走は天皇賞・秋も賞金的に微妙なため府中牝馬ステークスも。


[2011/09/08(木)]
サマー2000シリーズチャンピオンのイタリアンレッドは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2011/09/07(水)]
クイーンS14着のサンテミリオンは府中牝馬ステークスへ。


[2011/09/02(金)]
クイーンS3着のアニメイトバイオは府中牝馬ステークスへ。マーメイドS9着のセラフィックロンプも府中牝馬Sへ。


[2011/09/01(木)]
新潟記念8着のエオリアンハーブは府中牝馬ステークスを視野に。


[2011/08/31(水)]
マーメイドS優勝のフミノイマージンは府中牝馬Sで復帰する予定。朱鷺S3着のトゥニーポートは府中牝馬ステークスへ。


[2011/08/26(金)]
クイーンS4着のブロードストリートは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2011/08/19(金)]
クイーンS3着のアニメイトバイオは府中牝馬ステークスへ。


[2011/08/17(水)]
クイーンS4着のブロードストリートは府中牝馬ステークスへ。


[2011/08/06(土)]
小倉記念優勝のイタリアンレッドは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2011/07/22(金)]
安田記念6着のアパパネは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2011/06/23(木)]
クイーンS9着のセラフィックロンプは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2011/06/10(金)]
ヒカルアマランサスは府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2011/06/08(水)]
安田記念6着のアパパネは厩舎で調整され、府中牝馬ステークスからエリザベス女王杯へ。


[2010/10/17(日)]
17日(日)に東京競馬場で行われたG3府中牝馬ステークス(芝1800m)は4番人気国分騎手騎乗のテイエムオーロラ(牝4・父マンハッタンカフェ)が先頭に立ち、直線もそのまま逃げ粘り、14番人気セラフィックロンプを1/2馬身差抑えて重賞初制覇。3着は1/2馬身差でスマートシルエット。1番人気ニシノブルームーンは9着。⇒府中牝馬ステークス結果(全着順&払戻)。テイエムオーロラは通算19戦6勝、今年3連勝してオープン入りすマーメイドSでは3着で再度準オープンに降格したが、前走の西宮Sを勝って再度オープン入りしての重賞初制覇。賞金が加算され、エリザベス女王杯への参戦が期待される。テイエムオーロラの次走はマイルチャンピオンシップが有力。距離適性からエリザベス女王杯は回避する見込み。


[2010/10/15(金)]
府中牝馬ステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。(3)ブロードストリート。当日のパドックに左右されるが、基本的には実力上位で東京1800mの勝ち鞍もあり、鉄砲成績も悪くない。春は勝ち切れなかったがヴィクトリアマイルは差のない5着。(3)から馬連総流しで。


[2010/10/14(木)]
過去10年間の府中牝馬ステークスの3着以内馬は30頭全て4歳、5歳である。そして前走過程からはクイーンSを中心に新潟記念、ポートアイランドS。今回この府中牝馬Sに出走を予定している馬でクイーンS上位組の参戦はないが、7着ブラボーデイジー、9着ウェディングフジコが出走予定。


[2010/10/13(水)]
府中牝馬ステークスは来年からG2に昇格。近年はエリザベス女王杯マイルCSの2つのG1レースの前哨戦として使われるケースが多いがレースレーティングも国際格付けを得られるG2の基準をクリアしていた。


[2010/10/12(火)]
目下2連勝中で準オープンのスマートシルエットは秋華賞を抽選待ちだが、除外なら府中牝馬ステークスへ。


[2010/10/11(祝)]
エリザベス女王杯の前哨戦として位置づけられる府中牝馬ステークス。当レースで過去10年間3着以内馬30頭中22頭が単勝オッズ10倍未満だった。概ね実力上位の馬同士で決着する傾向にありそうだ。


[2010/10/10(日)]
府中牝馬ステークスの登録馬が発表された。⇒登録馬


[2010/10/07(木)]
秋風Sを勝ちオープン入りしたリビアーモは府中牝馬ステークスへ。


[2010/10/01(金)]
マーメイドS2着のセラフィックロンプは府中牝馬Sかアイルランドトロフィーで復帰する予定。


[2010/09/30(木)]
ヴィクトリアマイル5着以来のブロードストリートは府中牝馬ステークスで復帰する予定。


[2010/09/23(祝)]
西宮Sを勝ったテイエムオーロラは府中牝馬ステークスで賞金を加算しエリザベス女王杯を狙う。


[2010/09/16(木)]
レインボーSを制したコロンバスサークル(アプリコットフィズの半姉)、ヴィクトリアマイル3着のニシノブルームーンは府中牝馬ステークスへ。


[2010/09/03(金)]
新潟記念16着のテイエムプリキュアはエリザベス女王杯がラストラン。府中牝馬Sを挟む可能性も。


[2010/08/20(金)]
クイーンS11着のムードインディゴは府中牝馬ステークスへ。


[2010/08/19(木)]
クイーンS9着のウェディングフジコは府中牝馬ステークスへ。


[2010/08/17(火)]
クイーンS8着のヒカルアマランサスは府中牝馬ステークスへ。


[2010/08/04(水)]
マーメイドS4着のニシノブルームーンは府中牝馬Sで始動。その後は栗東入りし、エリザベス女王杯へ。


[2010/06/23(水)]
マーメイドSを勝ったブライティアパルスは放牧、府中牝馬Sからエリザベス女王杯へ。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.