無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

阪急杯 2013

【G3】阪神競馬場・芝1400m


今年は現役最強牝馬とも言えるジェンティルドンナが牡馬相手の中距離路線に矛先を向けた事で大混戦ムード!荒れる続けるG1!次週は果たして…!?ヴィクトリアMで勝つための法則がここに集約!!主役不在のマイル路線!実力拮抗の京王杯SCで勝利に導くヒントも公開!

 阪急杯ニュース・予想

[2013/02/24()]
24日(日)に阪神競馬場で行われたG3・阪急杯(芝1400m)は、1番人気岩田騎手騎乗のロードカナロア(牡5・父キングカメハメハ)が道中好位から最後の直線で抜け出し、2番人気マジンプロスパーに3/4馬身差をつけ優勝。3着はクビ差で11番人気オリービン。⇒結果(全着順&払戻)。ロードカナロアは通算14戦9勝で重賞5勝目。前走香港スプリント、前々走スプリンターズステークスに続き3連勝。


[2013/02/23()]
阪急杯の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 2-3 ロードカナロア 1.9
2 1-2 マジンプロスパー 6.3
3 1-1 サンカルロ 7
4 6-12 エピセアローム 9.5
5 5-10 ミトラ 12
6 3-5 ブライトライン 20.2
7 2-4 クィーンズバーン 22.7
8 7-13 レオアクティブ 38.9
9 8-16 フラガラッハ 40
10 3-6 オリービン 41.3
11 4-8 アプリコットフィズ 44.2
12 5-9 スギノエンデバー 55.6
13 8-15 シゲルスダチ 85.2
14 4-7 シュプリームギフト 107.5
15 6-11 オセアニアボス 118.2
16 7-14 インプレスウィナー 190.5



[2013/02/22(金)]
阪急杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【阪急杯2013競馬予想】(3)ロードカナロアの芝1400mに不安視。ここは阪神芝1400m得意の(1)サンカルロから馬連全流し。


[2013/02/21(木)]
【阪急杯2013競馬予想(4)】阪急杯では過去5年、優勝馬全て5歳以下で前走重賞。そして前走1着の08年優勝ローレルゲレイロを除く4頭は前走で勝ち馬から0.5差以内に好走。そして過去5年で3着内馬15頭全てが7番人気以内。連対馬でも10頭中8頭が4番人気以内。そして連対馬10頭中9頭が5歳以下。


[2013/02/20(水)]
【阪急杯2013競馬予想(3)】阪急杯では過去6年、1,2枠が3着内率5割と好成績。阪神1週目とあってかなり内枠が有利。なお3-8枠で3着内馬のうち、10年3着、11年1着、12年3着のサンカルロを除く3頭は前走4角4番手以内。ちなみにサンカルロは11年に阪急杯を制しているが、同じ阪神芝1400mの阪神カップで09年2着、11,12年連覇とコース適性は抜群にいい。




[2013/02/19(火)]
【阪急杯2013競馬予想(2)】阪急杯では過去7年の芝1400mに変更された傾向から4,5歳が6勝2着5回で連対馬14頭中11頭を占める。該当馬は3着内率3割を超える。また6歳以上3着以内となった馬は5頭いるが、06年優勝のブルーショットガン(7歳)を除く4頭が前走2着以内に好走。6歳以上の馬なら前走連対馬に絞った方がよさそうだ。


[2013/02/18(月)]
【阪急杯2013競馬予想(1)】スプリント王決定戦、高松宮記念に向けの前哨戦、阪急杯。過去10年の高松宮記念優勝馬10頭中6頭はこの阪急杯がステップ。04年にはサニングデールが阪急杯と高松宮記念を連勝。06年に阪神1400mに変更となったが、06年3着ののオレハマッテルゼ、07年3着のスズカフェニックス、09年2着のローレルゲレイロと、既に3頭の高松宮記念優勝馬を輩出。必ずしも阪急杯を制してなくても高松宮記念優勝するケースが多い。過去10年の3着以内馬30頭中26頭は前走重賞に出走。ハイレベルな戦いが繰り広げられる。なお前走重賞で4着以内だった馬は3着内率が5割を超える。前走重賞4着以内馬には注目したい。


[2013/02/17()]
阪急杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/02/11()]
富士S10着のセイクレットレーヴは阪急杯へ。


[2013/02/07(木)]
シルクロードS4着のマジンプロスパーは阪急杯へ。阪神C7着のアドマイヤセプターは阪急杯かオーシャンステークスへ。


[2013/02/06(水)]
阪神C15着のオリービンは川田騎手で阪急杯へ。


[2013/02/03(金)]
シルクロードS3着のメイショウデイムは阪急杯へ。


[2013/01/31(木)]
香港スプリント優勝のロードカナロアは引き続き岩田騎手で阪急杯から始動する見通し。阪神C7着のアドマイヤセプターは阪急杯かオーシャンステークスへ。


阪神C15着のオリービンは阪急杯か東風Sへ。


[2013/01/30(水)]
シルクロードS6着のエーシンホワイティ、9着のニシノビークイック、12着のシゲルスダチ、14着のサドンストームは阪急杯へ。シルクロードS4着のマジンプロスパーは阪急杯かオーシャンSへ。




[2013/01/29(火)]
香港スプリントを制したロードカナロアはオーシャンステークスか阪急杯で始動する予定。その後はドバイゴールデンシャヒーンか高松宮記念へ。


[2013/01/25(金)]
阪神C11着のフラガラッハは阪急杯へ。ニューイヤーS優勝のミトラも阪急杯へ。


[2013/01/24(木)]
阪神C8着のレオアクティブは藤田騎手で阪急杯へ。


[2013/01/22(火)]
京都牝馬S6着のアプリコットフィズは阪急杯へ。


[2013/01/17(木)]
淀短距離S12着のシュプリームギフトは阪急杯へ。


[2013/01/09(水)]
京都金杯4着のサウンドオブハートは洛陽Sか阪急杯へ。


[2013/01/03(木)]
阪神カップ連覇のサンカルロは阪急杯へ。


[2012/12/31(月)]
阪神C8着のレオアクティブは阪急杯へ。


[2012/12/25(火)]
阪神カップ連覇のサンカルロは阪急杯から高松宮記念へ。


[2012/02/26()]
26日(日)に阪神競馬場で行われたG3・阪急杯(芝1400m)は浜中騎手騎乗の4番人気マジンプロスパー(牡5・父アドマイヤコジーン)が道中中団から最後の直線で抜け出し3番人気スプリングサンダーに1馬身半差をつけ重賞初制覇。3着は半馬身差で1番人気サンカルロ。⇒結果(全着順&払戻)。マジンプロスパーは通算16戦7勝。




[2012/02/25(土)]
阪急杯の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
8-16 サンカルロ 3.7
2-4 ガルボ 3.8
1-2 スプリングサンダー 8
3-5 オセアニアボス 10.9
1-1 キョウワマグナム 11.9
6-11 マジンプロスパー 13.5
4-7 オーセロワ 13.7
7-13 ドリームカトラス 16.1
2-3 メモリアルイヤー 23.2
5-10 トウカイミステリー 27.8
6-12 ヘッドライナー 29.1
3-6 エーシンリジル 36.3
7-14 ルナキッズ 36.8
8-15 マルカフェニックス 59.1
4-8 タマモナイスプレイ 59.2
5-9 アンノルーチェ 76.1



阪急杯枠順・出馬表。多頭数でハイペースとなり荒れる予感。軸は(16)サンカルロから馬連全流し。大外枠で揉まれず最後の直線で勝負可能。


[2012/02/24(金)]
阪急杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表


[2012/02/23(木)]
阪急杯では過去6年、馬番で1-6番までの馬で3着内馬18頭中13頭を占める。阪急杯登録のエオリアンハープは中山牝馬ステークスへ。阪急杯登録のあるエアマックールは回避して仁川Sへ。


[2012/02/22(水)]
阪急杯では過去6年、前走優勝馬か、敗れても勝ち馬とのタイム差が0秒4以内だった馬が連対馬12頭中10頭を占める。阪急杯登録のリディルは体調が整わず回避して高松宮記念へ直行。


[2012/02/21(火)]
阪急杯は過去6年の連対馬12頭中半分の6頭が前走4角で2-4番手と先行タイプが有利。阪急杯注目はサンカルロ。先行タイプではないが昨年の阪急杯覇者で昨年暮れに同じ阪神1400mで実施された阪神カップでも優勝し、阪神芝1400mは2連勝。


[2012/02/20(月)]
06年から距離が1400mに変更された阪急杯。一昨年前に優勝したエーシンフォワードが同年マイルチャンピオンシップを制覇。06年3着だったオレハマッテルゼが高松宮記念を優勝。阪急杯08年優勝、09年2着のローレルゲレイロは09年の高松宮記念スプリンターズSを制覇。


[2012/02/19()]
阪急杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/02/17(金)]
東京新聞杯11着のゴールスキーは阪急杯へ。


[2012/02/14(火)]
阪神C11着のリディルは阪急杯から高松宮記念へ。


[2012/02/08(水)]
一昨年のスワンS優勝後に屈腱炎のため休養していたマルカフェニックス(牡8)が阪急杯で復帰予定。


[2012/02/02(木)]
東京新聞杯登録のフラガラッハは打撲で回避し阪急杯を目標に。


[2012/02/01(水)]
京都牝馬S13着のスプリングサンダーは阪急杯へ。シルクロードS12着のヘッドライナーも阪急杯へ。


[2012/01/26(木)]
阪神C11着のリディルは阪急杯から高松宮記念へ。


[2012/01/13(金)]
京都金杯7着のオセアニアボスは阪急杯へ。


[2012/01/07()]
京都金杯7着のオセアニアボス、15着タマモナイスプレイは阪急杯へ。


[2011/12/28(水)]
阪神C優勝のサンカルロは阪急杯で連覇を狙う。


[2011/12/19(月)]
阪神カップ優勝のサンカルロは阪急杯から高松宮記念へ。


[2011/02/27(日)]
27日(日)に阪神競馬場で行われたG3・阪急杯(芝1400m)は吉田豊騎手騎乗の4番人気サンカルロ(牡5・父シンボリクリスエス)が中団待機から最後の直線外から伸びて、1番人気ガルボに1馬身1/4差で優勝。3着は3/4馬身差で5番人気フラガラッハ。サンカルロは09年ニュージーランドトロフィー以来約1年10ヶ月ぶりの勝利で通算21戦4勝。⇒阪急杯結果(全着順&払戻)


[2011/02/26(土)]
阪急杯枠順。(5)サワヤカラスカル、(10)サワノパンサー、(12)スプリングソング、(15)サンカルロの4頭馬単BOX。1400mに実績がある上昇馬(5)(10)と、外枠の実績馬を選んだ。


[2011/02/25(金)]
阪急杯の枠順が発表された。⇒出馬表。>阪急杯が行われるのは阪神競馬場の芝1400m。阪急杯が芝1400mで行われるようになった06年以降の連対馬の成績から直近で芝1400mで連対していた馬が毎年2着以内に入っている


[2011/02/24(木)]
阪神C11着以来のビービーガルダンがリスポリ騎手で阪急杯へ挑む。阪急杯に出走予定だったシルポートは追い切り後に挫石を発症、回避して大阪城Sへ。


[2011/02/23(水)]
阪急杯は過去10年負担重量56kg以上の実績馬でも数多く3着以内に食い込んでいる。例えば59kgは5頭出走し1着1頭、2着3頭もおり、58kgは11頭中1着2頭、2着1頭、3着2頭となっており、斤量が重くても軽視禁物だ。


阪急杯登録のスズカサンバは回避、東風Sへ。


[2011/02/22(火)]
阪急杯では過去10年で5歳馬が5勝、7歳以上が3勝。意外なのが6歳で苦戦。


[2011/02/21(月)]
阪急杯注目は昨年のスプリンターズS3着のサンカルロや5着のワンカラット、10着ビービーガルダンなど。昨年の阪急杯では2着がワンカラット、3着がサンカルロ。また昨年の高松宮記念では2着がビービーガルダン、4着がサンカルロと、この3頭が中心となりそう。


[2011/02/20(日)]
阪急杯の登録馬が発表された。⇒登録馬


[2011/02/14(月)]
東京新聞杯11着のフラガラッハは四位騎手で阪急杯へ。


[2011/02/11(祝)]
東京新聞杯11着のフラガラッハは阪急杯へ。


[2011/02/09(水)]
シルクロードS2着のアーバニティは阪急杯へ東京新聞杯16着のマイネルレーニアも阪急杯へ。


[2011/02/04(金)]
キンシャサノキセキは阪急杯を見送りオーシャンステークスから高松宮記念。リスポリ騎手が騎乗。


[2011/02/03(木)]
阪神C5着のサンカルロは阪急杯で始動。


[2011/02/02(水)]
京都牝馬S3着のサングレアズールは阪急杯へ。


[2011/01/27(木)]
阪神カップ優勝のキンシャサノキセキは阪急杯で始動する予定。阪神カップ2着のレッドスパーダは阪急杯かオーシャンステークスから高松宮記念を目指す。


[2011/01/20(木)]
京都金杯2着のガルボは阪急杯へ。


[2011/01/13(木)]
阪神C2着のレッドスパーダは予定していた東京新聞杯は見送り、阪急杯へ。


[2011/01/05(水)]
スプリンターズS5着のワンカラットはオーシャンステークスか阪急杯から高松宮記念へ。


[2010/12/23(祝)]
阪神C2着のレッドスパーダは阪急杯から高松宮記念へ。阪神C6着のサンカルロ、11着のビービーガルダンは阪急杯へ。


[2010/12/22(水)]
阪神C11着のビービーガルダンは阪急杯へ。


[2010/11/24(水)]
エリザベス女王杯3着のアパパネは熱発で今週末に帰厩が延期。年内は予定通り休養し来春はヴィクトリアマイルを目標に、阪急杯、マイラーズカップあたりで始動予定。


[2010/11/09(火)]
高松宮記念の前哨戦、阪急杯は2/27(日)阪神競馬場1400mで行われる。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.