無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

2012年重賞レース結果

神戸新聞杯2012

【G2】阪神競馬場・芝2400m


【JCダート】有力某馬馬主が秘密の告白。大一番を前にしながら余力なし。前走で体力使い果たしたと頭抱える・・・!人気上位に推されるのは必至だが、急転直下ここは凡走!あっても3着が精一杯だろうと見立てており、馬単派には100%消し推奨!

 神戸新聞杯2012ニュース・予想

[2012/09/23()]
23日(日)に阪神競馬場で行われた菊花賞トライアル、G2・神戸新聞杯(芝2400m)は1番人気内田騎手騎乗のゴールドシップ(牡3・父ステイゴールド)が道中後方から最後の直線手前から徐々に進出し直線で他馬を一気に引き離し楽にゴール、8番人気ロードアクレイムに2馬身半差をつけ重賞3勝目。3着は1.3/4馬身2番人気マウントシャスタ。ゴールドシップは通算8戦5勝。日本ダービー5着以来の出走だった。上位3頭は菊花賞へ出走するとみられる。結果(全着順&払戻)


[2012/09/22()]
神戸新聞杯の前日最終オッズは以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 8-14 ゴールドシップ 2.2
2 6-11 マウントシャスタ 2.8
3 4-7 ヒストリカル 8.2
4 5-9 ベールドインパクト 13.4
5 3-4 カポーティスター 17.2
6 1-1 ミルドリーム 22.4
7 5-8 メイショウカドマツ 32.5
8 4-6 ロードアクレイム 38.7
9 2-2 ユウキソルジャー 45.1
10 6-10 ローゼンケーニッヒ 51.3
11 8-15 ブレイズアトレイル 65
12 3-5 エーシングングン 92.8
13 7-13 ナムラビクター 94.8
14 7-12 フミノポールスター 115
15 2-3 テイエムハエンカゼ 241.8



[2012/09/21(金)]
神戸新聞杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【神戸新聞杯競馬予想】(14)ゴールドシップが本命。7戦して前走日本ダービー5着以外は連対パーフェクト。ダービー上位馬の出走がなく、ここは堅そう。相手筆頭は(11)マウントシャスタ。古馬に交じって宝塚記念5着は優秀。(2)ユウキソルジャー、(7)ヒストリカル、(8)メイショウカドマツ、(9)ベールドインパクトの5頭馬連流しで。


神戸新聞杯に出走予定で先日500万下勝ちしたエーシングングンは幸騎手が騎乗。神戸新聞杯に出走予定だったヤマニンファラオは右前脚不安で回避。次走は菊花賞へ直行する予定。


[2012/09/20(木)]
【神戸新聞杯競馬予想傾向と対策(4)】神戸新聞杯では過去10年、春の重賞か皐月賞日本ダービーのTRで2番人気以内も3着以下に敗れた馬が毎年連対。昨年は優勝したオルフェーヴルがきさらぎ賞2番人気で3着、2着のウィンバリアシオンもきさらぎ賞1番人気で4着。一昨年は神戸新聞杯優勝のローズキングダムが皐月賞2番人気で4着。3年前の2着リーチザクラウンが皐月賞2番人気で13着。該当馬は日本ダービー2番人気で5着のゴールドシップ、NHKマイルC2番人気で失格のマウントシャスタ。この2頭は人気もするだろうが要注意。




[2012/09/19(水)]
【神戸新聞杯競馬予想傾向と対策(3)】神戸新聞杯では過去10年、日本ダービーから神戸新聞杯に臨んだ47頭を調べると、その日本ダービーで5着以内だった馬が9勝2着6回と神戸新聞杯の連対のほとんどを占めている。また5着以内だった馬の神戸新聞杯の出走頭数が23頭であることから非常に高い連対率であることがいえそう。一方ダービー6着以下からの巻き返しはかなり厳しいデータで今回出走予定のヒストリカルやベールドインパクトには不味いデータ。


[2012/09/18(火)]
【神戸新聞杯競馬予想傾向と対策(2)】神戸新聞杯では過去10年、前走日本ダービーから臨んだ馬が優勢。過去10年の前走のレース別成績では前走日本ダービーだった馬が9勝2着7回3着4回。次いで前走ラジオNIKKEI賞だった馬が1勝2着1回3着2回。その他前走宝塚記念、札幌記念だった馬が1頭ずつ2着で3着1回。連対馬はここまで。3着に入った残り3頭は1000万下か1600万下の特別レースからの臨戦。ちなみに今回の神戸新聞杯では前走日本ダービーだった馬は5着ゴールドシップと9着ベールドインパクト、18着ヒストリカルの3頭。前走ラジオNIKKEI賞だった馬は2着ヤマニンファラオ、4着メイショウカドマツ、8着ロードアクレイムの3頭。あと前走宝塚記念で5着と古馬に交じって善戦したマウントシャスタ。あと1000万下を勝利したユウキソルジャー、ミルドリームなどが有利か。


【神戸新聞杯競馬予想傾向と対策(1)】神戸新聞杯は菊花賞に直結しやすい前哨戦として注目される。ちなみに昨年の神戸新聞杯1、2着馬オルフェーヴルとウインバリアシオンは、菊花賞でも、そのまま1、2着。一昨年は神戸新聞杯を制したローズキングダムが菊花賞で2着、3着のビッグウィークが菊花賞を制した。神戸新聞杯では過去10年、09年優勝のイコピコ(7番人気)を除く9頭の優勝馬が単勝3番人気以内。2着は10頭中8頭が3番人気以内、3着は3番人気以内が5頭。連対馬では20頭中17頭が3番人気以内だから非常に安定して人気どおりの決着となっているケースが多い。ちなみに3着の残り5頭中4頭も5、6番人気。また単勝オッズでは7倍未満が8勝2着7回と連対馬20頭中15頭を占める好成績。人気どおりの決着が多い神戸新聞杯だが今年のように春のクラシック戦線から出走馬が少ないケースはまれ。今年の神戸新聞杯はどうなるのか注目どころだ。


[2012/09/17()]
神戸新聞杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬。有力馬は皐月賞馬ゴールドシップを筆頭にベールドインパクト、マウントシャスタ、ヒストリカル、ヤマニンファラオ、メイショウカドマツ、ミルドリームなど計17頭が登録。


[2012/09/06(木)]
弥彦特別勝ちのミルドリームは神戸新聞杯へ。


[2012/09/01()]
皐月賞18着のアダムスピークは右前脚屈腱炎を発症、復帰は未定だが放牧に出される。神戸新聞杯での復帰し菊花賞を狙っていたが絶望的。前日にはワールドエースも屈腱炎を発症し、今季絶望となったばかりだった。


[2012/08/31(金)]
ダービー18着のヒストリカルは浜中騎手で神戸新聞杯から始動。


[2012/08/23(木)]
ラジオNIKKEI賞2着のヤマニンファラオは藤田騎手で神戸新聞杯へ。ダービー6着のコスモオオゾラは神戸新聞杯を挟むか菊花賞へ直行。ダービー18着のヒストリカルは浜中騎手に乗り替わり、神戸新聞杯へ。


[2012/08/22(水)]
ダービー9着のベールドインパクトは神戸新聞杯へ。16着のゼロスはポートアイランドSへ。


[2012/08/21(火)]
皐月賞18着のアダムスピークは岩田騎手に乗り替わり神戸新聞杯へ。




[2012/08/17(金)]
ダービー4着のワールドエースは神戸新聞杯から始動する予定。


[2012/08/16(木)]
レパードS2着のナムラビクターは神戸新聞杯へ。


[2012/08/08(水)]
日本ダービー4着のワールドエースは神戸新聞杯かセントライト記念で始動。宝塚記念5着のマウントシャスタは神戸新聞杯かセントライト記念で始動する予定。


[2012/08/01(水)]
皐月賞を制し日本ダービー5着のゴールドシップは8月中旬に函館に入厩後、神戸新聞杯から始動する見通し。


[2012/07/26(木)]
皐月賞を制し、ダービー5着のゴールドシップは8月中旬に帰厩し神戸新聞杯で始動する予定だが状態次第では菊花賞直行も検討されている。


[2012/07/11(水)]
北海ハンデキャップ勝ちのユウキソルジャーは神戸新聞杯へ。


[2012/07/05(木)]
皐月賞を制し日本ダービー5着のゴールドシップは神戸新聞杯から菊花賞へ。


[2012/07/02(月)]
ラジオNIKKEI賞2着のヤマニンファラオは神戸新聞杯へ。


[2012/06/22(金)]
皐月賞で最下位18着に敗れたアダムスピークは神戸新聞杯で始動予定。


[2012/06/01(金)]
ダービー9着のベールドインパクトは神戸新聞杯から菊花賞へ。




[2012/05/29(火)]
皐月賞を制し、ダービー5着のゴールドシップは近く放牧へ。秋は神戸新聞杯から始動し菊花賞へ。6着のコスモオオゾラは両第1指骨剥離骨折が判明。全治は未定で近日中に手術予定。


[2011/09/25(日)]
25日(日)に阪神競馬場で行われた菊花賞トライアル・G2・神戸新聞杯(芝2400)は池添騎手騎乗の1番人気オルフェーヴル(牡3・父ステイゴールド)が道中中団から直線伸びて2番人気ウインバリアシオンに2馬身半差をつけ4連勝で重賞4勝目を飾った。3着は2馬身半差で3番人気フレールジャック。⇒結果(全着順&払戻)。オルフェーヴルは通算9戦5勝とした。


[2011/09/24(土)]
神戸新聞杯の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
6-7 オルフェーヴル 1.7
5-5 ウインバリアシオン 4.3
5-6 ショウナンマイティ 6.5
8-11 フレールジャック 7
3-3 スマートロビン 24
1-1 ステラロッサ 43.9
8-12 ダノンミル 47.9
4-4 イグアス 48.6
7-9 カーマイン 77.2
7-10 ナムラオウドウ 79.6
2-2 トリノ 217.8
6-8 クレスコグランド 取消



神戸新聞杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。(7)オルフェーヴルからダービー2着の(5)ウィンバリアシオン、底を見せていない(11)フレールジャック、夏で力をつけてきた(3)スマートロビン、(6)ショウナンマイティ、そしてOP勝ち鞍のある(12)ダノンミルの5点馬連流しで勝負。


神戸新聞杯は阪神・芝2400m外回り開催となった近4年の連対馬8頭中7頭が武豊騎手か四位騎手が騎乗。武豊騎手は01年以降の神戸新聞杯で9戦3勝2着4回3着1回で連対率は8割弱と驚異的数字。神戸新聞杯に出走予定だったクレスコグランドは両前肢挫創のため出走取消。


[2011/09/23(祝)]
神戸新聞杯は07年より阪神・芝2400mの外回りで開催。過去4年の連対馬8頭中7頭は前走4角6番手以下と差し、追込が結果を残している。例外は09年2着のリーチザクラウンのみで逃げ、先行タイプは苦戦しそうだ。


[2011/09/22(木)]
神戸新聞杯は過去10年、3着以内馬30頭中25頭が前走5着以内。前走6着以下の連対馬は、02年2着のノーリーズン(前走・日本ダービー8着)と07年2着のアサクサキングス(前走・宝塚記念15着)の2頭のみ。そして前走5着以内の馬で前走日本ダービー5着以内だった馬はなんと連対率約6割、3着内率は7割弱。今回その対象馬は日本ダービー優勝のオルフェーヴル、2着のウィンバリアシオン、5着のクレスコグランドの3頭。ヴァーゲンザイル、カルドブレッサ、ギュスターヴクライ、ダノンシャーク、テンペル、ネオブラックダイヤ、ロッカヴェラーノは神戸新聞杯を回避。


[2011/09/21(水)]
神戸新聞杯は過去10年、3着以内馬30頭中19頭が前走日本ダービー。好走率の面でも前走日本ダービーは良く、ついでその他の重賞から参戦した馬が好走。今回この抗bね新聞杯にはダービー1着のオルフェーヴル、2着のウィンバリアシオン、5着のクレスコグランド、15着のロッカヴェラーノが登録。


[2011/09/20(火)]
菊花賞トライアル神戸新聞杯。上位3頭までに菊花賞への優先出走権が与えられる昨年この神戸新聞杯3着だったビッグウィークは、本番の菊花賞優勝。昨年神戸新聞杯優勝のローズキングダムは2走後のジャパンカップで優勝と菊花賞以外のG1にも大きな影響を及ぼす一戦。2007年より芝外回り2400mに変更。


[2011/09/19(祝)]
神戸新聞杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出馬表


[2011/09/15(木)]
500万勝ちのステラロッサは神戸新聞杯へ。連勝中のイグアスも神戸新聞杯へ。


[2011/09/09(金)]
500万勝ちのステラロッサは神戸新聞杯へ。 皐月賞13着のダノンミルも神戸新聞杯で復帰。


[2011/09/07(水)]
ダービー2着のウインバリアシオンは安藤勝騎手で神戸新聞杯へ。


[2011/09/02(金)]
ポプラS勝ちのショウナンマイティは武豊騎手で神戸新聞杯へ。


[2011/09/01(木)]
玄海特別2着のサトノパンサーは神戸新聞杯へ。


[2011/08/31(水)]
ダービー5着のクレスコグランドは浜中騎手で神戸新聞杯へ。ポプラS勝ちのショウナンマイティも神戸新聞杯へ。阿寒湖特別勝ちのスマートロビンも神戸新聞杯へ。


[2011/08/26(金)]
ポプラS勝ちのショウナンマイティは神戸新聞杯へ。内容次第で菊花賞か中距離路線か決定。


[2011/08/19(金)]
ダービー2着のウインバリアシオンは神戸新聞杯から菊花賞へ。


[2011/08/17(水)]
オルフェーヴルは来週ノーザンファームしがらきから帰厩し、神戸新聞杯で始動、菊花賞でクラシック三冠を目指す。


[2011/08/13(土)]
ラジオNIKKEI賞を制したフレールジャックは神戸新聞杯から復帰。


[2011/08/11(木)]
ダービー2着のウインバリアシオンは来週帰厩予定。神戸新聞杯で始動。


[2011/08/10(水)]
ダービー8着のオールアズワンは札幌記念を見送り、神戸新聞杯かセントライト記念へ。


[2011/07/30(土)]
ダービー7着のサダムパテックは神戸新聞杯を見送り、セントライト記念へ。


[2011/07/15(金)]
放牧中のダービー馬オルフェーヴルは来月下旬に帰厩し、神戸新聞杯から菊花賞を目指す。


[2011/07/07(木)]
ダービー2着のウインバリアシオンは神戸新聞杯から始動する予定。


[2011/07/06(水)]
ラジオNIKKEI賞優勝のフレールジャックは神戸新聞杯から菊花賞もしくは天皇賞・秋へ。


[2011/07/05(火)]
ラジオNIKKEI賞優勝のフレールジャックは放牧へ。神戸新聞杯かセントライト記念から結果次第で菊花賞天皇賞・秋へ。


[2011/07/01(金)]
ダービー2着のウインバリアシオンは神戸新聞杯で始動。 ダービー14着のコティリオンは神戸新聞杯かセントライト記念で始動。


[2011/06/16(木)]
オルフェーヴルは夏はノーザンファームしがらきで休養。秋は神戸新聞杯から菊花賞へ。


[2011/06/15(水)]
ダービー5着のクレスコグランド、7着のサダムパテックは神戸新聞杯から始動し菊花賞へ。青葉賞9着のカーマインも神戸新聞杯へ。


[2011/06/08(水)]
ダービー7着のサダムパテックは神戸新聞杯から天皇賞・秋へ。


[2011/06/03(金)]
オルフェーヴルは神戸新聞杯から始動し、菊花賞でディープインパクト以来の牡馬三冠を狙う。


[2011/06/01(水)]
日本ダービー5着のクレスコグランドは神戸新聞杯へ。7着のサダムパテックも神戸新聞杯で始動。


[2010/09/26(日)]
26日(日)に阪神競馬場で行われたG2神戸新聞杯(芝2400m)は武豊騎手騎乗の2番人気ローズキングダム(牡3・父キングカメハメハ)が中団から最後の直線で内側から鋭伸、1番人気エイシンフラッシュをクビ差抑えて優勝。3着は3馬身差で5番人気ビッグウィーク。ローズキングダムは通算7戦4勝(重賞3勝)。ダービー2着からの参戦で昨年のG1朝日杯FS以来の勝利。⇒神戸新聞杯結果(全着順&払戻)


[2010/09/25(土)]
阪神で行われるG2神戸新聞杯(芝2400m)の前日最終オッズはローズキングダムとエイシンフラッシュが2.6倍で並んで1番人気。以下レーヴドリアンが8.9倍、シルクオールディーが9.5倍と続く。


[2010/09/24(金)]
神戸新聞杯枠順。(3)ローズキングダムと(5)エイシンフラッシュが人気を分けるだろう。しかし少頭数でこれを狙っても旨みはない。敢えて冒険したい。ダービー出走馬の(6)サンディエゴシチーと(10)レーヴドリアンからそれぞれ馬連流し。今年の3歳は例年よりも突き抜けて強い馬は見当たらず、ダービー1,2着馬にも死角は十分あり。賞金的に余裕のある馬とそうでない馬の意気込みがここで現れる!?


[2010/09/24(金)]
神戸新聞杯の枠順が発表された。⇒出馬表


[2010/09/23(祝)]
神戸新聞杯登録のネオポラリスは土曜阪神の甲東特別へ、ワイズミューラーは土曜中山の九十九里特別へ。


[2010/09/22(水)]
神戸新聞杯過去10年の傾向として 、連対20頭中13頭は芝2000m以上で1着経験があり、2400mに変更された07年以降は連対馬6頭中5頭がダービー出走馬。そして連対20頭中ダービー直行組が7勝、2着6回とダービー出走経験馬は高評価してよさそう。とくにダービー馬は過去10年で6頭が出走し3勝2着2回3着1回すべて3着以内。 また阪神コースの経験も重要。06年の中京開催を除く18頭中14頭は阪神コースを経験しており、残り4頭でドリームジャーニーは朝日杯FS1着、シンボリクリスエスはダービー2着、サクラプレジデントは皐月賞2着とG1での実績あり。総合的にダービー1,2着のエイシンフラッシュ、ローズキングダムは高評価。サンディエゴシチーやレーヴドリアンもダービー出走組で侮れない。


[2010/09/21(火)]
神戸新聞杯では過去10年芝で3勝以上している馬が9回優勝していて、3着以内馬30頭中25頭と大変重要なデータとなっている。この10年で2勝以下は83頭が出走したのに対し、3勝以上は54頭と好走率の面からも差は歴然としている。ちなみに2勝馬での優勝したのは06年に中京で開催されたときのドリームパスポートのみ。皐月賞2着、ダービー3着と言わずと知れた実績馬。芝で3勝以上か、G1でも上位実績の馬に絞ってよさそうだ。


[2010/09/20(祝)]
登録馬が発表された。⇒登録馬


[2010/09/16(木)]
神戸新聞杯に出走するローズキングダムは新コンビ武豊騎手で1週前追い切り。坂路53秒台からしまい12秒台をマーク。


[2010/09/10(金)]
神戸新聞杯を目指すダービー2着馬ローズキングダムは武豊騎手が騎乗。来週23日の追い切りにも騎乗予定。なお、同レースに出走予定だったトゥザグローリーは調教の遅れから同レースを回避。


[2010/09/10(金)]
神戸新聞杯を目指すダービー1、2着馬エイシンフラッシュ、ローズキングダムが復帰後初時計。エイシンフラッシュは坂路4F56.7-13.3と終い重点。ローズキングダムは同じく坂路強めで4F52.7-12.9。最後の三冠菊花賞に向けて両馬の臨戦態勢は万全。


[2010/09/09(木)]
日本ダービーを制したエイシンフラッシュは復帰戦の神戸新聞杯へ向けて帰厩後初時計。坂路を馬なりで4F56秒台をマーク。瓢湖特別勝ちのタニノエポレットも同レースへ。


[2010/09/02(木)]
阿寒湖特別を勝ったシルクオールディーは神戸新聞杯から菊花賞へ。


[2010/09/01(水)]
ダービー馬エイシンフラッシュは1日に栗東へ帰厩。予定通り神戸新聞杯から菊花賞へ。


[2010/08/26(木)]
ダービー2着後、ノーザンファームに放牧に出されていたローズキングダムは26日に栗東へ帰厩。神戸新聞杯で始動し、菊花賞を目指す。


[2010/08/19(木)]
ネオヴァンドームは神戸新聞杯で始動。


[2010/08/18(水)]
ダービー2着のローズキングダムは今月末に帰厩する見込み。その後神戸新聞杯から菊花賞を目指す。


[2010/08/17(火)]
500万下勝ちのミキノバンジョーは神戸新聞杯へ。


[2010/08/14(土)]
ダービー馬エイシンフラッシュは放牧先の社台ファームから函館競馬場に入厩した。しばらく乗り込まれて神戸新聞杯で始動し、菊花賞で2冠目を狙う。ラジオNIKKEI賞5着のトゥザグローリーは9月上旬に帰厩。神戸新聞杯で復帰する予定。


[2010/08/05(木)]
日本ダービーを制したエイシンフラッシュは来週、函館に入厩。秋は神戸新聞杯から始動し、菊花賞で2冠を狙う。


[2010/07/23(金)]
ダービー6着のペルーサは神戸新聞杯か毎日王冠で始動する。


[2010/07/22(木)]
ラジオNIKKEI賞5着のトゥザグローリーは神戸新聞杯へ。


[2010/07/14(水)]
ダービー17着のシャインは神戸新聞杯で始動。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.