毎日杯予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

毎日杯 2013

【G3】阪神競馬場・芝1800m


【愛知杯】繊細な牝馬達による、大波乱必至のハンデ重賞!!今年も一見すると中心馬不在の混戦ムードだが・・・!!『どうしても負けられない』ワケあり陣営から飛び込んできた、驚愕の厩舎事情!!この一頭だけは見逃し厳禁!!

 毎日杯ニュース・予想

[2013/03/23()]
23日(土)に阪神競馬場で行われたG3・毎日杯(芝1800m)は1番人気武豊騎手騎乗のキズナ(牡3・父ディープインパクト)が道中後方待機で最後の直線外から鋭伸、6番人気ガイヤースヴェルトに3馬身差をつけ重賞初制覇。3着は3馬身半差で3番人気バッドボーイ。2番人気コメットシーカーは5着。⇒結果(全着順&払戻)。キズナは通算5戦3勝とした。


[2013/03/22(金)]
毎日杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【毎日杯2013競馬予想】皐月賞出走に向けて賞金を加算したい(6)キズナ。そして新馬戦でセンス良く抜け出した(10)コメットシーカー、このディープ産駒2頭が抜けている。(6)(10)固定で3連複で全流しの11点勝負。


[2013/03/21(木)]
毎日杯2013競馬予想(4)】毎日杯では過去5年で3着内馬15頭中11頭が5番人気以内。連対馬でも10頭中9頭が6番人気以内と比較的荒れないレース。また過去5年の3着内馬15頭中11頭が前走からの馬体重が増減なしかマイナス。


[2013/03/20(祝)]
毎日杯2013競馬予想(3)】毎日杯は芝外回り1800mで行われるようになった2007年以降の過去6年間で3着内馬18頭中11頭が上がり3Fのタイムで1位をマーク。また上がり3F6位以下の馬は好走例がない。外回りで直線が長いだけに前走の末脚はチェックしたほうがいい。また前走1800mだった馬が過去6年の連対馬12頭中半数強の7頭を占める。3着にも3頭おり該当馬の3着内率は3割を超え好走率も高い。


[2013/03/19(火)]
毎日杯2013競馬予想(2)】毎日杯では過去10年、優勝馬10頭全て過去に重賞5着以内の経験あり。その該当馬は3着内率が約4割とここを機に重賞初制覇を果たしてG1を奪取する馬も少なくない。また優勝馬10頭中、04年のキングカメハメハと06年のアドマイヤメインを除く8頭は前走重賞に出走。該当馬はそうでない馬と比べると好走率も高い。なお前走重賞で連対していた馬は連対率が約5割弱で3着内率が7割近くに上る。また前走重賞以外で2着以下の馬は連対例がない。前走重賞2着以内か優勝しているかは最重要チェックポイント。




[2013/03/18(月)]
毎日杯2013競馬予想(1)】過去に毎日杯を制しG1馬となった馬は多数。04年のキングカメハメハ、08年のディープスカイはいずれも毎日杯で重賞初制覇を果たしたのちにNHKマイルカップと日本ダービー変則二冠を達成。さらに遡ればフレッシュボイス(1987年安田記念)、オグリキャップ(1988年有馬記念ほか)、タイキフォーチュン(1996年NHKマイルC)、テイエムオペラオー(1999年皐月賞ほか)、クロフネ(2001年NHKマイルカップほか)、ダノンシャンティ(2010年NHKマイルC)の計8頭が毎日杯優勝後にG1を制覇している。乗り遅れた逸材が皐月賞やNHKマイルC、そして日本ダービーへとコマを進める場合も多々あるので見逃せない一戦となりそうだ。


[2013/03/17()]
毎日杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/03/13(水)]
弥生賞10着のバッドボーイは川田騎手で毎日杯へ。


[2013/03/08(金)]
弥生賞4着のキズナは武豊騎手で毎日杯へ。またで弥生賞6着のヘミングウェイ(牡3・父ネオユニヴァース)は左膝の骨折が判明。復帰は秋以降。4戦連続2着で5戦目で初勝利後、シンザン記念2着、前走弥生賞6着だった。


[2013/03/05(火)]
弥生賞10着のバッドボーイは毎日杯へ。


[2013/02/27(水)]
アーリントンC7着のテイエムイナズマは幸騎手で毎日杯へ。


新馬勝ちのコメットシーカー(牡3・父ディープインパクト)は引き続き福永騎手で毎日杯へ。アーリントンC3着のレッドアリオンはフローラルウォーク賞へ。


[2012/03/24()]
24日(土)に阪神競馬場で行われたG3・毎日杯(芝1800m)は安藤勝騎手騎乗の1番人気ヒストリカル(牡3・父ディープインパクト)が道中後方に待機して最後の直線で鋭伸、3番人気マウントシャスタに3/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着は半馬身差で7番人気スピルバーグ。ヒストリカルは通算5戦2勝。09年天皇賞・秋やマイルCSを制したカンパニーの半弟。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/03/23(金)]
毎日杯の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【毎日杯競馬予想】(9)エアソミュールから馬連全流し。エアシャカールの全妹が母で若干まだ雑な部分もあるが前走の走りをすれば十分重賞で勝ち負けできる。やや人気薄なところで穴を狙い、春G1の本番に向けて大幅に資金を稼いでおきたいところ。


[2012/03/22(木)]
毎日杯競馬予想傾向と対策(4)】毎日杯では過去単勝4倍未満の人気馬が17頭いてうち8勝、2着2回、3着4回で3着内率は8割を超え安定。




[2012/03/21(水)]
毎日杯競馬予想傾向と対策(3)】毎日杯では過去10年で連対馬の8割が前走でも連対。前走連対馬に絞れば、今回登録馬18頭中10頭に絞られる。


毎日杯に登録があるロードアクレイムは回避し、大寒桜賞へ。


[2012/03/20(祝)]
毎日杯競馬予想傾向と対策(2)】毎日杯では過去10年前走G3だった馬が8勝。しかし2着はわずか1頭。前走500万下だった馬は2着5回。


[2012/03/19(月)]
毎日杯競馬予想傾向と対策(1)】毎日杯は過去99年優勝のテイエムオペラオーが皐月賞を制し、古馬になって重賞8連勝、G1・6連勝を達成。04年優勝馬キングカメハメハが、NHKマイルカップ日本ダービーを連勝し、06年優勝のアドマイヤメインが日本ダービー2着、08年優勝のディープスカイがNHKマイルカップ日本ダービーを制覇、10年毎日杯優勝馬ダノンシャンティはNHKマイルCをレコードで制覇。


[2012/03/18()]
毎日杯の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/03/15(木)]
東京スポーツ杯2歳S2着のフジマサエンペラーは田中勝騎手で毎日杯へ。つばき賞勝ちのエアソミュールは岩田騎手で毎日杯へ。


[2012/03/10()]
新馬勝ちのエロイカは毎日杯へ。


[2012/03/08(木)]
水仙賞勝ちのシルバーウエイブは毎日杯へ。


[2012/03/07(水)]
2連勝中のマウントシャスタは毎日杯へ。


[2012/03/02(金)]
アーリントンC3着のアルキメデスは毎日杯へ。




[2012/02/29(水)]
アーリントンC9着のダローネガは佐藤哲騎手で毎日杯へ。


[2012/02/24(金)]
京成杯3着のアドマイヤブルーは川田騎手で毎日杯へ。未勝利勝ちのローゼンケーニッヒ(父シンボリクリスエス)は若葉Sか毎日杯へ。ローズキングダムの半弟にあたる。


[2012/02/23(木)]
つばき賞勝ちのエアソミュールは毎日杯へ。


[2012/02/08(水)]
きさらぎ賞2着のヒストリカルは毎日杯へ。


[2011/10/09(日)]
9日(日)に東京競馬場で行われたG2・毎日王冠(芝1800m)は1番人気福永騎手騎乗のダークシャドウが道中後方から最後の直線で馬群を割ってゴール前で2番人気リアルインパクトをクビ差捕らえ重賞2連勝。3着はクビ差で5番人気ミッキードリーム。⇒結果(全着順&払戻)。ダークシャドウは通算9戦5勝。ダークシャドウは天皇賞・秋へコマを進めるものとみられる。


[2011/10/08(土)]
毎日王冠の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
7-8 ダークシャドウ 2.3
6-7 リアルインパクト 5.6
2-2 シルポート 8.4
8-10 ミッキードリーム 9.6
4-4 ナリタクリスタル 10.7
6-6 アクシオン 12
3-3 ダノンヨーヨー 12.1
7-9 シンゲン 13
5-5 セイクリッドバレー 29.5
1-1 エイシンアポロン 31
8-11 ビッグウィーク 46.6



毎日王冠の枠順が発表された。⇒出馬表。(3)ダノンヨーヨー、(5)セイクリッドバレー、(8)ダークシャドウの3頭馬単BOX。休養明けでも実績のある馬と、少頭数で揉まれず追込も圏内と想定。特にやや評価を落とし気味の(3)(5)が狙い目。


[2011/10/07(金)]
毎日王冠注目はエプソムC優勝のダークシャドウ。東京芝が4戦4勝。今回の毎日王冠はエプソムカップと同距離。産経大阪杯でヒルノダムールにハナ差の2着と今年になって素質を開花させている。


[2011/10/06(木)]
毎日王冠では03年以降、4走前までにG2で連対馬が毎年連対。ちなみに昨年の毎日王冠では該当馬は10頭中4頭いるが、上位三頭が直近4走のG2で連対実績。毎日王冠はG1上位経験馬が多く出走するだけに実績馬は重視したほうがよさそう。


毎日王冠登録のリーチザクラウンは回避しアイルランドTへ。


[2011/10/05(水)]
毎日王冠は過去10年、出走馬は関東馬延べ61頭、関西馬延べ62頭。今年の登録馬では関東6頭、関西8頭とほぼ同数で、成績も互角。連対数が関東馬6勝2着4回に対し、関西は4勝2着6回。


毎日王冠に出走予定のリーチザクラウンはノド鳴り影響で追い切り後に参戦するか決定。 毎日王冠登録のスズカコーズウェイは富士ステークスへ。同じく毎日王冠登録のカワキタコマンドはアイルランドTへ。


[2011/10/04(火)]
毎日王冠は過去10年、単勝1番人気で勝利したのは04年のテレグノシスのみで、あのウオッカやダイワメジャー、ファインモーションなどのGIホースが敗れている。一方単勝10倍台は延べ36頭が出走し5勝・2着3回・3着4回。昨年の毎日王冠は10倍台4頭中3頭で3着以内を独占。


[2011/10/03(月)]
天皇賞・秋へのステップレースとして、G1級の馬が出走することで毎年レベルの高いレースが繰り広げられる毎日王冠。昨年は3歳ワンツーフィニッシュの毎日王冠も3歳馬連対は98年2着のエルコンドルパサー以来で優勝は88年オグリキャップまで実に20年以上ぶりだった。今年は3歳では唯一、安田記念を優勝したリアルインパクトが出走。その他昨年の菊花賞馬ビッグウィークやマイルチャンピオンシップ2着のダノンヨーヨー、日本ダービー2着の実績をもつリーチザクラウンなどが出走予定。


[2011/10/02(日)]
毎日王冠の登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/09/30(金)]
安田記念優勝のリアルインパクトは岩田騎手で毎日王冠から始動する。


[2011/09/28(水)]
骨折休養中のビッグウィークは毎日王冠で復帰。毎日王冠で復帰する予定だったスマイルジャックは回避。


[2011/09/24(土)]
新潟記念優勝のナリタクリスタルは武豊騎手で毎日王冠へ。 ダノンヨーヨーも北村友騎手とのコンビで毎日王冠へ。


[2011/09/23(祝)]
レッドデイヴィスは馬体の回復が思わしくなく再度放牧へ。京都新聞杯10着後に骨折が判明し毎日王冠での復帰を目指していたが年内は休養。


[2011/09/17(土)]
骨折休養中だったビッグウィークは毎日王冠で復帰し、天皇賞・秋へ。


[2011/09/16(金)]
新潟記念3着のセイクリッドバレーは毎日王冠へ。


[2011/09/15(木)]
朝日CC優勝のミッキードリームは毎日王冠へ。レッドデイヴィスは天皇賞・秋か毎日王冠で復帰し、マイルチャンピオンシップへ。


[2011/09/14(水)]
安田記念8着のシルポートは毎日王冠へ。その後結果次第で天皇賞・秋かスワンステークスへ。


[2011/09/13(火)]
朝日CC優勝のミッキードリームは毎日王冠か天皇賞・秋直行か近日決定される。


[2011/09/08(木)]
安田記念17着のリーチザクラウンは毎日王冠で始動。


[2011/09/07(水)]
新潟記念優勝のナリタクリスタルは毎日王冠から天皇賞・秋へ。


[2011/09/03(土)]
新潟記念優勝のナリタクリスタルはオールカマーか毎日王冠から天皇賞・秋へ。


[2011/09/02(金)]
天皇賞・春5着以来のペルーサは毎日王冠をパスして天皇賞・秋へ直行。


[2011/09/01(木)]
安田記念17着のリーチザクラウンは毎日王冠で復帰しマイルCSを目指す。 日経賞10着の後、故障で休養していたビッグウィークは帰厩。毎日王冠か京都大賞典から天皇賞・秋へ。


[2011/08/31(水)]
安田記念2着のストロングリターン、3着のスマイルジャックは毎日王冠を視野に。


[2011/08/25(木)]
札幌記念2着のアクシオンは毎日王冠へ。宝塚記念12着のシンゲンは毎日王冠で復帰する予定。


[2011/08/19(金)]
関屋記念優勝のレインボーペガサスは毎日王冠へ。昨年の天皇賞・秋17着以来のエイシンアポロンが毎日王冠で復帰する予定。


[2011/08/16(火)]
関屋記念8着のアブソリュートは毎日王冠か富士ステークスへ。


[2011/08/12(金)]
骨折休養中のレッドデイヴィスは毎日王冠で復帰。安田記念17着のリーチザクラウンも毎日王冠で復活する。


[2011/08/11(木)]
関屋記念勝ちのレインボーペガサスは毎日王冠へ。安田記念8着のシルポートも毎日王冠へ。


[2011/08/05(金)]
宝塚記念7着のダノンヨーヨーは毎日王冠で始動。骨折休養中のレッドデイヴィスも毎日王冠で始動。


[2011/07/22(金)]
宝塚記念7着のダノンヨーヨーは毎日王冠から始動。大文字S勝ちのミッキードリームも放牧へ出て毎日王冠から始動。


[2011/07/15(金)]
宝塚記念12着のシンゲンは毎日王冠で始動予定。


[2011/07/08(金)]
宝塚記念12着のシンゲンはオールカマーか毎日王冠へ。


[2011/06/30(木)]
宝塚記念12着のシンゲンは毎日王冠へ。


[2011/06/29(水)]
天皇賞・春8着のペルーサは毎日王冠から始動。


[2011/06/14(火)]
エプソムカップ優勝のダークシャドウは秋に備える。毎日王冠から天皇賞・秋へ。


[2011/06/08(水)]
安田記念3着のスマイルジャックは放牧へ。毎日王冠で始動しマイルチャンピオンシップへ。


[2011/06/04(土)]
天皇賞・春8着ペルーサは宝塚記念を見送り、秋に備える。秋は毎日王冠から天皇賞・秋で去年2着の雪辱を晴らす。


[2010/10/10(日)]
10日(日)に東京競馬場で行われたG2毎日王冠(芝1800m)は福永騎手騎乗の6番人気アリゼオ(牡3・父シンボリクリスエス)が優勝。道中は中団内側で待機、直線で内側から鋭伸、8番人気エイシンアポロンをハナ差捕えた。3着は1.1/2馬身差で9番人気ネヴァブション。1番人気ペルーサはスタートの出遅れが響き5着。⇒毎日王冠結果(全着順&払戻)。アリゼオは通算7戦4勝で重賞は春のスプリングステークスに次いで2勝目。3歳馬による毎日王冠で3歳馬が優勝したのは22年前のオグリキャップまで遡る。各馬の天皇賞・秋への参戦に注目が集まる。


[2010/10/08(金)]
毎日王冠の枠順が発表された。⇒出馬表。(7)シルポートが本命。当日は馬場が渋って先行有利と想定。3走前、同じ東京芝1800mで行われたメイSでは1着のショウワモダン(後に安田記念優勝)の2着、そして2走前も同じく東京芝1800mで行われたエプソムカップでは逃げ粘るもセイウンワンダーとハナ差の2着。休養明けを挟んで先日オールカマーを一叩きされており、距離面からも上積みは十分。左回り連対率.667の実績で(7)から馬連総流し。


[2010/10/07(木)]
毎日王冠の過去10年の単勝人気別成績では、1番人気が1勝2着2回、3着1回と成績は良くない。2-4番人気も同じようなレートだが、5番人気の馬は3着内率50.0%。また6番人気以下からでも3着以内が10頭いるのは注目に値する。


[2010/10/06(水)]
毎日王冠は過去10年、前走安田記念組が7連対で最多。宝塚記念からは4連対。連対馬20頭中15頭がG1・4着以内。さらに直近過去6年は連対12頭中10頭がG1で3着以内とG1好走歴が顕著。そして連対馬20頭中16頭が芝重賞2勝以上。4-6歳馬が活躍しているが、とりわけ5歳馬が10連対。3歳馬は3着以内が1頭もいない。そして連対20頭中18頭は芝1800mで優勝経験あり。残りテレグノシスはNHKマイルC優勝、マグナーテンはマイル重賞2勝。


毎日王冠に登録のある次の3頭は回避:マッハヴェロシティ→オクトーバーS、アルシラート→テレビ静岡賞、コパノオーシャンズ→オパールS。


[2010/10/05(火)]
安田記念を制したショウワモダンは、秋初戦の毎日王冠に向け、9月中旬に帰厩して調整中。今回の結果次第で天皇賞・秋に参戦するかマイルチャンピオンシップへ進むか決定される。 アドマイヤメジャーは京都大賞典にも登録があるが、毎日王冠出走が濃厚。なお、主戦の川田騎手が騎乗停止のため鞍上は吉田隼人騎手の予定。


今年の毎日王冠は3歳の有力馬3頭(ペルーサ、アリゼオ、エイシンアポロン)が出走予定。3歳馬優勝は88年オグリキャップ優勝の21年前まで遡る。近年では3歳時に天皇賞・秋を制したバブルガムフェロー、ジャパンカップを制したエルコンドルパサーですら毎日王冠では土が付いている。


[2010/10/04(月)]
毎日王冠は天皇賞・秋からジャパンカップ、あるいはマイルチャンピオンシップを目指す馬が多数参戦、その過去の傾向として、同年の安田記念に出走した馬が結果を残している。過去10年、同年の安田記念に出走した馬は35頭いるが優勝6頭、2着7頭、3着3頭で勝率17.1%、連対率37.1%、3着内率は45.7%をマークし、その他の馬たちをはるかに上回る結果を残している。今年の安田記念出走馬からは優勝したショウワモダンや3着のスマイルジャックが参戦する予定。


[2010/10/03(日)]
毎日王冠の登録馬が発表された。⇒登録馬


[2010/10/01(金)]
ダービー6着のペルーサは安藤勝騎手とのコンビ復活で毎日王冠へ。ダービー13着のアリゼオは福永騎手との新コンビで毎日王冠へ。毎日王冠を見送ったアブソリュートは富士ステークスを目標に。調整が間に合わない場合は、マイルチャンピオンシップに直行も。


[2010/09/30(木)]
毎日王冠で復帰する予定だったアブソリュートは体調が整わないため同レースを回避。朝日CC3着のアドマイヤメジャーは京都大賞典か毎日王冠へ。


[2010/09/29(水)]
トウショウウェイヴは毎日王冠へ。オールカマー9着のシルポートは毎日王冠か富士Sへ。


[2010/09/23(祝)]
宝塚記念5着後、挫石で戦列を離れていたネヴァブションは毎日王冠で復帰。その後は天皇賞・秋、ジャパンカップが目標。来春は再び香港遠征の可能性も。NHKマイルC9着のエイシンアポロンは蛯名騎手で毎日王冠へ。23日には同騎手が栗東へ出張し、追い切りする予定となっている。


[2010/09/22(水)]
安田記念3着のスマイルジャックは毎日王冠で復帰。


[2010/09/16(木)]
宝塚記念5着のネヴァブション、札幌記念3着のアクシオンは毎日王冠へ。


[2010/09/09(木)]
エプソムC2着のシルポートはオールカマーか毎日王冠へ向かう。


[2010/09/08(水)]
安田記念優勝のショウワモダンは毎日王冠から始動する。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.