ニュージーランドトロフィー予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

ニュージーランドトロフィー 2013

【G2】中山競馬場・芝1600m


【愛知杯】繊細な牝馬達による、大波乱必至のハンデ重賞!!今年も一見すると中心馬不在の混戦ムードだが・・・!!『どうしても負けられない』ワケあり陣営から飛び込んできた、驚愕の厩舎事情!!この一頭だけは見逃し厳禁!!

 ニュージーランドトロフィーニュース・予想

[2013/04/06()]
6日(土)に中山競馬場で行われたG2・ニュージーランドトロフィー(芝1600m)は2番人気内田騎手騎乗のエーシントップ(牡3・父TaleOfTheCat)が道中先団追走から直線で伸びて、内を突いて伸びた3番人気レッドアリオンをクビ差抑え優勝。3着はハナ差で12番人気ストーミングスター。1番人気ゴットフリート出遅れが影響し9着。エーシントップは通算6戦5勝で重賞3勝目。デビュー3連勝で京王杯2歳S優勝後、朝日杯FSは8着に敗れたが、年明けのシンザン記念を快勝し重賞2連勝。⇒結果(全着順&払戻)


[2013/04/05(金)]
ニュージーランドトロフィーの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【ニュージーランドトロフィー2013競馬予想】比較的手堅く馬単で人気のでそうな(1)ゴットフリートと(12)エーシントップを厚めに(13)マイネルホウオウ、500万下条件勝ちの(4)レッドアリオン、(6)プリムラブルガリスの2頭を加え5頭20点で勝負。


【ニュージーランドトロフィー2013競馬予想(5)】ニュージーランドトロフィーでは過去5年、3着内馬全て牡馬であり、また3着内馬15頭中11頭が5番人気以内。比較的安定した馬券が期待できそう。


[2013/04/04(木)]
【ニュージーランドトロフィー2013競馬予想(4)】ニュージーランドトロフィーでは過去10年、JRAの重賞に初出走した際にキャリア2-4戦で臨んだ馬とこのNZTが初重賞挑戦だった馬が9勝2着10回と連対馬の殆どを占めている。


[2013/04/03(水)]
【ニュージーランドトロフィー2013競馬予想(3)】ニュージーランドトロフィーでは過去10年、優勝馬は前々走で4着以内。2着馬は前々走5着以下が8頭もおり過去の凡走は侮れず、前走の好走実績もチェックしたほうが良いだろう。




[2013/04/02(火)]
【ニュージーランドトロフィー2013競馬予想(2)】ニュージーランドトロフィーでは過去10年、連対馬20頭中16頭が前走1400m-1800m芝コースだった。また優勝馬10頭中9頭は芝1600m-2000m。連対の好走率では前走1400mか2000mが25%強を占める。


[2013/04/01(月)]
【ニュージーランドトロフィー2013競馬予想(1)】NHKマイルカップのトライアルレース、 ニュージーランドトロフィーは09年3着のジョーカプチーノ、11年3着のグランプリボス、12年優勝カレンブラックヒルとここ4年で3頭が本番のNHKマイルCに優勝。今年も上位馬で本番で優勝する馬がでるのか注目だ。


[2013/03/31()]
ニュージーランドトロフィーの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/03/28(木)]
スプリングS3着のマイネルホウオウは皐月賞へは向かわず、ニュージーランドトロフィーへ。


[2013/03/27(水)]
アネモネS3着のサクラディソールは横山典騎手でニュージーランドトロフィーへ。


[2013/03/22(金)]
ファルコンS9着のディアセルヴィスは、ニュージーランドトロフィーへ。500万下勝ちのワールンガもニュージーランドTへ。中山新馬勝ちのサトノテイオウは、山吹賞から復帰する予定。ゆりかもめ賞10着のアイズオンリーはデイジー賞へ。


[2013/03/21(木)]
500万下勝ちのワールンガはニュージーランドTへ。


[2013/03/20(祝)]
フローラルウォーク賞優勝のレッドアリオンは川須騎手でニュージーランドトロフィーへ。スプリングS14着のザラストロもニュージーランドTへ。


[2013/03/14(木)]
500万下勝ちのストーミングスターはニュージーランドトロフィーへ。同じく500万下勝ちのローガンサファイアはマーガレットSへ向かう。


[2013/03/13(水)]
500万下勝ちのガチバトルはニュージーランドトロフィーへ。




[2013/02/28(木)]
アーリントンC2着のカオスモスは岩田騎手でニュージーランドトロフィーへ。


[2013/02/21(木)]
500万下勝ちのサーストンニュースはスプリングステークスかニュージーランドトロフィーへ。


[2013/02/13(水)]
500万下勝ちのプリムラブルガリスはニュージーランドTへ。共同通信杯2着のゴットフリートはニュージーランドトロフィーからNHKマイルカップへ。


[2013/02/07(木)]
シンザン記念優勝のエーシントップは浜中騎手から内田騎手に乗り替わりニュージーランドトロフィーへ。主戦の浜中騎手はNZT当日にウラ開催の阪神牝馬Sでハナズゴールに騎乗。同馬はその後NHKマイルカップへ向かうが鞍上は未定。


[2013/01/30(水)]
シンザン記念優勝のエーシントップはニュージーランドトロフィーからNHKマイルカップへ。その後、イギリスG1のセントジェームズパレスステークス参戦プランもあったが、安田記念へ向かうものとみられる。


[2013/01/12()]
シンザン記念優勝のエーシントップは浜中騎手でニュージーランドトロフィーからNHKマイルカップへ向かうことになった。


[2012/04/07()]
7日(土)に中山競馬場で行われたG2・ニュージーランドトロフィー(芝1600m)は秋山騎手騎乗の1番人気カレンブラックヒル(牡3・父ダイワメジャー)がスタート良く好位に控えて最後の直線で早めに抜け出し、2番人気セイクレットレーヴに2馬身半差をつけデビューから3連勝で重賞初制覇。3着はハナ差で4番人気ブライトライン。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/04/06(金)]
ニュージーランドトロフィーの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【ニュージーランドトロフィー競馬予想】(3)セイクレットレーヴを本命。中山1600mで有利な内枠。上がりの競馬になりそうで好位からの差し脚が利きそう。(3)から馬連全流しで。


ジャスタウェイは感冒のためニュージーランドトロフィーを回避し、NHKマイルカップに直行する予定。


[2012/04/05(木)]
【ニュージーランドトロフィー競馬予想傾向と対策(5)】直近3年の08-10年に行われたニュージーランドトロフィーでは、3着内馬9頭中6頭が前走4角7番手以下で通過。内枠で差しや追込みタイプで中2週以内の馬は要チェック。




ダートで2連勝中のメイショウゾンビはニュージーランドTは見送り橘Sへ。


[2012/04/04(水)]
【ニュージーランドトロフィー競馬予想傾向と対策(4)】昨年の阪神開催を除く中山芝1600mで行われたニュージーランドTでは10番より外の馬が優勝1回、2着3回、3着2回と3着内馬27頭中わずか6頭。内枠が有利であることは否めない。


[2012/04/03(火)]
【ニュージーランドトロフィー競馬予想傾向と対策(3)】ニュージーランドトロフィーでは過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走から中2週以内ローテーション。該当馬は中3週以上の馬よりも出走馬が少ないが連対率では3倍の開きがある。ちなみにここ5年のNZTの優勝馬は全て中2週以内のローテ。


【ニュージーランドトロフィー競馬予想傾向と対策(2)】ニュージーランドトロフィーでは過去10年、3着以内馬30頭中27頭が前走5着以内。過去5年では3着内馬全て前走5着以内。かつ前走5着以内でそのレースがJRA重賞だった馬は好成績。基本は前走重賞5着以内からセレクト。


[2012/04/02(月)]
【ニュージーランドトロフィー競馬予想傾向と対策(1)】ニュージーランドトロフィーはNHKマイルCのトライアルレースで上位3頭まで優先出走権が与えられる。過去10年のニュージーランドTの傾向では優勝馬10頭中5頭が単勝6番人気以下で昨年優勝のエイシンオスマン単勝12番人気で3連単は27万8820円の波乱。


[2012/04/01()]
ニュージーランドトロフィーの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/03/29(木)]
ファルコンS優勝のブライトラインはニュージーランドトロフィーへ。毎日杯9着のバンザイ、11着のエアソミュールもニュージーランドTへ。


[2012/03/22(木)]
ファルコンS3着のサドンストームはニュージーランドトロフィーへ。8着のキングオブローもはニュージーランドTか橘Sへ。スプリングS9着のバンザイはニュージーランドTへ。


[2012/03/21(水)]
ファルコンS2着のレオンビスティーはニュージーランドTへ。4着のレオアクティブはニュージーランドトロフィーかマーガレットSへ。 ファルコンSを勝ったブライトラインはNHKマイルカップ直行かニュージーランドTを挟む。


[2012/03/16(金)]
フィリーズレビュー10着のコスモルーシーはニュージーランドトロフィーへ。フローラルウォーク賞勝ちのニシノスタイルはニュージーランドTへ。


[2012/03/14(水)]
500万下勝ちのマスイデアは桜花賞へ。除外ならニュージーランドTかスイートピーSへ。アーリントンC優勝のジャスタウェイはニュージーランドトロフィーからNHKマイルカップへ。その後は日本ダービーも視野に入れる。


[2012/03/06(火)]
黄梅賞勝ちのホーカーテンペストはニュージーランドトロフィーへ。


[2012/03/02(金)]
アーリントンC優勝のジャスタウェイはニュージーランドトロフィーへ。2着オリービンもニュージーランドTへ。 500万下勝ちのフェスティヴタローもニュージーランドTへ。


[2012/02/29(水)]
連勝中のカレンブラックヒルはニュージーランドTへ。


[2012/02/27(月)]
連勝中のカレンブラックヒルはニュージーランドトロフィーへ。


[2012/02/08(水)]
クロッカスS優勝のセイクレットレーヴはニュージーランドトロフィーへ。


[2011/12/21(水)]
朝日杯FS5着のダローネガはアーリントンカップからニュージーランドトロフィー、NHKマイルカップへ。


[2011/04/09(土)]
9日(土)に阪神競馬場で行われたG2・ニュージーランドトロフィー(芝1600m)は幸騎手騎乗の12番人気エイシンオスマン(牡3・父ロックオブジブラルタル)が中団やや前目から最後の直線で抜け出して7番人気エーシンジャッカルに1.1/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着はハナ差で1番人気グランプリボス。⇒ニュージランドトロフィー結果(全着順&払戻)


[2011/04/08(金)]
ニュージーランドトロフィーの枠順が発表された。⇒出馬表。(15)ラトルスネークから馬連で全流し。阪神の外回りで気持ちよく回れたら追込必至。末脚は現役3歳でも評価は高く、荒れ始めた内を避けて位置取りも有利。


[2011/04/07(木)]
ニュージーランドトロフィーでは直近2走以内に芝・ダート問わず、500万下の条件戦を勝利した馬が毎年連対。ニュージーランドTを目指すリアルインパクト。朝日杯FS2着以来だが今回からコンビを組む内田騎手を背にウッドで追い切りラスト12秒台で併せ。


[2011/04/06(水)]
スプリングS4着のグランプリボスはニュージーランドトロフィーからNHKマイルカップへ。ニュージーランドトロフィーは内枠ほど好走する傾向。今年は阪神で例年行われる中山と同じ坂のある競馬場だが果たしてどうなるか。


[2011/04/05(火)]
ニュージーランドトロフィーは、過去10年単勝オッズ4倍未満の10頭が7頭連対する一方、20倍以上の伏兵馬が2勝、2着5回。桜花賞を予定しているドナウブルーは除外の場合、ニュージーランドトロフィーへ。500万勝ちのエーシンジャッカルも岩田騎手でニュージーランドTへ。


[2011/04/04(月)]
スプリングS4着のグランプリボスは血統面から皐月賞を見送り、NHKマイルカップから安田記念へ。ニュージーランドT参戦は未定。ニュージーランドトロフィーはNHKマイルカップのトライアルレース。昨年2着のダイワバーバリアンは本番のNHKマイルCでも2着。過去10年では単勝4倍未満の10頭中7頭が連対。一方単勝20倍以上から2勝、2着5回もあり伏兵馬でも目が離せない。


[2011/04/03(日)]
ニュージーランドトロフィー登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/03/31(木)]
スプリングS16着のアドマイヤサガスはニュージーランドトロフィーへ。


[2011/03/30(水)]
ファルコンS2着のスギノエンデバーはニュージーランドトロフィーへ。朝日杯FS2着以来のリアルインパクトはニュージーランドTで復帰。共同通信杯3着のディープサウンドもニュージーランドトロフィーへ。


[2011/03/26(土)]
500万を勝ちのエーシンジャッカルはニュージーランドトロフィーへ。若葉S9着のリキサンマックスはニュージーランドTへ。


[2011/03/25(金)]
若葉S3着のダノンシャークは和田騎手ニュージーランドトロフィーへ。


[2011/03/24(木)]
500万勝ちのエーシンジャッカルはニュージーランドトロフィーへ。


[2011/03/23(水)]
ファルコンS4着のロビンフットはニュージーランドトロフィーへ。


[2011/03/22(火)]
東北関東大震災の影響で3/27まで中止決定していた中山競馬は引き続き4/17まで中止に。そして中山で実施予定だったニュージーランドトロフィーは4/9(土)阪神で行われる。


[2011/03/09(水)]
黄梅賞を勝ったオメガブレインはニュージーランドTへ。


[2011/03/02(水)]
アーリントンC4着のラトルスネークは福永騎手でニュージーランドトロフィーへ。アーリントンC2着のキョウエイバサラはニュージーランドTからNHKマイルカップへ。


[2011/02/22(火)]
こぶし賞勝ちのアルティシムスはNHKマイルカップを目標にニュージーランドTや毎日杯を経由。


[2011/02/16(水)]
共同通信杯13着のロビンフットはニュージーランドトロフィーへ。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.