オークス予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

オークス 2013

【G1】東京競馬場・芝2400m


【セントライト記念】例年、本番に直結しない菊花賞トライアル!!今年は特に、ここ本番の陣営と叩き台の陣営の思惑がクッキリ!!某陣営は「ウチのはGIがどうとかの器じゃない。ここを確実に獲りに行く」と断言!!この夏を順調に越せなかった有力馬も多く、今年も大波乱必至!!

 オークスニュース・予想

[2013/05/19()]
19日(日)に東京競馬場で行われたG1・優駿牝馬(オークス)は9番人気武幸四郎騎手騎乗のメイショウマンボ(牝3・父スズカマンボ)が道中中団待機から最後の直線で一気に抜け出し、5番人気エバーブロッサムに1.1/4馬身差でG1初制覇。3着は2馬身差で道中最後方から追い込んだ1番人気デニムアンドルビー。4着は1.1/4馬身差で3番人気桜花賞馬アユサン、5着は1.3/4馬身差で17番人気フロアクラフト。メイショウマンボは通算7戦4勝で重賞はフィリーズレビューに続く2勝目。武幸四郎騎手は7年ぶりソングオブウィンドで菊花賞優勝以来のG1制覇。結果(全着順&払戻)


[2013/05/18()]
オークスの前日最終オッズは以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 3-5 デニムアンドルビー 3.9
2 1-1 レッドオーヴァル 5.2
3 2-4 アユサン 6.6
4 8-16 クロフネサプライズ 8.2
5 3-6 サクラプレジール 10.3
6 7-13 エバーブロッサム 11.1
7 5-9 ローブティサージュ 12.2
8 8-18 トーセンソレイユ 20.9
9 2-3 メイショウマンボ 25
10 7-14 プリンセスジャック 29.6
11 8-17 スイートサルサ 36.1
12 7-15 セレブリティモデル 37
13 5-10 リラコサージュ 37.4
14 4-7 ティアーモ 44.4
15 6-11 クラウンロゼ 62.4
16 1-2 ブリュネット 90.8
17 6-12 フロアクラフト 102.1
18 4-8 ブリリアントアスク 182.4



オークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【オークス2013競馬予想】(5)デニムアンドルビーから馬連全流し。内田騎手が先週に続きG1連勝となるか注目。確実に伸びる末脚でロスなく内を回りながらあとは最後の直線でうまく外に出せるかがカギだが、広い東京競馬場なら問題なく、前走フローラSで実証済。ディープ産駒が上位人気を占めそうだがこの馬にかけてみたい。


[2013/05/17(金)]
【オークス2013競馬予想(11)】オークスの枠順ならびに調教後馬体重が以下の通り発表された。
馬名 馬体重 前走 (差)
1-1 レッドオーヴァル 432←430 (+2)
1-2 ブリュネット 476←462 (+14)
2-3 メイショウマンボ 492←468 (+24)
2-4 アユサン 492←484 (+8)
3-5 デニムアンドルビー 434←432 (+2)
3-6 サクラプレジール 492←474 (+18)
4-7 ティアーモ 440←432 (+8)
4-8 ブリリアントアスク 442←434 (+8)
5-9 ローブティサージュ 442←436 (+6)
5-10 リラコサージュ 406←408 (-2)
6-11 クラウンロゼ 460←448 (+12)
6-12 フロアクラフト 482←476 (+6)
7-13 エバーブロッサム 476←466 (+10)
7-14 プリンセスジャック 480←464 (+16)
7-15 セレブリティモデル 486←478 (+8)
8-16 クロフネサプライズ 464←458 (+6)
8-17 スイートサルサ 468←462 (+6)
8-18 トーセンソレイユ 424←416 (+8)



【オークス2013競馬予想(12)】トーセンソレイユはディープインパクトの半妹。父は春の2冠馬ネオユニヴァースでダービー馬ロジユニヴァースなどクラシックホースを3頭輩出。  プリンセスジャックは94年にオークス2着のゴールデンジャックの仔のダイワメジャー産駒。半兄にサイドワインダー。キングカメハメハ産駒のセレブリティモデルは母がマンハッタンカフェの全妹。2年前のエリンコートと同じ忘れな草賞優勝からの挑戦。




[2013/05/16(木)]
【オークス2013競馬予想(10)】オークスに出走予定の血統から予想。昨年の3冠牝馬となったジェンティルドンナはディープインパクトで、まずその代表格が桜花賞馬アユサン。母父がストームキャットで米国の大種牡馬。好成績が続くのが特長で勢いで2冠達成もあり得る。桜花賞2着のレッドオーヴァルは半兄が昨年の安田記念馬ストロングリターン。兄は父がシンボリクリスエスだがレッドオーヴァルはディープ産駒でより適性度は高いだろう。そしてフローラSを制したデニムアンドルビーはこの代表産駒。母父がキングカメハメハで、ダービー馬同士という血統は芝2400mを難なくこなせる超優良血統。近親にはエリザベス女王杯優勝馬でドバイWC2着のトゥザヴィクトリー。フローラS2着のエバーブロッサムはヴィクトリアマイル優勝馬エイジアンウインズの半妹。直線勝負なら決め手で勝ち負け必至。


オークスに出走予定だったレッドジゼルは熱発のため回避。秋に備える。


[2013/05/15(水)]
【オークス2013競馬予想(9)】オークス競馬予想のまとめ。距離に関してはほとんどの馬が芝2400mに関して未経験となるため、芝マイル以上で連対経験があれば問題なく直近5年の連対馬10頭中8頭は芝1800m以上のレースに出走し6頭が優勝。そして連対馬20頭中18頭がキャリア4-8戦で残り2頭06年優勝のカワカミプリンセスが3戦3勝、09年2着のレッドディザイアは3戦2勝で桜花賞2着からの参戦。基本はキャリアが4戦以上と考えていいだろう。また過去10年連対馬20頭中9頭が最低着順が3着。連対馬20頭中18頭が3着内率7割以上。G1で10着以下を経験した馬の連対はなく巻き返しは厳しい。


桜花賞16着のクラウンロゼは馬場入りを再開。レース後に挫石のため、馬場入りを控えていたが予定通りオークスに出走する予定。オークスに出走予定のデニムアンドルビーが凱旋門賞に登録。オークスの内容次第での遠征を決定する。出走するとなれば日本3歳牝馬として史上初。


[2013/05/14(火)]
【オークス2013競馬予想(8)】オークスの競馬予想まとめ。連対馬20頭中15頭が前走桜花賞。うち10頭が桜花賞で4着以内のオークス優先出走権を持って臨んだ馬。残り5頭中3頭が桜花賞1-2番人気。もともと人気のあったクロフネサプライズ(1番人気4着)、レッドオーヴァル(2番人気2着)、トーセンソレイユ(3番人気7着)までは要警戒。別路線の残り5頭中3頭はフローラS3着以内で3番人気以内だった。残り2頭はOP特別1着からの参戦。06年スイートピーステークス優勝から参戦したカワカミプリンセスや11年忘れな草賞優秀から臨んだエリンコート。また連対馬20頭中13頭が重賞Vあり。残り7頭中6頭も重賞2着かOPで優勝経験があった。例外の1頭は11年2着のピュアブリーゼ。


[2013/05/13(月)]
オークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬。【オークス2013競馬予想(7)】また合わせてオークスのプレレーティングが発表され上位10頭は以下のとおりとなっている。
順位 馬名 性齢 ポンド 該当レース
1 アユサン 牝3 110 桜花賞1着(アルテミスS2着)
2 レッドオーヴァル 牝3 109 桜花賞2着
3 クロフネサプライズ 牝3 108 チューリップ賞1着(阪神ジュベナイルフィリーズ2着)
4 メイショウマンボ 牝3 106 フィリーズレビュー1着
5 デニムアンドルビー 牝3 105 フローラS1着
6 クラウンロゼ 牝3 104 アネモネS1着
6 プリンセスジャック 牝3 104 桜花賞3着(阪神ジュベナイルフィリーズ6着)
8 エバーブロッサム 牝3 103 フローラS2着
8 サクラプレジール 牝3 103 フラワーC1着
8 スイートサルサ 牝3 103 クイーンC2着



[2013/05/12()]
【オークス2013競馬予想(6)】オークスでは過去5年、直近2走の単勝人気で優勝馬6頭は前々走と前走ともに1番人気だった馬が4勝。近走の人気もチェックしておこう。


[2013/05/11()]
【オークス2013競馬予想(5)】オークスでは過去5年、3着内馬15頭中10頭が5番人気以内。そして枠番別傾向では外目の7-8枠に連対馬の半数である5頭がいる。


[2013/05/10(金)]
【オークス2013競馬予想(5)】オークスでは過去10年、2番人気以内が4勝2着4回。半数以上は期待を裏切っているともいえる。また、3着馬の6頭が6-9番人気である点は3連複、3連単購入時にはチェックしておいたほうがいいだろう。


[2013/05/09(木)]
【オークス2013競馬予想(4)】オークスでは過去10年、前走4角10番手以下の馬が5勝2着5回3着6回。前走差しか追い込み馬には注目したい。




デビュー3連勝で迎えた桜花賞16着でオークスに出走予定のクラウンロゼは右前脚の挫石が判明。今週末まで様子を見て出否が決められる見通し。


[2013/05/08(水)]
【オークス2013競馬予想(3)】オークスでは過去10年、前走2番人気以内が9勝2着4回と優秀。前回の着順も然ることながら事前の人気をチェック。このオークスで人気を落としていたら狙い目かも。


[2013/05/07(火)]
【オークス2013競馬予想(2)】オークスでは過去10年、優勝馬11頭(10年同着優勝)は、いずれも直近3走以内にOPクラスで優勝あり。連対馬でも17頭を占める。出走頭数はOP勝ち鞍ありが81頭で、なしが97頭と直近3走以内での勝ち鞍は最重要チェックポイントとなろう。


[2013/05/06()]
【オークス2013競馬予想(1)】3歳牝馬クラシック第二冠オークス。桜花賞から800m延長され2400mで実施され比較的距離適性から桜花賞の好走馬がオークスでも好走するとは限らない。近年は10年にサンテミリオンとの同着優勝となったアパパネと、昨年優勝のジェンティルドンナが秋華賞も制して牝馬三冠を達成。過去にはそのほか09年優勝のブエナビスタや05年優勝のシーザリオ、06優勝のカワカミプリンセスなどのちのG1を制した馬も多くいる。


[2013/05/05()]
オークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬。。


[2013/05/02(木)]
桜花賞15着のコレクターアイテムは左トモの肉離れのためオークスを回避し秋に備えることになった。


[2013/05/01(水)]
フローラS2着のエバーブロッサムはオークスへ。スイートピーS2着のフロアクラフトもオークスへ。


[2013/04/30(火)]
忘れな草賞優勝のセレブリティモデルは田中勝騎手でオークスへ。桜花賞7着のトーセンソレイユはオークスへ。フローラS3着のブリュネットは和田騎手でオークスへ。


[2013/04/28()]
28日(日)に東京競馬場で行われたオークストライアル・OP特別・スイートピーS(芝1800m)は3番人気田中勝騎手騎乗のリラコサージュ(牝3・父ブライアンズタイム)が道中先団を追走して最後の直線で伸びると、6番人気フロアクラフトに半馬身差をつけ優勝。3着は3馬身差で5番人気ダイワストリーム。1番人気ディープサウスは直線精彩を欠き11着。勝ったリラコサージュは通算6戦2勝。


[2013/04/25(木)]
フローラS優勝のデニムアンドルビー、6着のスイートサルサはオークスへ。




[2013/04/24(水)]
フローラS3着のブリュネットはオークスへ。未勝利勝ちでペルーサの半妹パシャドーラ(牝3・父ハーツクライ)はカーネーションカップへ。


[2013/04/18(木)]
桜花賞2着のレッドオーヴァルはオークスへ。鞍上はアユサンに騎乗していたC・デムーロ騎手に決定。桜花賞で騎乗したM・デムーロ騎手の短期免許期間が切れるため。なお、C・デムーロ騎手で桜花賞を制したアユサンには丸山騎手が騎乗する。


[2013/04/17(水)]
桜花賞5着のローブティサージュは秋山騎手から岩田騎手へ乗り替りオークスへ。


[2013/04/12(金)]
桜花賞5着のローブティサージュ、15着のコレクターアイテムはオークスへ。


[2013/04/11(木)]
桜花賞優勝のアユサンは手綱が丸山騎手に戻りオークスへ。桜花賞で騎乗する予定だったが前日の福島競馬で落馬。腰椎横突起骨折と診断され、C・デムーロ騎手へと乗り替りになっていた。症状は軽く、今回オークスでコンビ復活となる。桜花賞7着のトーセンソレイユもオークスへ。4着のクロフネサプライズもオークスが有力。


[2013/04/10(水)]
桜花賞3着のプリンセスジャック、10着のメイショウマンボはオークスへ。忘れな草賞優勝のセレブリティモデルもオークスへ。桜花賞2着のレッドオーヴァル、4着のクロフネサプライズはオークスもしくはNHKマイルカップへ。


[2013/03/29(金)]
フラワーカップ優勝のサクラプレジールは桜花賞を回避、オークスを目標に調整。


[2013/03/27(水)]
ミモザ賞優勝のセキショウはフローラステークスかオークスTRのスイートピーステークスへ。500万下勝ちのテンシンランマンは田中勝騎手でフローラSへ。


[2013/03/21(木)]
フラワーC4着のエクスパーシヴはオークストライアルのいずれかへ。クイーンC優勝のウキヨノカゼは疲労が抜けずに桜花賞を回避を宣言していたが、左前脚に不安が生じオークスも回避。春は全休して秋の秋華賞を目標に調整することとなった。


[2013/03/15(金)]
フィリーズレビュー8着のタンスチョキンは忘れな草賞へ。


[2013/03/13(水)]
オークス馬エリンコート(牝5・父デュランダル)の現役引退が決定、社台ファームで繁殖入りすることとなった。通算18戦4勝で一昨年500万下、忘れな草賞を連勝後にオークスを制した。しかしながらその後は勝ち星に恵まれなかった。


[2013/03/08(金)]
クイーンC優勝のウキヨノカゼは疲れが抜けきらず桜花賞を回避することとなった。今後はオークスを目標に調整される。


[2013/02/13(水)]
クイーンC3着のイリュミナンスは桜花賞は断念して放牧へ。オークストライアルからオークスを目指す。3着同着のジーニマジックはアネモネSへ。クイーンC8着のオーキッドレイは君子蘭賞へ。


[2012/05/20(日)]
20(日)に東京競馬場で行われたG1・オークス(芝2400m)は、3番人気川田騎手騎乗の桜花賞馬ジェンティルドンア(牡3・父ディープインパクト)が道中中団やや後方から最後の直線で外へ持ち出し2番人気ヴィルシーナに5馬身差を付ける圧勝でクラシック2冠を達成。3着は3/4馬身差で9番人気アイスフォーリス。1番人気ミッドサマーフェアは13着。⇒結果(全着順&払戻)。ジェンティルドンナは通算6戦4勝で重賞3勝目。父ディープインパクト産駒はオークス初制覇、マイルG1以外で初のG1制覇となった。


[2012/05/19(土)]
オークスの前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 4-8 ミッドサマーフェア 3.7
2 5-9 ヴィルシーナ 3.9
3 7-14 ジェンティルドンナ 5.6
4 1-1 アイムユアーズ 7.9
5 5-10 ハナズゴール 13.8
6 3-5 メイショウスザンナ 18.5
7 4-7 ダイワズーム 18.5
8 8-16 キャトルフィーユ 21.4
9 2-3 アイスフォーリス 26.8
10 2-4 オメガハートランド 30.2
11 8-17 トーセンベニザクラ 31
12 6-12 エピセアローム 55.4
13 8-18 ココロチラリ 55.8
14 7-13 サンシャイン 58.5
15 3-6 ダイワデッセー 68.1
16 1-2 マイネエポナ 69.5
17 7-15 サンキューアスク 90.1



オークス枠順・出馬表。【オークス競馬予想】距離延長歓迎の(8)ミッドサマーフェア、(9)ヴィルシーナの馬単ウラオモテで本命。あと2頭からそれぞれ(14)ジェンティルドンナ、(1)アイムユアーズ、(16)キャトリフィーユの3頭を馬連流しで合計8点勝負。


[2012/05/18(金)]
オークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表


オークスの枠順、および調教後馬体重が以下の通り発表された。
馬名 馬体重 前走 (差)
1-1 アイムユアーズ 448 450 (-2)
1-2 マイネエポナ 434 432 (+2)
2-3 アイスフォーリス 452 458 (-6)
2-4 オメガハートランド 422 408 (+14)
3-5 メイショウスザンナ 462 448 (+14)
3-6 ダイワデッセー 480 474 (+6)
4-7 ダイワズーム 454 448 (+6)
4-8 ミッドサマーフェア 454 452 (+2)
5-9 ヴィルシーナ 442 434 (+8)
5-10 ハナズゴール 420 414 (+6)
6-11 チェリーメドゥーサ 432 428 (+4)
6-12 エピセアローム 466 460 (+6)
7-13 サンシャイン 418 414 (+4)
7-14 ジェンティルドンナ 468 456 (+12)
7-15 サンキューアスク 490 484 (+6)
8-16 キャトルフィーユ 450 442 (+8)
8-17 トーセンベニザクラ 434 428 (+6)
8-18 ココロチラリ 462 462 (0)



【オークス競馬予想傾向と対策(11)】史上13頭目となる牝馬クラシック2冠制覇を狙う桜花賞馬ジェンティルドンナは栗東坂路単走4F52.5-12秒3をマーク。熱発後のチューリップ賞は4着に敗れたものの前走桜花賞では調子をあげて優勝。問題は初陣から5戦全てがマイル戦で2400m戦がどうか。桜花賞2着のヴィルシーナは3頭併せで5F64.2--11.4をマーク。先週栗東CWで6F84.1-11.8とびっしり追われており、今週は強め程度。桜花賞3着アイムユアーズは、美浦Pで日本ダービー出走予定のアルフレードと僚馬の3頭併せで並入、5F65.4-11.7をマーク。フローラS覇者ミッドサマーフェアは美浦坂路を馬なりで4F48.8-12秒5の一番時計。忘れな草賞完勝のキャトルフィーユは栗東芝で3頭併せ、馬なりで並入、6F82.5-11.6をマーク。


[2012/05/17(木)]
【オークス競馬予想傾向と対策(10)】オークス馬注目は桜花賞馬ジェンティルドンナ15日(火)に栗東坂路4F65.1。1週前でびっしり坂路4F51.4をマークしており順調。2着のヴィルシーナは、距離延長大歓迎。クイーンCで左回りを経験しており、オークスを目標にローテーションを組んできただけに注目。もう一頭ミッドサマーフェアが注目。桜花賞は賞金不足で出走できなかったが、オークストライアルのサンケイスポーツ賞フローラSを圧勝。父は名牝ウオッカと同じタニノギムレットで、オーナーはドバイのモハメド殿下。前走のフローラSは道中折り合って、直線鋭く反応して瞬く間に先頭へ出てからは2着アイスフォーリスに2馬身半差のV。この3頭は要注意だ。


オークスに出走予定だったパララサルーは16日の追い切り後、挫石を発症したため回避。未勝利、菜の花賞、アネモネSを3連勝し、前走の桜花賞は9着だった。 今後は放牧に出され、クイーンSかローズSで復帰し秋華賞を目指す。


[2012/05/16(水)]
【オークス競馬予想傾向と対策(9)】オークスの過去の傾向からは桜花賞馬ジェンティルドンナと、2着ヴィルシーナがフローラS優勝馬ミッドサマーフェアは面白い。1600m以下のみの実績となるジョワドヴィーヴルやアイムユアーズ、サウンドオブハートはこられに次ぐ。


【オークス競馬予想傾向と対策(8)】オークス過去10年傾向まとめ。オークスでは過去10年、複勝率50%以上の馬が多く、連対馬20頭中19頭が2勝以上馬で、12頭が重賞Vあり。残り8頭中7頭が重賞2着かOP特別勝ち。例外は昨年2着のピュアブリーゼ(前走フローラS3着)。オープン実績はあればあるほど心強い。また、19頭が2勝以上しており、1勝馬は厳しい。基本的に桜花賞組が中心で 連対20頭中前走桜花賞組が15連対。また前走桜花賞からの連対馬15頭中6頭が桜花賞6着以下からの巻き返しで、うち5頭が桜花賞5番人気以内だった。桜花賞組以外の5頭中3頭は前走フローラSで3頭すべてフローラS3着以内。残る2頭はともに前走オープン特別で1着で昨年のオークス馬エリンコート(忘れな草賞)と06年オークス馬カワカミプリンセスで前走スイートピーSを3連勝で制している。


[2012/05/15(火)]
【オークス競馬予想傾向と対策(7)】オークス注目はやはり桜花賞馬ジェンティルドンナ。主戦の岩田騎手がNHKマイルカップで走行妨害で騎乗停止となり、川田騎手が騎乗する。第72代桜花賞馬ジェンティルドンナが、父ディープインパクトの血受け継ぎ、オークスで史上13頭目となる牝馬クラシック2冠制覇なるか。血統的には先日ヴィクトリアマイルで同じ厩舎所属の全姉ドナウブルーが優勝馬ホエールキャプチャから半馬身差の2着。


[2012/05/14(月)]
オークスのプレレーティングが以下の通り発表。
ジェンティルドンナ 110
ヴィルシーナ 109
アイムユアーズ 108
ハナズゴール 108
ミッドサマーフェア 105
オメガハートランド 104
パララサルー 104
メイショウスザンナ 104
エピセアローム 103
プレノタート 103
サンシャイン 102
ダイワズーム 102
トーセンベニザクラ 102



オークスの登録馬は22頭。オークスでTR出走権を得た馬はもちろん、現時点でOP勝ちや重賞2着など本賞金を加算した馬は出走でき、500万下勝ちからも5頭中1頭が出走可能。


[2012/05/13()]
オークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


オークスに出走するサンシャインは柴田善騎手が騎乗。予定していた後藤騎手が落馬負傷し、来週の騎乗も取り止めとなったため。


[2012/05/11(金)]
【オークス競馬予想傾向と対策(6)】オークスでは過去の傾向から桜花賞トライアルに出走しなかった馬が毎年必ずオークスで連対と好成績をあげている。桜花賞トライアルはチューリップ賞、フィリーズレビュー、アネモネSの3レース。たとえば昨年は優勝のエリンコート、2着のピュアブリーゼ2頭ともに桜花賞TRに出走しておらず、一昨年はサンテミリオン、3年前はオークス2着のレッドディザイアが桜花賞TRに参戦していない。若い牝馬、そして1600mから2400mの距離延長と負荷のかかる要素が大きく、ローテーションも重要な要因となりそうだ。


NHKマイルC7着のハナズゴールのオークス出否は来週まで持ち越される。中1週となるため体調次第ではダービー参戦も視野にあるが、目標はオークスとなる。オークスへ向かう場合は鞍上は引き続き田辺騎手。


[2012/05/10(木)]
【オークス競馬予想傾向と対策(5)】オークスでは過去10年、連対馬20頭中15頭が前走桜花賞。で桜花賞2着以内の馬は過去10年で16頭が出走し、4勝2着2回3着2回で3着内率50%。桜花賞2着以内とはいえ、半分はオークス本番で4着以下に敗れている。また桜花賞3着以下からオークス本番で巻き返した馬は過去10年で12頭おり、桜花賞6着以下でオークス3着以内は7頭も存在。たとえば02年優勝のスマイルトゥモロー(桜花賞6着)、04年優勝のダイワエルシエーロ(桜花賞7着)、08年優勝のトールポピー(桜花賞8着)など。ちなみにこの3頭のオークスはいずれも桜花賞出走以前に重賞V経験あり。また桜花賞5番人気以内だった馬が好成績で、桜花賞で上位人気も掲示板を外した馬は巻き返しに期待が持てるかも。


NHKマイルCで落馬負傷した後藤騎手は頸椎骨折の疑いと診断され、今週のヴィクトリアマイルでのアニメイトバイオなどの騎乗は取り止めたが、次週から復帰する予定でオークスではサンシャインに騎乗。


NHKマイルC7着のハナズゴールは予定通りオークスへ。


[2012/05/09(水)]
【オークス競馬予想傾向と対策(4)】オークスでは過去10年、前走桜花賞から臨んだ馬が優勢。昨年は桜花賞馬マルセリーナが4着、桜花賞2着のホエールキャプチャが3着、フローラS優勝のバウンシーチューンが17着と荒れ、優勝は忘れな草賞優勝のエリンコート、2着馬フローラS3着のピュアブリーゼと昨年こそ例外に当てはまるが基本は前走桜花賞が有利。過去10年の優勝馬で桜花賞以外からオークスに臨んだ馬は06年優勝のカワカミプリンセス(スイートピーS)、10年同着優勝のサンテミリオン(フローラS)、11年優勝のエリンコート(忘れな草賞)の3頭のみ。


[2012/05/08(火)]
【オークス競馬予想傾向と対策(3)】桜花賞馬ジェンティルドンナはNHKマイルCで走行妨害、失格、騎乗停止となった岩田騎手から川田騎手に乗り替わりオークスへ。シンザン記念はルメール騎手で優勝し、その後は岩田騎手が手綱を取ってチューリップ賞は4着だったが、桜花賞を制した。オークスの過去の傾向では過去10年でテン乗りでのオークス制覇はない。ディープインパクト産駒唯一の重賞2勝馬がジンクスを打ち破り2冠制覇なるか注目が集まる。


【オークス競馬予想傾向と対策(2)】オークスでは圧倒的人気の支持を得た単勝3倍未満の馬は6頭中、連対は3頭と50%で人気の割にはいまいち安定感に欠ける。また単勝1倍台は4頭で同じく連対率が50%。5倍未満で12頭いるがそれでも連対はわずかに4頭。一方、単勝5-15倍未満のなかで連対馬8頭が輩出されており、しかも39頭中8頭が連対と、そこそこ人気のある馬の好走率は高い。ちなみに過去10年のオークスで、8番人気以下の馬の優勝はない。


[2012/05/07(月)]
【オークス競馬予想傾向と対策(1)】牝馬三冠の一つオークスは東京芝2400mで行われるが、ほとんどの出走馬が未経験の距離。昨年1番人気の桜花賞馬マルセリーナは4着。ちなみに過去10年の二冠馬はスティルインラブ、ブエナビスタ、アパパネの3頭。


[2012/05/06()]
オークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


NHKマイルCで6位入線のマウントシャスタはシゲルスダチの走行を妨害し失格。鞍上の岩田騎手は5/12から5/20までの開催日4日間の騎乗停止となりヴィクトリアマイルのマルセリーナ、オークスのジェンティルドンナは騎乗できなくなった。失格扱いは1988年有馬記念でスーパークリークなどの例はあるが、91年の降着制度導入後にG1レースでの失格がでたのは初。


NHKマイルCで2番人気岩田騎手騎乗のマウントシャスタは最後の直線で16番人気後藤騎手騎乗のシゲルスダチの進路を妨害し落馬、競走中止の原因を作ったとして失格となった。後藤騎手、岩田騎手のオークス、日本ダービーの騎乗が微妙な状況となった。


[2012/05/03(祝)]
NHKマイルCに登録し出否が未定だったハナズゴールは出走が決定。チューリップ賞を制し、桜花賞直前で蹄球部負傷し回避せざるを得なくなったが、その後NHKマイルCか、オークスを視野に調整が進められていて今回追い切り後の状態も問題ないと判断された。


[2012/05/02(水)]
スイートピーS優勝のダイワズーム、2着のココロチラリは予定通りオークスへ。


[2012/04/29(祝)]
29日(祝)に東京競馬場で行われたオークスTR・3歳牝馬限定OP・スイートピーステークス(芝1800m)は北村宏騎手騎乗の2番人気ダイワズーム(牝3・父ハーツクライ)が3番人気ココロチラリに3/4馬身差をつけ3連勝。3着は3/4馬身差で1番人気サトノジュピター。


[2012/04/27(金)]
NHKマイルCに登録のハナズゴールは最終追い切り後に出否を決定。出走する場合は田辺騎手、回避しオークスへ向かう場合は藤岡佑介騎手が騎乗。


[2012/04/26(木)]
フローラS優勝のミッドサマーフェアは引き続き蛯名騎手でオークスへ。


[2012/04/20(金)]
忘れな草賞勝ちのキャトルフィーユはM・デムーロ騎手から福永騎手に乗り替りオークスへ。


[2012/04/19(木)]
フローラSに登録のあるセシリアは回避しオークスTRスイートピーSへ。


[2012/04/18(水)]
フローラSに登録のプレノタートは回避しオークスTRスイートピーSへ。


[2012/04/17(火)]
チューリップ賞を制し桜花賞直前に蹄球部を負傷で回避したハナズゴールは藤岡佑介騎手でオークスか、NHKマイルカップへ。


[2012/04/14(土)]
阪神JFを制し桜花賞1番人気で6着だった2歳牝馬女王ジョワドヴィーヴル(牝3・父ディープインパクト)が、右第1趾骨近位骨折と判明し全治6ケ月以上の見通し。ブエナビスタの半妹という超良血が残るオークス、秋華賞と続く牝馬3冠から姿を消すことになった。


[2012/04/13(金)]
桜花賞14着のプレノタートはオークスへ。


[2012/04/12(木)]
忘れな草賞勝ちのキャトルフィーユはオークスへ。桜花賞5着のメイショウスザンナ、10着のサンシャイン、13着のマイネエポナもオークスへ。


[2012/04/11(水)]
桜花賞6着のジョワドヴィーヴルはオークスへ。壁に右後肢をぶつけて負傷し桜花賞を回避したハナズゴールは栗東から美浦へ帰厩。今後は状態を見ながら馬場入りを再開し、オークスへ向け調整。桜花賞優勝のジェンティルドンナ、2着ヴィルシーナ、7着ファインチョイス、8着トーセンベニザクラ、9着パララサルー、15着エピセアロームはオークスへ。デイジー賞勝ちのダイワズームはオークスTRスイートピーSへ。マーガレットS6着のマスイデアもスイートピーSへ。


[2012/04/10(火)]
桜花賞3着のアイムユアーズはウィリアムズ騎手でオークスへ。


[2012/04/08()]
8日(日)に阪神競馬場で行われたG1・桜花賞(芝1600m)は、岩田騎手騎乗の2番人気ジェンティルドンナ(牝3・父ディープインパクト)が道中中団に待機して最後の直線で抜け出し、4番人気ヴィルシーナに半馬身差を付けG1初制覇。3着は半馬身差で3番人気アイムユアーズ。4着は5番人気サウンドオブハート、5着は11番人気メイショウスザンナ。1番人気ジョワドヴィーヴルは6着。⇒結果(全着順&払戻)。ジェンティルドンナは通算5戦3勝。全姉は京都牝馬Sを制したドナウブルー(牝4)。


[2012/04/07(土)]
7日(土)に阪神競馬場で行われた3歳牝馬OP・忘れな草賞(芝2000m)はM・デムーロ騎手騎乗の1番人気キャトルフィーユ(牝3・父ディープインパクト)が道中好位から最後の直線で抜け出し、8番人気タガノミュルザンヌに1馬身半差をつけ優勝。3着はクビ差で2番人気クッカーニャ。キャトルフィーユは通算6戦2勝。中山牝馬Sを制したレディアルバローザの半妹にあたる。


[2012/04/04(水)]
マーガレットS6着のマスイデアはオークスTRスイートピーSへ。


[2012/03/14(水)]
500万下勝ちのマスイデアは桜花賞へ。除外ならニュージーランドTかオークスTRスイートピーSへ。


[2012/02/08(水)]
春菜賞4着のシャンボールフィズは放牧へ。桜花賞は断念しオークスを目標に。


[2011/05/22(日)]
22日(日)に東京競馬場で行われたG1・オークス(芝2400m)は後藤騎手騎乗の7番人気エリンコート(牝3・父デュランダル)が中団から直線で伸び、逃げる8番人気ピュアブリーゼをクビ差交わし優勝。3着はハナ差で2番人気ホエールキャプチャ。4着は2馬身半差で1番人気マルセリーナ。エリンコートは3連勝で通算9戦4勝、重賞初制覇となった。⇒オークス結果(全着順&払戻)


[2011/05/21(土)]
オークス前売り単勝オッズではマルセリーナ 2.4倍で1番人気、2番人気がホエールキャプチャで3.5倍、3番人気がバウンシーチューンで8.6倍、4番人気がグルヴェイグで9.1と続く。


オークス枠順。22日(日)の東京は降水確率50%と雨が降る可能性が十分にある。ただ前日まで晴れでどの程度まで馬場が荒れるかだが、やや重程度で収まるとみた。本命は(9)マルセリーナ、(12)ホエールキャプチャの馬単ウラオモテ。過去の傾向から桜花賞1,2着の実績、末脚、血統からこの2頭が抜けている。未知の距離と馬場状態が不安要素だが、重馬場のフローラステークスを優勝した(3)バウンシーチューン、そして幸運にも出走権を得たエアグルーヴの仔(16)グルヴェイグまで含め(3)(9)(12)(16)の馬連BOX、計8点勝負。


[2011/05/20(金)]
オークスの枠順が発表された。⇒出馬表。オークスの過去10年の傾向から、良馬場だった年は単勝6番人気以下の3着内率も5.6%。良馬場なら上位人気の決着の傾向だが、良馬場以外の年は1番-3番人気の3着以内は昨年同着優勝のアパパネのみ。あいにく東京の天気は20日(金)現在で雨の予報。今回は天気も馬券も荒れるかどうか注目。


[2011/05/19(木)]
オークスの枠順、および調教後馬体重が以下の通り発表された。
枠-番 馬名 今回←前回 (増減)
1-1 ハブルバブル 448←440 (+8)
1-2 メデタシ 432←420 (+12)
2-3 バウンシーチューン 428←412 (+16)
2-4 エリンコート 466←458 (+8)
3-5 カルマート 488←478 (+10)
3-6 サイレントソニック 445←446 (-1)
4-7 ライステラス 456←460 (-4)
4-8 マイネソルシエール 450←448 (+2)
5-9 マルセリーナ 454←452 (+2)
5-10 デルマドゥルガー 482←470 (+12)
6-11 アカンサス 432←428 (+4)
6-12 ホエールキャプチャ 452←454 (-2)
7-13 シシリアンブリーズ 466←458 (+8)
7-14 スピードリッパー 456←456 (0)
7-15 ハッピーグラス 448←448 (0)
8-16 グルヴェイグ 440←442 (-2)
8-17 マイネイサベル 460←448 (+12)
8-18 ピュアブリーゼ 440←434 (+6)



オークスの過去10年の連対馬20頭中19頭が4角5番手以下だった。例外は04年優勝のダイワエルシエーロのみ。ゴール前の直線が長いこともあって、レース序盤から先頭や先団につけるタイプが苦戦を強いられている。週末の東京は曇りで良馬場が予想されるが、良馬場なら4角4番手以内の連対はなく差し、追込に有利なようだ。


[2011/05/18(水)]
オークスを予想する上で、前走桜花賞が優位だが、前走桜花賞以外の場合はオークスTR・フローラステークスに出走していた馬が比較的好成績。昨年のオークスで1着同着だったサンテミリオンや3着のアグネスワルツも前走フローラS。そして、前走桜花賞以外で4着以下だった馬はオークスで3着以内に入っていない。


[2011/05/17(火)]
今年で72回目を迎える優駿牝馬(オークス)。昨年のオークスは、アパパネとサンテミリオンによるJRA・GI 史上初の1着同着。そのオークスの傾向として、オークストライアル(フローラS、スイートピーS)を経由してきた馬と桜花賞直行組との傾向はどうなのか、過去10年では桜花賞からの直行組が中心で、まずオークス過去10年の3着以内馬30頭中20頭が前走桜花賞で優勝が8頭、2着7頭、3着5頭。また桜花賞優勝馬は3着内率7割強と優秀。マルセリーナには有利な数字。ついで桜花賞1、2番人気」だった馬の3着内率はそれぞれ5割超。桜花賞優勝馬はもちろん、桜花賞前の評価も考慮。しかし今年のオークスでいえば、桜花賞優勝が2番人気のマルセリーナで、1番人気は2着のホエールキャプチャということで、オークスの前評価もこの2頭が中心になるだろう。


あと、桜花賞での上がり3Fは上位3位以内の好走率も高いが今年は先の2頭がともに34.3だったが、3着のトレンドハンターが1位で34.2。しかしトレンドハンターはレース後に故障が発生し、引退を余儀なくされた。かつ、この前回の桜花賞で上がり34秒台で駆け上がったのは4着のメデタシ(34.8)までの4頭のみ。オークス


[2011/05/16(月)]
オークスのプレレーティングが発表。上位はマルセリーナ 110(桜花賞1着)、ホエールキャプチャ 108(桜花賞2着)、マイネイサベル 104(クイーンC2着)、メデタシ 104(桜花賞4着)バウンシーチューン 102(フローラS1着)、アカンサス 101(スイートピーS1着)、スピードリッパー 101(フィリーズレビュー2着)など4頭。またオークスに出走予定のピュアブリーゼは落馬負傷の内田騎手から柴田善騎手へ乗替。


[2011/05/15(日)]
オークスの登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/05/13(金)]
オークス登録のマヒナは疲れが抜けないため回避。


[2011/05/09(月)]
トーセンレーヴは日本ダービー


[2011/05/08(日)]
オークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出馬表


[2011/05/06(金)]
高松宮記念15着のワンカラットは挫石で京王杯SCをパスしCBC賞へ。


[2011/05/04(祝)]
スイートピーS優勝のアカンサスは短期放牧を挟みオークスへ。


[2011/05/01(日)]
1日(日)に東京競馬場で行われたオークスTR・スイートピーS(3歳牝・OP・芝1800m)は後藤騎手騎乗の2番人気アカンサス(牝3・父フジキセキ)が中団から直線鋭伸、1番人気シシリアンブリーズをクビ差おさえ優勝。3着は2馬身半差で4番人気マイネクイーン。アカンサスは通算4戦2勝、オークスへの優先出走権を得た。


[2011/04/28(木)]
桜花賞3着後に骨折したトレンドハンターは手術を行わない方向。桜花賞9着のフレンチカクタスはヒザの故障のため休養。両頭ともにオークスで注目されていたが秋華賞へ向け復帰したいところ。オークス、日本ダービー安田記念当日に行われる東京第12Rは『被災地支援競走』として、のぞみ賞、つばさ賞、ひかり賞として実施。


[2011/04/27(水)]
フローラS2着のマイネソルシエール、5着のマイネイサベルはオークスへ。


[2011/04/23(土)]
23日(土)に東京競馬場で行われたオークスTR・G2・フローラS(芝2000m)は三浦騎手騎乗の9番人気バウンシーチューン(牝3・父ステイゴールド)が道中後方追走から最後の直線で伸び、15番人気マイネソルシエールをアタマ差つけ重賞初制覇。3着はクビ差で3番人気ピュアブリーゼ。1番人気ダンスファンタジアは13着。優勝したバウンシーチューンは前走未勝利勝ちをしたばかりで通算5戦2勝。⇒フローラステークス結果(全着順&払戻)。この上位三頭にはオークスへの優先出走権が与えられる。


[2011/04/21(木)]
桜花賞17着のマルモセーラは5/4に行われる交流G2兵庫CSかオークスTRスイートピーSへ。


[2011/04/20(水)]
フローラSに登録しているオースミマイカは次週のオークスTR・スイートピーSへ。忘れな草賞6着のシシリアンブリーズもスイートピーSへ。


[2011/04/15(金)]
忘れな草賞を勝ったエリンコートは引き続き後藤騎手でオークスへ。


[2011/04/14(木)]
桜花賞優勝のマルセリーナはオークス後に英国遠征プランが浮上。桜花賞10着のスピードリッパーはオークスへ。12着のライステラスは丸山騎手でオークスへ。


[2011/04/13(水)]
桜花賞を制したマルセリーナは無事一夜を明け、オークスで2冠を目指す。2着のホエールキャプチャ、6着のハブルバブル、7着のダンスファンタジア、11着のデルマドゥルガーもオークスへ。桜花賞17着のマルモセーラはオークスTR・スイートピーSへ。


[2011/04/12(火)]
忘れな草賞勝ちのエリンコートはオークスへ進む。


[2011/04/11(月)]
桜花賞優勝のマルセリーナ。新種牡馬ディープインパクト産駒はG1初制覇となった。また鞍上の安藤勝騎手は桜花賞4勝目で、51歳13日でのクラシック制覇は一昨年のオークスで優勝した自身の最年長記録を更新。ちなみにG1最年長優勝記録は岡部幸雄元騎手がシンボリクリスエスで天皇賞・秋を制した時の53歳11ヶ月28日。また管理する松田博調教師は93年ベガ、09年ブエナビスタに続き桜花賞3勝目とした。 オークスでも記録更新に期待がかかる。


[2011/04/10(日)]
オークスへの試金石ともなるG1桜花賞(芝1600m)が4/10(日)に阪神で行われ、単勝2番人気安藤勝己騎手騎乗のマルセリーナ(牝3・父ディープインパクト)が道中後方待機から最後の直線で最内から外に持ち出し、馬群を割って抜け出し、追い込む1番人気ホエールキャプチャに3/4馬身退け重賞初制覇で優勝。3着はさらに3/4馬身差で4番人気トレンドハンター。マルセリーナは通算4戦3勝。父はディープインパクトで母は仏G1馬のマルバイユという良血。デビュー戦を勝利した後、2戦目で牡馬に揉まれたシンザン記念で3着(1着は毎日杯優勝のレッドデイヴィス、2着はスプリングS優勝のオルフェーヴル)で、3戦目はエルフィンSを勝って約2カ月ぶりのレースだった。⇒桜花賞結果(全着順&払戻)。上位4頭にはオークスへの優先出走権が与えられる。


10日(日)に阪神競馬場で行われた3歳牝馬限定OP・忘れな草賞(芝2000m)は後藤騎手騎乗の2番人気エリンコート(牝3・父デュランダル)が道中中団から最後の直線伸びて7番人気ハッピーグラスに半馬身差をつけ優勝。3着は1.1/4馬身差で12番人気オースミマイカ。エリンコートは通算8戦3勝、オークス出走へ弾みをつけた。


[2011/04/05(火)]
船橋のスクランブルエッグは南関東G1ステップ競走出走馬として選出。オークスTRスイートピーSへ。


[2011/03/31(木)]
フラワーC3着のマヒナはフローラSへ。4着のマイネイサベルはフローラステークスからオークスへ。


[2011/03/11(金)]
こぶし賞6着のアドマイヤセプターは桜花賞は断念し、オークスを目標に。


[2010/12/16(木)]
オークス馬トールポピーの全妹で阪神JF4着のアヴェンチュラは右前第三手根骨骨折が判明で全治6ヶ月。姉妹オークス制覇は厳しい状況に。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.