オーシャンステークス予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

オーシャンステークス 2013

【G3】中山競馬場・芝1200m


今年はより一層大混戦で高配当が見込める☆安田記念☆スプリント王に3歳馬、G1未勝利馬に外国馬と難解な国際競走!!大混戦からスピードよりもスタミナが要求される東京競馬場を突きぬけるのはこの馬だ!

 オーシャンステークスニュース・予想

[2013/03/02()]
2日(土)に中山競馬場で行われたG3・オーシャンステークス(G3・芝1200m)は2番人気横山典騎手騎乗のサクラゴスペル(牡5・父サクラプレジデント)が道中先団から最後の直線で抜け出して、連れて追い上げた1番人気ダッシャーゴーゴーに半馬身差をつけ3連勝で重賞初制覇。3着は1馬身1/4差で7番人気ツルマルレオン。 サクラゴスペルは通算通算15戦7勝とした。⇒結果(全着順&払戻)


[2013/03/01(金)]
オーシャンステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【オーシャンステークス2013競馬予想】前残りと内枠有利を考慮して上位人気を買う。(3)ハクサンムーン、(5)ダッシャーゴーゴー、(8)サクラゴスペルに(7)アドマイヤセプターを加え、4頭馬単BOXで勝負。


[2013/02/28(木)]
【オーシャンステークス2013競馬予想(4)】オーシャンSでは過去5年、5番人気以下の連対が6連対と荒れ気味。そして6歳以上が6連対と高齢馬の活躍が目立つ。


[2013/02/27(水)]
【オーシャンステークス2013競馬予想(3)】オーシャンステークスでは過去7年、前走4角先頭馬は連対ゼロ。2-5番手が6連対、5-9番手が5連対(全て2着)、10番手以下は3勝2着ゼロ。しかしここ3年は前走4角10番手以下の馬が3連勝中。またオーシャンSの過去7年、直近3走の芝1400m以下重賞の出走回数別成績をチェックすると、連対率が高いのは3回連続1400m以下の出走だった馬。連対数では2回の馬も最多の5連対。ちなみに過去3年の連対馬6頭すべて2回以上。


[2013/02/26(火)]
【オーシャンステークス2013競馬予想(2)】オーシャンステークスでは過去7年、単勝別の人気を分析すると、1番人気がわずか1連対。2,3番人気はそれぞれ2連対。4番人気が連対ゼロ。一方5-9番人気が6連対で10番人気以下が3連対。休養明けで臨む馬も多く、また多頭数で争われるケースが多いので、人気に惑わされない方がいいかもしれない。




[2013/02/25(月)]
【オーシャンステークス2013競馬予想(1)】オーシャンステークスは8回目。春のスプリント決定戦、高松宮記念へ向かう各馬の激突に注目。10年優勝のキンシャサノキセキが高松宮記念を制覇。またキンシャサノキセキは11年にオーシャンS2着から、高松宮記念連覇を達成。12年4着のカレンチャンも高松宮記念で優勝と、春のスプリント王座決定戦に向け重要な前哨戦。


[2013/02/24()]
オーシャンステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/02/15(金)]
京洛S4着のツルマルレオンは戸崎騎手とのコンビでオーシャンステークスへ。


[2013/02/07(木)]
阪神C7着のアドマイヤセプターは福永騎手でオーシャンステークスへ。


阪神C7着のアドマイヤセプターは阪急杯かオーシャンステークスへ。


[2013/02/06(水)]
京洛S4着のツルマルレオンはオーシャンステークスへ。


[2013/01/31(木)]
阪神C7着のアドマイヤセプターは阪急杯かオーシャンステークスへ。


[2013/01/30(水)]
シルクロードS2着のダッシャーゴーゴー、15着のアイラブリリはオーシャンステークスへ。シルクロードS4着のマジンプロスパーは阪急杯かオーシャンSへ。


[2013/01/29(火)]
香港スプリントを制したロードカナロアはオーシャンステークスか阪急杯で始動する予定。その後はドバイゴールデンシャヒーンか高松宮記念へ。


[2013/01/25(金)]
ラピスラズリS優勝のサクラゴスペルはオーシャンステークスへ。




[2013/01/22(火)]
サンライズS勝ちのラフレーズカフェはオーシャンステークスへ。


[2012/12/19(水)]
京阪杯優勝のハクサンムーンはオーシャンステークスへ。


[2012/12/13(木)]
香港スプリント優勝のロードカナロアはオーシャンステークスで始動する予定。その後高松宮記念で秋春スプリント制覇を狙うかドバイ・ゴールデンシャヒーンへ向かう。


[2012/11/28(水)]
京阪杯優勝のハクサンムーンは年内は休養しオーシャンステークスから高松宮記念を目指すことになった。


[2012/03/03(土)]
3日(土)に中山競馬場で行われたG3・オーシャンステークス(芝1200m)は9番人気藤岡佑介騎手騎乗のワンカラット(牝6・父ファルブラヴ)が道中中団から最後の直線で馬群を割って抜け出し、5番人気グランプリエンゼルに3/4馬身差をつけ優勝。3着はクビ差で14番人気ベイリングボーイ。1番人気カレンチャンは4着。⇒結果(全着順&払戻)。ワンカラットは通算24戦5勝で重賞は3歳時のフィリーズレビュー、4歳時の函館SS、キーンランドCに続き4勝目。


[2012/03/02(金)]
オーシャンステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【オーシャンステークス競馬予想】カレンチャンに人気が集中しそうだがここは中山1200mで内枠有利。最近安定度に欠けるが内枠にはG1常連馬がいる(1)ジョーカプチーノ、(2)ワンカラット、(3)ダッシャーゴーゴーの3頭馬単BOX。


[2012/03/01(木)]
【オーシャンステークス競馬予想傾向と対策(4)】オーシャンステークスでは過去10年の前走G2G3が6勝2着8回。前走G1は4頭が出走し2着が1回であとは4着以下。そして前走1600万下だった馬が3勝(02年ショウナンカンプ、08年プレミアムボックス、09年アーバニティ)しているが、いずれもそのレースで勝っている。またオーシャンSでは過去5走前までに、単勝2番人気ながら4着以下に敗れた馬が毎年連対。近走で期待を裏切った馬でも決して侮れない。


オーシャンS登録のカレンチャンは参戦が決定。2/29(水)に栗東坂路で4F53秒台とまずまず。オーシャンS回避のリディルは球節炎を発症し高松宮記念も回避してしばらく休養。


[2012/02/29(水)]
【オーシャンステークス競馬予想傾向と対策(3)】オーシャンステークスは過去10年で単勝10倍未満が7勝2着5回、3着は4回だけなので3連複や3連単購入時は要注意かもしれない。


オーシャンS登録のあるラインブラッドは回避して東風Sへ。




[2012/02/28(火)]
【オーシャンステークス競馬予想傾向と対策(2)】オーシャンステークスでは過去10年、5歳馬が5勝、2着2回、3着3回で好走率も高い。次いで4歳馬が3勝、2着3回、3着3回。中心は4,5歳か。


[2012/02/27(月)]
【オーシャンステークス競馬予想傾向と対策(1)】7回目と歴史の浅いオーシャンステークスは春のスプリントチャンピオンを決める高松宮記念の前哨戦。重賞でなかったころの02年、ショウナンカンプがオーシャンSを優勝してその後の高松宮記念を制覇。ここ2年は10年オーシャンS優勝で11年2着だったキンシャサノキセキが高松宮記念を連覇。


[2012/02/26()]
オーシャンステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/02/24(金)]
エーシンヴァーゴウはアルクオーツスプリントの招待を受諾。次走オーシャンステークス次第で出走予定。


[2012/02/23(木)]
高松宮記念直行予定だったカレンチャンはオーシャンSを挟むプランが浮上。


[2012/02/16(木)]
淀短距離S4着のワンカラットはオーシャンステークスへ。シルクロードS4着のツルマルレオンはオーシャンSへ。


[2012/02/14(火)]
骨折明けのシルクロードSで4着だったツルマルレオンはオーシャンステークスへ。


[2012/02/10(金)]
香港スプリント14着後に骨折が判明したパドトロワは来週帰厩しオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2012/02/03(金)]
京阪杯6着以来のジョーカプチーノは内田騎手とのコンビでオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2012/02/01(水)]
シルクロードS2着のエーシンダックマン、、5着のグランプリエンゼル、15着のエーシンヴァーゴウはオーシャンステークスへ。香港スプリント14着後骨折したパドトロワは順調に回復しており高松宮記念を目標にオーシャンSへ。


[2012/01/26(木)]
伏見S勝ちのメモリアルイヤーはオーシャンステークスへ。


[2012/01/19(木)]
京阪杯6着のジョーカプチーノはオーシャンステークスへ。JBCスプリント3着のダッシャーゴーゴーはもオーシャンSへ。


[2012/01/02(祝)]
スプリンターズS3着のエーシンヴァーゴウはシルクロードステークスからオーシャンステークスの後、高松宮記念ドバイへ。


[2011/12/15(木)]
JBCスプリント3着のダッシャーゴーゴーはオーシャンステークスへ。


[2011/12/01(木)]
京阪杯6着のジョーカプチーノはシルクロードステークスかオーシャンステークスへ。


[2011/11/05()]
JBCスプリント3着のダッシャーゴーゴーは年内は休養しオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2011/03/05(土)]
5日(土)に中山競馬場で行われた高松宮記念の前哨戦、G3・オーシャンS(芝1200m)は川田騎手騎乗の3番人気ダッシャーゴーゴー(牡4・父サクラバクシンオー)が道中中団から直線伸びて、2番人気キンシャサノキセキに3/4馬身差をつけ優勝、重賞2勝目を飾った。3着はハナ差で1番人気レッドスパーダ。ダッシャーゴーゴーは通算13戦4勝。⇒オーシャンステークス結果(全着順&払戻)


[2011/03/04(金)]
オーシャンステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。一息入れて気合十分の(5)ダッシャーゴーゴーと鉄砲成績が良く先行力のある(9)レッドスパーダの馬単ウラオモテが本命。あとは59kgを背負う(10)キンシャサノキセキだがとりあえず2頭と組み合わせでワイドで押さえ、以上4点で勝負。


[2011/03/03(木)]
オーシャンステークスでは過去5年の3着以内馬15頭中8頭がダート優勝経験あり。馬場が悪くなったりすればこの傾向はさらに強まるかもしれない。オーシャンS登録のフィフスペトルは東風Sへ向かう。


[2011/03/02(水)]
オーシャンステークスでは過去5年、良馬場の際は外枠が連絡みし、良馬場以外なら内枠が連に絡んでいる。小回りの中山であることが馬場の有利不利にも影響しそうだ。


[2011/03/01(火)]
オーシャンステークスでは過去5年、出走馬80頭中36頭が前走シルクロードSだが2着4回。3着一回と平凡な成績。しかし、連対率では4割、3着内率では33.3%なので決して侮れない。


[2011/02/28(月)]
高松宮記念の試金石オーシャンステークスでは昨年覇者キンシャサノキセキが次走の高松宮記念で優勝。そして配当面では三連単が5年連続10万円超え。そんな過去5年の3着以内馬15頭中、10頭は単勝6番人気以下。高配当に大いに期待したい。


[2011/02/27(日)]
オーシャンステークスの登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/02/24(木)]
京都牝馬S13着のベストロケーションは木幡騎手でオーシャンステークスへ。


[2011/02/19(土)]
アポロフェニックスはオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2011/02/04(金)]
NHKマイルC6着後、骨折のため戦列を離れていたエーシンホワイティはオーシャンステークスで復帰する予定。キンシャサノキセキは阪急杯を見送りオーシャンステークスから高松宮記念。リスポリ騎手が騎乗。


[2011/02/03(木)]
京都牝馬S13着のベストロケーションはオーシャンステークスへ。


[2011/02/02(水)]
シルクロードS3着のモルトグランデはオーシャンステークスへ。2着のアーバニティもオーシャンS経由で高松宮記念へ。


[2011/01/28(金)]
淀短距離S9着のショウナンアルバはオーシャンステークスへ。


[2011/01/20(木)]
京阪杯10着のダッシャーゴーゴーはオーシャンステークスへ。


[2011/01/13(木)]
淀短距離S8着のアポロドルチェはオーシャンステークスへ。


[2011/01/05(水)]
スプリンターズS5着のワンカラットはオーシャンステークスか阪急杯から高松宮記念へ。


[2010/12/31(金)]
京阪杯10着のダッシャーゴーゴーはオーシャンステークスで始動し高松宮記念を目指す予定。


[2010/11/09(火)]
オーシャンステークスは3/5(土)に中山競馬場芝1200mで行われる。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.