無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

ラジオNIKKEI杯2歳ステークス 2012

【G3】阪神競馬場・芝2000m


【皐月賞】桜花賞は波乱、皐月賞も粒ぞろいで混戦必至!負けられないロゴタイプは距離が不安視!そこに刺客発見!?

 ラジオNIKKEI杯2歳ステークスニュース・予想

[2012/12/22()]
22日(土)に阪神競馬場で行われた2歳G3・ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(阪神芝2000m)は1番人気福永騎手騎乗のエピファネイア(牡2・父シンボリクリスエス)が道中3番手をキープしながら最後の直線で外から交わし、先行していた5番人気バッドボーイに半馬身差をつけデビュー3連勝で重賞初制覇。3着はクビ差で2番人気キズナ。3番人気ラウンドワールドは6着に沈んだ。エピファネイアは前走京都2歳Sを制しておりOP2勝目。母は日米オークスを制したシーザリオ。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/12/21(金)]
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス競馬予想】少頭数の7頭の戦い。(6)キズナと(7)エピファネイアの一騎打ちの様相。この2頭が来年の春のクラシック戦線を賑わすのは間違いなさそう。(1)ラウンドワールドは休養明けで割り引き。(6)(7)馬連1点勝負で。


[2012/12/20(木)]
【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス競馬予想(4)】ラジオNIKKEI杯2歳Sでは過去10年優勝馬は9番以内。9番以内の馬は2着7回、3着8回と過去10年の3着内馬30頭中25頭が9番以内で比較的内枠が有利。これも前述のように阪神内回りの影響と考えられる。


新馬勝ちのヘルデンテノールはラジオNIKKEI杯2歳Sは回避してジュニアCへ。サンカルロの半弟。


[2012/12/19(水)]
【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス競馬予想(3)】ラジオNIKKEI杯2歳Sでは過去10年、3着内馬30頭中25頭が前走4角5番手以内。ただ5番手以内でも上がり3Fがそのレースで4位以下の馬は好走率が低くなっている。いずれにしても阪神芝2000mは内回りで先行有利。直線もしぶとく粘れる脚をもっている馬が勝ち負けしそうだ。今年のラジオNIKKEI杯2歳Sで注目は新馬、OP特別連勝中で日米オークス馬シーザリオの仔エピファネイア、そして新馬、500万連勝中でG1・3勝のファレノプシス半弟、キズナのとの対決が注目。いずれも末脚が炸裂し2戦ともに圧勝しておりその豪脚は目が離せない。あとはキズナと同じディープ産駒で札幌2歳S4着のラウンドワールドなどが注目。ラジオNIKKEI杯2歳Sに登録のオツウは万両賞へ回る。




[2012/12/18(火)]
【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス競馬予想(2)】ラジオNIKKEI杯2歳Sでは過去10年、3着以内馬30頭中28頭が前走2着以内で例外は07年優勝のサブジェクト10年優勝のダノンバラード。圧倒的に前走重視。そしてその前走2着以内で同レースに3着以内に食い込んだ馬の条件別成績では格の高いレースほど好走率が高く前走重賞で連対した馬やOP特別で連対した馬は注意したい。格低の前走新馬か未勝利戦の勝ち馬の場合、2着馬に0.3以上のタイム差をつけた馬は、3着内率が35%と好走しており、1勝馬の見極めは着差をチェックしてみるといいかもしれない。


[2012/12/17(月)]
【ラジオNIKKEI杯2歳ステークス競馬予想(1)】過去10年のラジオNIKKEI杯2歳Sでは出走馬129頭中、その後にG1を制した馬が10頭、G1・3着内馬が24頭もいる。代表馬は今年皐月賞菊花賞を制したゴールドシップは昨年2着。09年優勝のヴィクトワールピサは皐月賞有馬記念のほか、ドバイワールドカップも制した。また08年優勝のロジユニヴァースは日本ダービーを、2着のリーチザクラウンは同じくその年の日本ダービー2着。


[2012/12/16()]
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/12/05(水)]
葉牡丹賞4着のリアルマイスターはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/12/04(火)]
未勝利勝ちのアクションスターはルメール騎手とのコンビでラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/11/27(火)]
デビュー2連勝中でG1・3勝の牝馬ファレノプシスの半弟キズナ(牡2・父ディープインパクト)は主戦の佐藤哲騎手が落馬負傷し騎乗できなくなったために、武豊騎手に乗り替わりラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/11/26(月)]
京都2歳S優勝のエピファネイアはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/11/22(木)]
東京スポーツ杯2歳S5着のバッドボーイはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/11/21(水)]
東京スポーツ杯2歳S7着のミヤジタイガはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


未勝利勝ちのアドマイヤドバイはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。新馬勝ちで休養していたアドマイヤオウジャはエリカ賞へ。




[2012/11/15(木)]
アドマイヤドバイはラジオNIKKEI杯2歳Sへ。


[2012/11/12(月)]
黄菊賞を勝ってデビュー2連勝のキズナはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。ファレノプシスの半弟で注目を集めている。


[2012/10/31(水)]
萩S優勝のインパラトールは一息入れられてラジオNIKKEI杯2歳ステークスかきさらぎ賞へ。 2着のトーセンパワフルは黄菊賞へ。新馬勝ちのサンライズバードは京都2歳Sへ。ヒラボクディープは葉牡丹賞へ。マイアイポイントは兵庫ジュニアグランプリへ。


[2012/10/25(木)]
新馬戦を勝ったシーザリオの仔・エピファネイアは京都2歳SからラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/10/11(木)]
札幌2歳ステークス2着のラウンドワールドはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。7着のトーセンパワフルは萩Sへ。未勝利勝ちのバッドボーイはきんもくせい特別へ。


[2012/10/09(火)]
新馬勝ちでファレノプシスの半弟キズナは黄菊賞からラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/09/05(水)]
札幌2歳S2着のラウンドワールドは1戦挟んで暮れのラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2012/07/01(日)]
1日(日)に福島競馬場で行われたG3・ラジオNIKKEI賞(芝1800m)は2番人気戸崎騎手騎乗のファイナルフォーム(牡3・父ディープインパクト)が道中好位追走から最後の直線半ばで1番人気ヤマニンファラオを交わし2馬身差をつけ重賞初制覇。3着は半馬身差で16番人気オペラダンシング。ファイナルフォームは通算5戦3勝。4カ月前の未勝利勝ちから前走500万下を勝ち今回重賞初挑戦で重賞初V。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/06/30(土)]
ラジオNIKKEI賞前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 3-6 ファイナルフォーム 4.2
2 2-4 ヤマニンファラオ 4.8
3 5-10 アーデント 6.2
4 4-7 サンレイレーザー 8.0
5 8-15 メイショウカドマツ 9.9
6 4-8 ローレルブレット 11.8
7 7-13 ロードアクレイム 11.9
8 1-2 ウイングドウィール 15.9
9 1-1 ショウナンカンムリ 25.6
10 2-3 クリールカイザー 27.3
11 7-14 ダイワマッジョーレ 29.8
12 6-12 タイセイグルーヴィ 34.7
13 6-11 ハイクラウン 56.7
14 5-9 ドリームトレイン 72.5
15 8-16 ビービージャパン 74.2
16 3-5 オペラダンシング 74.8



[2012/06/29(金)]
ラジオNIKKEI賞の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【ラジオNIKKEI賞競馬予想(4)ヤマニンファラオと(7)サンレイレーザーが本命対抗。(4)は先日宝塚記念で善戦したマウントシャスタと白百合Sで出走し負けはしたが2着、前々走はダービー2着のフェノーメノと青葉賞出走しフェノーメノは優勝したが、同馬は4着と善戦。実績は上位であろう。あとは両馬から(14)ダイワマッジョーレ、(15)メイショウカドマツ、(16)ビービージャパンの3頭を流し、計7点勝負。




[2012/06/28(木)]
【ラジオNIKKEI賞競馬予想傾向と対策(4)】 ラジオNIKKEI賞は半年以内で2勝以上している、いわば上昇馬がほぼ毎年連対している。このラジオNIKKEI賞自体、春のクラシック戦線を歩んできた馬と、クラシック戦線には間に合わず、上昇してきた馬のぶつかり合いでもある。


[2012/06/27(水)]
【ラジオNIKKEI賞競馬予想傾向と対策(3)】ラジオNIKKEI賞は過去10年、関東馬6勝2着5回3着7回、関西馬は4勝2着5回3着7回とほぼ互角だが、過去10年で出走した関西馬は関東馬の出走馬の半分程度のため好走率は高い。また、騎手別成績では関西所属騎手が2勝2着1回3着2回と劣っているように見えるが好走率では関東所属騎手を大きく上回る。


[2012/06/26(火)]
ラジオNIKKEI賞は過去10年、単勝10倍未満が7勝2着5回。連対馬20頭中12頭と6割を占めるが、4割は10倍以上から輩出。3着馬も過去10年で半分の5頭が10倍以上。3着内馬の約半分が10倍以上。


[2012/06/25(月)]
2年ぶりに福島競馬場で行われる3歳ハンデ重賞、ラジオNIKKEI賞。06年からラジオたんぱ賞から名称とともににハンデ戦に変更。昨年は単勝1-3番人気の3頭が3着までを独占したが、昔から伏兵の台頭が多くみられる。


[2012/06/24(月)]
ラジオNIKKEI賞の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬。。


[2012/06/22(金)]
小豆島特別を勝ったサンレイレーザーはラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/31(木)]
白百合S2着のヤマニンファラオはラジオNIKKEI賞へ。未勝利勝ち後、弥生賞4着で500万下を勝ったソルレヴァンテもラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/30(水)]
500万下勝ちのドリームトレインはラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/24(木)]
オークス17着のマイネエポナはマーメイドステークスかラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/11(金)]
プリンシパルS2着のローレルブレットはラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/09(水)]
京都新聞杯6着のショウナンカンムリはラジオNIKKEI賞を視野に。プリンシパルS7着のハイクラウン、9着のクリールカイザーもラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/03(祝)]
500万下勝ちのプレミアムブルーはラジオNIKKEI賞へ。


[2012/05/02(水)]
ひめさゆり賞勝ちのダイワマッジョーレは間に1戦挟むかラジオNIKKEI賞へ直行。


[2011/12/24(土)]
24日(土)に阪神競馬場で行われたG3・ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(芝2000m)はルメール騎手騎乗の4番人気アダムスピーク(父ディープインパクト)が道中中団から前目をキープしながら最後の直線で抜け出し、外から猛追した3番人気ゴールドシップに1馬身半差をつけデビュー2連勝で重賞初制覇。3着はハナ差で2番人気グランデッツァ。⇒結果(全着順&払戻)


[2011/12/23(祝)]
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。札幌2歳S優勝馬(13)グランデッツア、2着の(3)ゴールドシップ、新馬勝ちの(2)アダムスピークの馬単BOX。朝日杯FS2着のマイネルロブストが札幌2歳Sで3着で先着した(13)(3)の二頭はレース運びからも2歳馬でも一つ抜けた存在。


[2011/12/22(木)]
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは過去の傾向から1-3番と7-9番枠が高い好走率で1-3番は過去10年で3着内率4割強で連対馬が20頭中9頭。直線が短い阪神芝2000mで内枠が有利な傾向が顕著に出ている。


[2011/12/21(水)]
未勝利勝ちのマイネルエクレウスはラジオNIKKEI杯2歳Sを回避し、京成杯へ。


ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで過去の優勝馬10頭は前走500万下ぱOP特別、重賞のいずれかに出走。500万クラスからは5頭の連対馬、OPクラスはやはり好走率が高い。直近5年のラジオNIKKEI杯2歳Sでは、優勝馬5頭中前走GIが1頭、G3が2頭、OPが2頭。


[2011/12/20(火)]
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスでは過去10年、優勝馬10頭中7頭が新馬戦1800m以上のデビュー。特に06年以降直近5年はデビュー1800m以上のクラスが5連勝中。


[2011/12/19(月)]
ラジオNIKKEI杯2歳ステークスは以前、ラジオたんぱ杯2歳Sの名称で行われていたが、06年から現在の名称に変更。1週前に朝日杯フューチュリティS(1600m)が行われるがこのレースは2000mで3歳クラシック戦線に直結するケースも多々ある。過去10年の優勝馬からは、02年優勝のザッツザプレンティが菊花賞制覇。08年ラジオNIKKEI杯2歳S優勝のロジユニヴァースが日本ダービー、09年優勝のヴィクトワールピサが皐月賞と後の有馬記念ドバイWCを優勝している。


ラジオNIKKEI杯2歳ステークスの登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/12/17()]
新馬勝ちのメイショウデビッドはラジオNIKKEI杯2歳ステークスかホープフルSへ。


[2011/12/08(木)]
未勝利勝ちのハタノヴァンクールはラジオNIKKEI杯2歳Sへ。


新馬勝ちのサンライズマヌーはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/12/07(水)]
未勝利勝ちでブラックエンブレムの半弟ダノンオリエントはメンディザバル騎手でラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。 東京スポーツ杯2歳S優勝のディープブリランテはラジオNIKKEI杯2歳Sを回避、共同通信杯へ。


[2011/12/06(火)]
新馬戦勝ちのディープインパクト産駒アダムスピークはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/12/02(金)]
京都2歳S2着のエーシングングンはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。東京スポーツ杯2歳S13着のクラレントはラジオNIKKEI杯2歳Sか朝日杯FSへ。


[2011/12/01(木)]
新馬勝ちのアドマイヤブルーはラジオNIKKEI杯2歳ステークスかホープフルSへ。


[2011/11/28(月)]
京都2歳S勝ちのトリップはラジオNIKKEI杯2歳ステークスを視野に。


[2011/11/26()]
新馬勝ちのサンライズマヌーはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。同じく新馬勝ちしたカンパニーの半弟ヒストリカルはエリカ賞へ。


[2011/11/24(木)]
札幌2歳S優勝でマルセリーナの半弟グランデッツァはラジオNIKKEI杯2歳ステークスを目標に調整。


[2011/11/23(祝)]
東京スポーツ杯2歳S優勝のディープブリランテはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。新馬勝ちしたカンパニーの半弟ヒストリカルもラジオNIKKEI杯2歳Sへ。


[2011/11/21(月)]
東京スポーツ杯2歳S優勝のディープブリランテは順調ならラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/11/18(金)]
黄菊賞勝ちのブライトラインはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/11/17(木)]
新馬勝ちでカンパニーの半弟ヒストリカルはエリカ賞かラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/11/10(木)]
萩Sを勝ったスノードンはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/11/02(水)]
萩S勝ちのスノードンは朝日杯FSかラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/10/14(金)]
札幌2歳S2着のゴールドシップは安藤勝騎手でラジオNIKKEI杯2歳へ。


[2011/10/11(火)]
新馬勝ちのプールマシェールはエリカ賞からラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。


[2011/10/05(水)]
札幌2歳ステークス優勝のグランデッツァはラジオNIKKEI杯2歳ステークスへ。2着のゴールドシップは京都2歳Sへ。


[2011/07/03(日)]
3日(日)に中山競馬場で行われたG3・ラジオNIKKEI賞(芝1800m)は福永騎手騎乗の2番人気フレールジャック(牡3・父ディープインパクト)が道中中団に待機し最後の直線で外から一気に伸びると、3番人気マイネルラクリマに3/4馬身差をつけデビュー3連勝で重賞初制覇。3着は1.3/4馬身差で1番人気カフナ。なおエポワスは取消、またプランスデトワールは1コーナーで急に斜行し、ショウナンパルフェ、ディアフォルティスの走行を妨害、プランスデトワール、ディアフォルティスは競走中止。プランスデトワール騎乗の横山典騎手は7/9(土)の開催一日間騎乗停止処分。ラジオNIKKEI賞結果(全着順&払戻)


[2011/07/02(土)]
ラジオNIKKEI賞前売り単勝オッズは以下の通り。なお、ラジオNIKKEI賞に出走予定だったエポワスは左肩跛行のため、出走取消。 フレールジャック 3.8
マイネルラクリマ 4.5
カフナ 6.0
ショウナンパルフェ 6.5
プランスデトワール 8.7
アバウト 11.8
ターゲットマシン 14.5
フルアクセル 18.0
ヒラボクインパクト 25.3
ヴィジャイ 26.2
ダーズンローズ 34.1
ミヤビファルネーゼ 44.7
ディアフォルティス 254.3



【ラジオNIKKEI賞予想】ハンデ戦だけに大いに高配当を期待したい。OP初挑戦だが先行力のある(6)アバウト、(9)エポワス、(10)フレールジャックの3頭に実績のある(2)カフナと(13)ショウナンパルフェを合わせ3連単BOXで勝負。


ラジオNIKKEI賞の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表


[2011/07/01(金)]
今年のラジオNIKKEI賞は中山競馬場で行われるが、その中山芝1800mは逃げ・先行が有利な傾向にある。近年の中山芝1800mでは全体の7割の優勝馬が4角5番手以内で4角先頭 の3着内率は約半分。プレイは腸炎発症でラジオNIKKEI賞回避。


[2011/06/30(木)]
ラジオNIKKEI賞ではデビュー勝ちを収めた馬が過去10年で5勝、3着以内馬10頭。特に直近5年では優勝4頭。また逆にデビュー7、8戦目で初勝利を挙げた馬が勝率、3着内率で好成績。晩成型の馬にも注意したい。


ラジオNIKKEI賞登録のカネマサコンコルドは7/13に大井で行われる交流Jpn1ジャパンダートダービーへ。


[2011/06/29(水)]
ラジオNIKKEI賞では出走馬の約3/4がGI未出走だが、そこかた優勝9頭、3着以内馬30頭中23頭。上昇馬に注意したい。


[2011/06/27(月)]
ラジオNIKKEI賞は06年かたハンデ戦に変更され、06年2着のソングオブウインドは菊花賞優勝、07年ラジオNIKKEI賞優勝のロックドゥカンブはセントライト記念も優勝し菊花賞3着と健闘するなど、ラジオNIKKEI賞は秋のクラシックを占う重要な試金石。震災の影響で例年福島1800mで行われるが今年は中山芝1800mで実施されるので注意。


[2011/06/26(日)]
ラジオNIKKEI賞の登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/06/24(金)]
500万勝ちのフルアクセルはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/06/22(水)]
マイルC5着のプレイは腸炎発症でラジオNIKKEI賞を回避。


[2011/06/16(木)]
NHKマイルC5着のプレイはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/06/15(水)]
500万下を勝ち上がったエポワスはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/06/14(火)]
プランスデトワールはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/06/09(木)]
2連勝中のエポワスはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/06/02(木)]
ダービー6着のショウナンパルフェはラジオNIKKEI賞へ。500万勝ちのジンクアッシュもラジオNIKKEI賞へ。


[2011/06/01(水)]
白百合ステークスVのマイネルラクリマ、2着のラトルスネークはラジオNIKKEI賞へ。ダービー9着のトーセンレーヴもラジオNIKKEI賞へ。


[2011/05/31(火)]
ダービー3着のベルシャザールはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/05/25(水)]
NHKマイルC17着のロビンフットはバーデンバーデンCかラジオNIKKEI賞へ。デビュー2連勝中のフレールジャックはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/05/19(木)]
NHKマイルC5着のプレイはラジオNIKKEI賞へ。


[2011/05/14(日)]
夏の福島競馬の代替開催は、6/18から中山開催で実施。またラジオNIKKEI賞は7/3(日)11R、七夕賞は7/10(日)第11Rで開催。


[2011/05/11(水)]
NHKマイルC17着のロビンフットはラジオNIKKEI賞へ。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.