札幌2歳S』予想のイチオシサイト

今や競馬も情報戦。事前の情報収集が勝率に大きく影響します。ここでは、ウマトモお薦めの情報サイトを紹介。無料の予想サイトとはいえ昔と比べるとその質は格段にアップしています。 札幌2歳Sの予想の参考にも必ずなるので、時間や手間を惜しまず是非チェックしてみてください!

札幌2歳Sなら ズバ獲り的中馬リスト
攻略情報が無料なのは当然。その量と質に絶対の自信を持つ。まさに情報競馬の神髄の極み。札幌2歳S攻略情報無料配信中!



オフィシャル競馬情報サイト 高配当.com
専属契約情報筋からの重賞独占情報を無料公開!万馬券に止まらず100万馬券まで狙える!?



札幌2歳Sで稼ぐ! ダービーPREMIUM
全くの競馬初心者や馬券を数回程度しか購入したことがない人でも勝てる理由がここにある!


『札幌2歳S』関連ニュース一覧

[2010/10/02(土)]
2日(土)に札幌競馬場で行われた2歳G3札幌2歳ステークス(芝1800m)は安藤勝騎手騎乗の3番人気オールアズワン(牡2・父ネオユニヴァース)が道中中団待機から直線手前で徐々に進出、2番人気アヴェンチュラに3/4馬身差をつけて重賞初制覇。3着は1.3/4馬身差で1番人気アドマイヤセプター。オールアズワンは通算3戦2勝。
札幌2歳ステークス結果(全着順&払戻)



[2010/10/01(金)]
札幌2歳ステークスの枠順が発表された。
出馬表
(6)ルルーシュ、(10)ゲットハッピー、(12)マイネルギブソン、(13)オールアズワンの4頭馬単BOX。1800mの勝ち鞍、血統で選んでみた。


[2010/09/30(木)]
札幌2歳ステークスでは過去10年7月中旬よりも前にデビューした馬が連対をしている傾向にある。早いデビューで勝ち上がりここに臨んで来る馬は要注目である。


[2010/09/29(水)]
札幌2歳ステークスで3着以内に入る馬の傾向として1800mで勝利している馬が比較的多い。仮に人気薄でも距離実績は考慮したほうがよさそうだ。


[2010/09/28(火)]
札幌2歳ステークスでは過去10年で単勝5倍未満が6勝だが2着は2回、連対率では4割にとどまる。ただ単勝2倍台の馬は、7頭中6頭が3着以内と好成績。一方人気薄の馬はオッズ通り結果が伴わない。


[2010/09/27(月)]
過去10年の札幌2歳ステークスでは人馬ともに連対率や好走率で関西が関東を上回る。しかし関西所属の人馬を好走率で上回るのが、地方の人馬。地方馬はこの10年で2勝、騎手も同じく2勝。3着内率は馬で62.5%、騎手で41.7%と地方が出てくれば侮れない。


[2010/09/26(日)]
札幌2歳ステークスの登録馬が発表された。
登録馬
新馬勝ちのグランプリボスは予定していた札幌2歳Sは見送り、デイリー杯2歳Sへ。函館2歳S5着のタイセイファントムはききょうSへ。


[2010/09/25(土)]
トールポピーの全妹アヴェンチュラは札幌2歳ステークスへ。鞍上は福永騎手から池添騎手へ。


[2010/09/17(金)]
20日(祝)には阪神・ダ1200mで先日セントウルSを制したダッシャーゴーゴーの半弟ダッシャーワン(牡・父フレンチデピュティ)が、札幌・芝1800 mではオークス馬シルクプリマドンナの仔アドマイヤコリン(牡・父ディープインパクト)、NHKマイルCを制したジョーカプチーノの半弟ジョーアポロン(牡・父ネオユニヴァース)がデビューする。


[2010/09/16(木)]
コスモス賞を勝ったマイネルギブソン、4着のマーベラスカイザー、7着のヴェイロンは札幌2歳Sへ。


[2010/09/12(日)]
コスモス賞を勝ったマイネルギブソンは札幌2歳Sへ。12日(日)のメイクデビュー情報。札幌芝1200mでは藤田騎手騎乗の8番人気ノブヴィクトリー(牝2・父スウェプトオーヴァーボード)が2番手追走から直線抜け出し、9番人気カリステジアをハナ差抑えて優勝。阪神芝1600mでは柴田善騎手騎乗の1番人気トウシンイーグル(牡2・父ハーツクライ)が2番手追走から直線抜け出し、2番人気セイカプリコーンに1.1/2馬身差をつけ優勝。中山芝1600mは後藤騎手騎乗の4番人気ダイワモービル(牡2・父スウェプトオーヴァーボード)が2番手追走から直線伸び、逃げた1番人気ダイワベルベをアタマ差抑えて優勝。 同じく中山ダ1800mは内田騎手騎乗の1番人気アイアムエレガント(牝2・父マンハッタンカフェ)が先手を取ると、7番人気クリーンイメージに1馬身差をつけ優勝。


[2010/09/11(土)]
11日(土)に札幌競馬場で行われた2歳オープン・コスモス賞(芝1800m)は丹内騎手騎乗の5番人気マイネルギブソン(牡2・父タニノギムレット)が先手を取り、1番人気ロビンフットを1/2馬身差抑えて2連勝。12日(日)にデビュー予定の注目馬はジャパンダートダービーを制したマグフィニカの半弟アイアムエレガント(牡・父マンハッタンカフェ)が中山・ダ1800mで、同じく中山・芝1600mではセントライト記念優勝のダイワワイルドボアの半弟ダイワベルベ(牡・父ステイゴールド)や、アンタレスSを制したワイルドワンダーの半弟メルトアウェイ(牡・父ジャングルポケット)がデビュー。阪神・芝1600mでは母クイーンSを制したレインボークイーンの仔ナリタデリゲート(牡・父シンボリクリスエス)、)札幌・芝1200mではチューリップ賞を制したエイシンルーデンスの半妹アースエンブレム(牡・父エアジハード)がデビューする。


[2010/09/10(金)]
未勝利勝ちのインパクトゲームは札幌2歳ステークスへ。


[2010/09/09(木)]
札幌新馬勝ちのイイデタイガーはソエの影響で予定していた札幌2歳Sは見送り。


[2010/09/08(水)]
オークス馬シルクプリマドンナの仔アドマイヤコリン(牡2・父ディープインパクト)は四位騎手騎乗で次週札幌・芝1800でデビューする予定。


[2010/09/06(月)]
札幌新馬勝ちのルルーシュは函館に移動し、札幌2歳ステークスへ向かう。


[2010/09/05(日)]
5日(日)のメイクデビュー情報。小倉芝1200mでは1番人気オースミイージー(牡2・父ハーツクライ)が先手を取り追い込む5番人気パワフルキリシマに1馬身差をつけ優勝。新潟芝1800mは石橋脩騎手騎乗の5番人気サトノフローラ(牝2・父アグネスタキオン)が先行から直線後続を突き放し、1番人気リーガルファルコンに9馬身差をつけ圧勝。札幌芝1800mでは横山騎手騎乗の圧倒的1番人気ルルーシュ(牡2・父ゼンノロブロイ)が先団追走から直線抜け出し、3番人気アドマイヤバートンをハナ差抑えて優勝。


[2010/09/04(土)]
4日(土)のメイクデビュー情報。新潟芝1400mでは田中博騎手騎乗の4番人気タガノラヴキセキ(牝2・父フジキセキ)が1番人気エアギベオンに1.3/4馬身差をつけ優勝。札幌芝1200mでは丸山騎手騎乗のカイシュウコロンボ(牡2・父マンハッタンカフェ)が2番手追走から直線抜け出し、3番人気ボンベイダックを1/2馬身差抑えて優勝。1番人気アンシャンタンは5着。同じく札幌のダ1700mでは池添騎手騎乗の2番人気シヴァルリー(牡2・父シンボリクリスエス)が先団追走から直線抜け出し、7番人気ヨイチサークルに3馬身差をつけ優勝。1番人気ヘラルドリーは5着。


[2010/09/03(金)]
クローバー賞2着のトラストワンはコスモス賞へ。4日(土)にデビュー予定の注目馬は、スーパーホーネット(スワンSなどG2多数)の半弟ウォーターリンドン(牝・父キングカメハメハ)は札幌・ダ1700mに登場、同じく札幌の芝1200mでは、デイリー杯2歳Sを制したダイアモンドヘッドの半弟ボンベイダック(牝・父ディープインパクト)が登場する。


[2010/09/02(木)]
クローバー賞を勝ったサクラベルは放牧を挟み、ファンタジーステークスへ。新馬勝ちのアヴェンチュラ(トールポピー全妹)は近日函館競馬場に入厩、札幌2歳ステークスへ。


[2010/09/01(水)]
新馬勝ちのトップモデルはすずらん賞へ。クローバー賞5着のロビンフットはコスモス賞へ。


[2010/08/31(火)]
ゼンノロブロイ産駒のルルーシュは9/5の札幌芝1800mでデビューする予定。


[2010/08/30(月)]
札幌で新馬勝ちしたプランスデトワールは放牧には出されず、函館競馬場から美浦へ入る予定。29日(日)札幌競馬場で行われた2歳限定オープン・クローバー賞(芝1500m)は藤田騎手騎乗の3番人気サクラベル(牝2・父サクラプレジデント)が2番手追走から直線抜け出し、追い上げた4番人気トラストワンをアタマ差抑えて優勝。3着は3/4馬身差で5番人気ダブルオーセブン。1番人気ロビンフットは5着。勝ったサクラベルは通算3戦2勝。藤田騎手はJRA通算1700勝。(重賞85勝)。


[2010/08/29(日)]
29日(日)のメイクデビュー情報。メイクデビュー札幌芝1800mは横山騎手騎乗の圧倒的1番人気プランスデトワール(牡2・父ディープインパクト)が出遅れながらもすぐに好位に取り付き、直線で2番人気マイネクイーンを1/2馬身差抑えて優勝。プランスデトワールの母は名牝スキーパラダイス(G1ムーランドロンシャン賞)、半姉にエアトゥーレ(阪神牝馬S)がいる。ディープインパクト産駒は6頭目の勝ち上がり。新潟芝1200mは田辺騎手騎乗の7番人気ブラウンマシーン(牡2・父タイキファイヤー)が中団やや後方追走から直線豪快に追い込み、4番人気ハワイアンシュガーをクビ差捕らえて優勝。1番人気セイシュンノヒビは9着。父はタイキシャトルの半弟。 小倉芝1200mは福永騎手騎乗の1番人気オウケンウッド(牡2・父アドマイヤコジーン)が先団追走から直線伸び、3番人気シンボリストームに3/4馬身差をつけ優勝した。


[2010/08/28(土)]
ディープインパクトとオークス馬シルクプリマドンナの仔、アドマイヤコリン(牡2)は2回札幌でデビューする予定。28日(土)のメイクデビュー情報。札幌芝1500mは小林騎手騎乗の3番人気トップモデル(牝2・父ロックオブジブラルタル)が先手を取ると、直線もそのまま、1番人気ダンシングロイヤルに2馬身差をつけ優勝。新潟芝1600mは江田騎手騎乗の12番人気フレンドミー(牝2・父タニノギムレット)が好位追走から直線伸び、1番人気スノードラゴンに1.1/4馬身差をつけ優勝。


[2010/08/27(金)]
ディープインパクト×スキーパラダイスで藤沢厩舎期待の良血馬プランスデトワール(牡2)が横山騎手騎乗で29日(日)の札幌芝1800mでデビュー決定。水曜追いではキーランドカップ出走のピサノパテック(古馬OP)と互角の動き。未出走だがクローバー賞(2歳OP)に登録したのはダテではない。デビュー戦に注目。


[2010/08/25(水)]
札幌新馬勝ちのイイデタイガー、グレートマッハは札幌2歳Sへ。福島新馬勝ちのヴェイロンはコスモス賞から札幌2歳ステークスへ進む。


[2010/08/24(火)]
母に仏G1・ムーランドロンシャン賞勝ちのスキーパラダイスを持つプランスデトワール(牡2・父ディープインパクト)は未出走ながら、29日札幌で行われるクローバー賞(2歳・OP)に登録。


[2010/08/23(月)]
22日(日)のメイクデビュー情報。札幌芝1800mは四位騎手騎乗の7番人気グレートマッハ(牡2・父プリサイズエンド)が先手を取ると、直線も粘り、1番人気アドマイヤムーンの半弟プレイに2.1/2馬身差をつけ逃げ切り勝ち。 小倉芝1800mは和田騎手騎乗の3番人気マイネジャンヌ(牝2・父ロージズインメイ)が先団追走から直線伸び、1番人気サチノパートナーに1/2馬身差つけ優勝。同じく小倉の牝馬限定戦・芝1200mは福永騎手騎乗の圧倒的1番人気トーホウベッグ(牝2・父カルストンライトオ)が先団追走から直線抜け出し、7番人気レディダイヤに1.1/4馬身差をつけ優勝。 新潟芝1800mは大庭騎手騎乗の6番人気ランパスインベガス(牡2・父フジキセキ)が好位追走から直線抜け出し、追い上げた圧倒的1番人気ディープサウンドに1/2馬身差をつけ優勝。


[2010/08/22(日)]
新馬戦をぶっちぎりで圧勝したアドマイヤグルーヴの仔アドマイヤセプター(牝2・父キングカメハメハ)は札幌2歳Sへ。21日(土)のメイクデビュー情報。札幌芝1500mは四位騎手の圧倒的1番人気アドマイヤセプター(牝2・父キングカメハメハ)が中団追走から直線手前から先頭に立ち、10番人気ドナリーベに7馬身差をつけ圧勝した。勝ったアドマイヤセプターの母は03年、04年エリザベス女王杯連覇のアドマイヤグルーヴ。名牝エアグルーヴの孫となる。新潟ダ1200mは小野寺騎手騎乗の3番人気サーストンサブリナ(牝2・父フサイチコンコルド)が先手を取ると、直線後続を突き放し、1番人気ノーザンソングに大差をつけ圧勝。21日メイクデビュー小倉芝1200mは和田騎手騎乗の1番人気ジンクアッシュ(牡2・父アグネスタキオン)が3番手追走から直線抜け出し、2番人気カラフルデイズに3.1/2馬身差をつけ優勝。


[2010/08/21(土)]
プランスデトワール(牡2・父ディープインパクト)は29日(日)の札幌・芝1800mか9/ 5札幌・芝1800mでデビュー予定。母は仏G1・ムーランドロンシャン賞を勝ったスキーパラダイスで、半姉に阪神牝馬Sを勝ったエアトゥーレがいる。


[2010/08/20(金)]
21日(土)には札幌・芝1500m注目の新馬が3頭デビュー。キングカメハメハ×アドマイヤグルーヴ(エリザベス女王杯2勝)の仔アドマイヤセプター(牝2)、京都牝馬Sなどを制したマイネサマンサの仔マイネタバサ(牝・父ロージズインメイ) 、ダービー卿CTを制したマイネルモルゲンの半妹ランデブー(牝・父ネオユニヴァース)。


[2010/08/19(木)]
未勝利勝ちのサクラベルはクローバー賞へ。アドマイヤムーンの半弟プレイ(牡2・父ロックオブジブラルタル)が22日(日)札幌・芝1800mでデビュー。昨年のセレクトセールで1億4500万円で落札されており注目が集まる。鞍上は松岡騎手。


[2010/08/18(水)]
新馬情報。名牝アドマイヤグルーヴの仔、アドマイヤセプター(牝2・父キングカメハメハ)は21日(土)の札幌・芝1500mを四位騎手騎乗でデビュー。アドマイヤグルーヴはエリザベス女王杯を連覇している。ブエナビスタの半弟、トーセンレーヴは9月上旬に入厩する予定。藤沢厩舎の期待馬ルルーシュは横山騎手騎乗で8/29か9/5の札幌・芝1800mでデビュー。


[2010/08/17(火)]
新馬勝ちのイイデタイガーは短期放牧から、札幌2歳ステークスを目指す。


[2010/08/16(月)]
15日(日)のメイクデビュー情報。札幌芝1800mでは池添騎手騎乗の1番人気イイデタイガー(牡2・父ステイゴールド)が先手を取り直線もそのまま2番人気インパクトゲームに2馬身差をつけ優勝。札幌ダ1700mは横山騎手騎乗の1番人気オズフェスト(牡2・父シンボリクリスエス)が後方追走から直線伸び、内を突いた5番人気メイショウホウユウに3/4馬身差をつけ優勝。 新潟芝1400mでは津村騎手騎乗の11番人気ニシノクエーサー(牡2・父ストラヴィンスキー)が中団から直線で伸び、10番人気ニシノジャブラニにクビ差をつけ優勝。小倉芝1200mは福永騎手騎乗の1番人気オースミマイカ(牝2・父ディープインパクト)が先団追走から直線抜け出し、追い込んだ4番人気アルバに1.1/4馬身差をつけ優勝。


[2010/08/15(日)]
4日(土)のメイクデビュー情報。札幌芝1500mは岩田騎手騎乗の6番人気グランプリボス(牡2・父サクラバクシンオー)が道中中団から直線で鋭伸1番人気オールアズワンに1/2馬身差をつけ優勝。 新潟芝1600mは池添騎手騎乗の2番人気オルフェーヴル(牡2・父ステイゴールド)が中団から直線伸び、1番人気ショウナンパルフェに1.1/2馬身差をつけ優勝。オルフェーヴルはドリームジャーニーの全弟。小倉芝1200mは福永騎手騎乗の圧倒的1番人気スギノエンデバー(牡2・父サクラバクシンオー)が最後の直線で抜け出して2番人気グレートヴァリューに1.3/4馬身差をつけ優勝。


[2010/08/14(土)]
今週のメイクデビュー情報。主な注目馬は14日(土)に新潟芝1600mでデビューするドリームジャーニーの全弟、オルフェーヴル(牡・父ステイゴールド)と15日(日)札幌ダ1800mでデビューするロザージュ(牝・父ジャイアンツコーズウェイ)母Adieuは米G1・フリゼットSを制している良血馬。


[2010/08/11(水)]
2戦目で勝ち上がったビービーマキシマスはクローバー賞へ。


[2010/08/06(金)]
函館新馬勝ちのマイネルギブソンはコスモス賞から札幌2歳Sへ。


[2010/08/04(水)]
2戦目で勝ち上がったミューオンはクローバー賞へ。同じく2戦目で勝ち上がったディープインパクト産駒のモスカートローザはグリーンウッドへ放牧。復帰は秋の中央開催を予定。


[2010/08/02(月)]
8/1(日)のメイクデビュ−情報。函館芝1800mはホワイト騎手騎乗の4番人気ゲットハッピー(牡2・父マンハッタンカフェ)が先行から直線も伸び、6番人気メジロマリシテンに2.1/2馬身差をつけ優勝。1番人気に推されたスマイルジャックの全弟テーオーゼウスは9着。新潟芝1600mは田中勝騎手騎乗の9番人気ムライチンタ(牝2・父ヘクタープロテクター)が好位追走から直線伸び、8番人気カトルズスルーをハナ差抑えて優勝。1番人気ヒシカルロスは7着。新潟ダ1200mは内田騎手騎乗の2番人気リュウシンヒーロー(牡2・父クロフネ)が先団追走から直線抜け出し、13番人気ユウキマリアッチに1.3/4馬身差をつけ優勝。1番人気フジハヤブサは4着。小倉芝1800mは福永騎手騎乗のウインバリアシオン(牡2・父ハーツクライ)が先団追走から直線抜け出し、4番人気タガノエベンヌに3馬身差をつけ優勝。


[2010/08/01(日)]
7/31(土)のメイクデビュー情報。新潟芝1200mでは内田騎手騎乗の3番人気ピュアオパール(牝2・父ロックオブジブラルタル)が好位から直線伸び、1番人気アタッキングゾーンに3.1/2馬身差をつけ優勝。小倉芝1200mは佐藤哲騎手騎乗の1番人気ドレッドノート(牡2・父メイショウオウドウ)が先手を取ると、直線後続を突き放し、3番人気アマノレインジャーに6馬身差をつけ圧勝した。


[2010/07/30(金)]
8/1(日)にデビュー予定の主な注目馬情報。函館・芝1800mではダービー2着でスプリングSや関屋記念を制したスマイルジャックの全弟テーオーゼウス(牡・父タニノギムレット) 、新潟・芝1600mでは阪神JF2着ダノンベルベールの半弟サトノアポロ(牡・父シンボリクリスエス)が、小倉・芝1800mではクイーンSを制したエアザイオンの仔ネオザイオン(牡・父アグネスタキオン) 、愛知杯を制したマイネソーサリスの仔マイネソルシエール(牝・父ロージズインメイ) など。


[2010/07/29(木)]
函館新馬勝ちのエーシンジャッカルは函館2歳Sかクローバー賞へ。函館未勝利勝ちのビービーマキシマスはクローバー賞へ。


[2010/07/26(月)]
ラベンダー賞を勝ったロビンフットはクローバー賞から札幌2歳Sへ。


[2010/07/25(日)]
25日(日)のメイクデビュー情報。函館芝1200mではホワイト騎手騎乗の5番人気エーシンジャッカル(牡2・父フジキセキ)が先行から直線逃げ粘り3番人気コウミョウガツジをクビ差抑え優勝。新潟芝1000mでは柴田善騎手騎乗の3番人気カトルズタッチ(牝2・父マヤノトップガン)が先行して最後の直線伸び、5番人気コスモアバッチに1.1/2馬身差をつけ優勝。同じく新潟芝1800mは内田騎手騎乗の4番人気リーサムポイント(牡2・父アグネスタキオン)が中団から直線鋭伸、9番人気マイネルメダリストに3馬身差をつけ快勝小倉芝1200mでは高倉騎手騎乗の2番人気シゲルキョクチョウ(牡2・父オンファイア)が最後の直線で後続を放し1番人気シュアーウインに4馬身差をつけ快勝。父オンファイアは今年初産駒でディープインパクトの全弟。同じく小倉ダ1000mは国分騎手騎乗の6番人気タイセイマグナム(牡2・父スターリングローズ)が先行から最後の直線で後続を放して4番人気ネヴァープリンスに5馬身差をつけ圧勝。


[2010/07/22(木)]
札幌新馬勝ちのアヴェンチュラ、福島新馬勝ちのヴェイロンは札幌2歳ステークスを視野に調整される。


[2010/07/19(祝)]
新馬デビュー情報。ボストンハーバーの弟ウエストハーバー(牡2・父ミスターグリーリー)は8/8の小倉芝1200mでデビュー。エアデジャヴーの仔で、兄姉にエアシェイディ、エアメサイアがいるエアジョイント(牡2・父ディープインパクト)は早ければ中山デビュー。昨年NHKマイルCを制したジョーカプチーノの弟ジョーアポロン(牡2・父ネオユニヴァース)は札幌でデビュー。デビュー戦で2着のキングカメハメハの半妹マギストラは順調であれば中2週で芝1800m未勝利戦へ。


[2010/07/16(金)]
新馬勝ちのショウナンマイティは札幌2歳ステークスへ。未勝利勝ちのケイアイカイトはソエのため放牧へ。クローバー賞での復帰を目指す。


[2010/07/15(木)]
未勝利を勝ち上がったケイアイカイトはクローバー賞へ。新馬勝ちのマイネルギブソンはコスモス賞から札幌2歳Sへ。


[2010/07/11(日)]
福島で新馬勝ちのヒラボクインパクトは札幌2歳Sか、その後の中山・東京で再始動。


[2010/07/09(金)]
10(土)、11(日)にデビューする注目の新馬。10(土)は阪神芝1400mではダーズンローズ(牡2・父フジキセキ)。半兄にロサード(重賞5勝)、ヴィータローザ(重賞3勝)、半姉ロゼカラー(重賞1勝)といういわゆるバラ一族の良血馬。同レースにはフライングアップルの半弟モスカートローザ(牝2・父ディープインパクト) もデビュー。函館芝1800mではポップロックの半弟スピードドリッパー(牝2・父ファルブラヴ)、福島芝1200mに仏G1(モルニ賞)馬・サクラアレス(牡2・父サクラプレジデント)。11(日)福島芝1800mでは天皇賞馬ヘヴンリーロマンスの仔ヴェイロン(牡2・父キングカメハメハ)がデビュー。



【関連ページ】 2008年札幌2歳S | 2009年札幌2歳S

ウマトモのイチオシ競馬予想サイト [続き]

勝った瞬間が一番嬉しいのは当然として、ああでもないこうでもないと予想している時間も競馬の醍醐味ですよね。そんな予想のお供に無料の予想サイトを!

独占情報で勝つ! 独占勝馬券
勝てるレースに絞って投資する「独占勝馬券理論」は一見の価値あり。無料の買い目情報も侮れない。



馬券力の3連単! 馬王
単勝馬券情報を毎週無料で配信中!全会場にトラックマンを配置して情報戦に勝つ!調教師の本音も大公開!



無料モニターのチャンス! THE SNIPER
たった百円からの投資で競馬を楽しめるだけの『勝てる情報』を提供。限定500名で無料モニターを募集している今がチャンス!