無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

シンザン記念 2013

【G3】京都競馬場・芝1600m


【皐月賞】桜花賞は波乱、皐月賞も粒ぞろいで混戦必至!負けられないロゴタイプは距離が不安視!そこに刺客発見!?

 シンザン記念ニュース・予想

[2013/01/06()]
6日(日)に京都競馬場で行われたG3・シンザン記念(芝1600m)は1番人気浜中騎手騎乗のエーシントップ(Tale of the Cat)が先行策から最後の直線もそのまま粘り切って9番人気ヘミングウェイの追撃を振り切りクビ差で重賞2勝目。3着は1馬身1/4差で3番人気タマモベストプレイ。2番人気カオスモスは半馬身差の4着。エーシントップは通算5戦4勝。OPは3勝目で重賞は京王杯2歳ステークス以来の勝利。前走は朝日杯FSで2番人気だったが8着に敗れていた。結果(全着順&払戻)


[2013/01/05()]
シンザン記念の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 1-2 エーシントップ 3.6
2 7-14 カオスモス 5.1
3 3-5 タマモベストプレイ 5.3
4 5-9 レッドアリオン 7.6
5 5-10 アグネスキズナ 11.8
6 4-8 アルバタックス 12.5
7 2-4 エールブリーズ 14.8
8 3-6 ネオウィズダム 19.5
9 6-12 ヘミングウェイ 19.5
10 6-11 ザラストロ 22.4
11 2-3 ヒシアメジスト 56.9
12 1-1 アジャストメント 59
13 8-16 アットウィル 59.5
14 8-15 ヒルノクオリア 66.6
15 4-7 サイモンラムセス 74.1
16 7-13 テイエムシングン 225.7



[2013/01/04(金)]
シンザン記念の枠順が確定した⇒枠順・出馬表。【シンザン記念競馬予想】(10)アグネスキズナを本命。新馬戦で2番手に付けながら抜け出しで脚色が衰えることなく上がり3Fトップでのゴール。(10)から総流しで。


[2013/01/03(木)]
【シンザン記念2013競馬予想(5)】シンザン記念では過去2年、昨年優勝のジェンティルドンナをはじめ、牡馬以外のせん馬や牝馬が3着以内に3頭含まれる。圧倒的に牡馬が多いなかで牡馬以外の牝馬やせん馬には注目したい。また人気別では1番人気が過去5年で3着内に1度のみ、2番人気は2回、3番人気は1度と波乱含み。一方4-9番人気が過去5年で連対馬の半数5頭を占めており、二桁人気の連対は少ないがそこそこ荒れる傾向にある。


[2013/01/01()]
シンザン記念登録のミヤジタイガは回避して若駒Sへ。




[2012/12/31(月)]
新潟2歳Sを制したが東京スポーツ杯2歳S、朝日杯FSともに12着と大敗続きのザラストロはビュイック騎手とのコンビでシンザン記念へ。


[2012/12/29()]
【シンザン記念競馬予想(4)】シンザン記念では過去10年、初勝利のレースが芝1600-1700m組が3着内率は3割強で5勝2着2回。また過去5年の優勝馬で2011年のレッドデイヴィスが前走1位入線10着降着を除き、前走1着組から2頭の優勝馬が送り出され、前走2着以下優勝した2頭はいずれも朝日杯フューチュリティステークスに参戦し4着だった。


[2012/12/28(金)]
【シンザン記念競馬予想(3)】シンザン記念では過去10年、デビュー戦を勝利した馬が同レースで3勝2着5回、2戦目で勝ち上がった馬が3勝2着1回、3戦目で勝ち上がった馬が3勝2着3回で3戦目までで勝ち上がった馬が9勝2着9回。


[2012/12/27(木)]
【シンザン記念競馬予想(2)】シンザン記念では過去10年、前走芝1600-1700m組が7勝2着3回。ついで芝1400-1500m組が2勝2着2回、芝1800m以上の組が1勝2着4回。芝1300m以下は2着1頭、ダートからの参戦組は連対セロ。


[2012/12/26(水)]
【シンザン記念(1)】昨年のシンザン記念はジェンティルドンナが優勝し、一昨年は2着にオルフェーヴルが入るなど2年連続でこのレースの連対馬から3冠馬が誕生している。また一昨年3着のマルセリーナは桜花賞を制し07年2着のダイワスカーレットが桜花賞秋華賞の2冠を達成しエリザベス女王杯を優勝するなど、このレースをきっかけにG1を制した馬は多い。


[2012/12/25(火)]
シンザン記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/12/20(木)]
朝日杯FS8着のエーシントップは引き続き浜中騎手でシンザン記念へ。12着のザラストロもシンザン記念へ。葉牡丹賞3着のピュアソルジャーは寒竹賞へ。新馬勝ちのハッピーモーメントはベリー騎手で寒竹賞へ。ウォータクティクスの半弟。


[2012/12/19(水)]
朝日杯FS8着のエーシントップ、11着のアットウィルはシンザン記念へ。ひいらぎ賞2着のクリノチョモランマはジュニアCかシンザン記念へ。


[2012/12/14(金)]
朝日杯FS除外のタマモベストプレイはシンザン記念へ。


[2012/12/13(木)]
千両賞勝ちのカオスモスは朝日杯FSを回避してシンザン記念へ。




[2012/12/06(木)]
千両賞優勝のカオスモスは朝日杯FSを回避してシンザン記念へ。


[2012/01/08()]
8日(日)に京都競馬場で行われたG3・シンザン記念(芝1600m)はルメール騎手騎乗の2番人気ジェンティルドンナ(牝3・父ディープインパクト)が道中先団から最後の直線で馬群を割って抜け出し、9番人気マイネルアトラクトに1.1/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着は11番人気プレミアムブルー。ジェンティルドンナは通算3戦2勝。昨年当レース1番人気5着のドナウブルーの全妹。⇒結果(全着順&払戻)


[2012/01/07()]
枠順が発表された。⇒出馬表。ここは朝日杯FS4着の(11)トウケイヘイローに期待。(11)から馬連全流し。


[2012/01/06(金)]
昨年2着にオルフェーヴルが入ったシンザン記念。シンザン記念では過去10年、前走が朝日杯フューチュリティSからの参戦馬が好成績。また優勝馬は全て馬番が9番以内。10番以上の外枠は2着に2頭、3着に3頭のみ。そして前走3番人気以内が好成績。


[2012/01/05(木)]
シンザン記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/01/04(水)]
エリカ賞3着のダノンムーンはシンザン記念を見送り。


[2011/12/30(金)]
朝日杯FS2着のマイネルロブストはシンザン記念を見送り京成杯へ。


[2011/12/29(木)]
芙蓉S4着のオメガホームランはシンザン記念を見送り、ジュニアカップへ。


[2011/12/26(月)]
シンザン記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2011/12/23(祝)]
朝日杯FS14着のヒシワイルドはシンザン記念へ。




[2011/12/22(木)]
朝日杯FS4着のトウケイヘイローはシンザン記念へ。


[2011/12/21(水)]
朝日杯FS13着のマコトリヴァーサルはシンザン記念へ。つわぶき賞勝ちのシゲルアセロラはシンザン記念へ。


[2011/12/16(金)]
エリカ賞6着のニシノビークイックはシンザン記念へ。未勝利を勝ちのジェンティルドンナはシンザン記念かフェアリーSへ。


[2011/12/15(木)]
阪神JF12着のアナスタシアブルーはシンザン記念かフェアリーSへ。


[2011/01/09(日)]
9日(日)に京都競馬場で行われたシンザン記念は、浜中騎手騎乗の7番人気レッドデイヴィス(せん・父アグネスタキオン)が道中先団に付けながら最後の直線で抜け出し重賞初制覇。2着は1馬身半差で3番人気オルフェーブル、3着はさらに半馬身差で6番人気マルセリーナ。レッドデイヴィスは通算6戦2勝。前走500万下に出走しながら1着入線も10着降着となっていた。⇒シンザン記念結果(全着順&払戻)


[2011/01/08(土)]
枠順が発表された。⇒出馬表。(1)オルフェーブルと(5)アドマイヤサガスの馬単マルチが本命。先日の京都金杯で内枠有利が鮮明になっている。あとは両頭から(2)ワイズリー、(3)マーベラスカイザー、(4)マルセリーナ、(6)トキノゲンジ、(7)シゲルソウサイの5頭ずつを馬連で流し。


[2011/01/07(金)]
シンザン記念注目情報。アドマイヤサガスは坂路51秒台で好調。レーヴディソールと0.2秒差のデイリー杯2歳S2着の実績ながら朝日杯FSは不利に泣いた。2勝牝馬・ドナウブルーは父ディープインパクト。上がり33.4秒の末脚。もう1頭の牝馬はマルセリーナ。同じくディープ産駒の1戦1勝馬。母マルバイユは仏G1馬。いずれもで打倒レーヴディソールに鼻息も荒い。


[2011/01/06(木)]
シンザン記念は過去10年3着以内馬30頭中16頭は1勝馬。1勝馬でも侮ってはいけない。また3着以内馬の23頭は、前走で4着以内。また過去10年の優勝馬10頭中7頭は1-3枠。京都金杯の6着までが1-3枠が独占したように内枠は有利。


[2010/12/27(月)]
シンザン記念の登録馬が発表された。⇒登録馬


[2010/12/24(金)]
朝日杯FS7着のトキノゲンジはシンザン記念へ。


[2010/12/23(祝)]
新馬勝ちのマルセリーナはシンザン記念へ。


[2010/12/22(水)]
朝日杯FS10着のシゲルソウサイはシンザン記念へ。連勝中のドナウブルーもシンザン記念へ。


[2010/12/17(金)]
朝日杯FS抽選漏れのワイズリーはシンザン記念へ。


[2010/12/16(木)]
阪神JF7着のタガノラヴキセキはシンザン記念へ。


[2010/12/15(水)]
シャイニーホークはシンザン記念へ。


[2010/12/14(火)]
白菊賞1着のドナウブルーはシンザン記念へ。京王杯2歳S10着のオルフェーヴルもシンザン記念へ。


[2010/12/11(土)]
千両賞2着のトップシャインはシンザン記念へ。


[2010/12/09(木)]
2連勝中のドナウブルーはシンザン記念へ。


[2010/12/08(水)]
京王杯2歳S1番人気10着のオルフェーヴルはシンザン記念へ。


[2010/12/04(土)]
連勝中のドナウブルーはシンザン記念かフェアリーステークスへ。


[2010/10/19(火)]
JRAは2011年度開催日割および重賞競走について発表。中京競馬場のスタンド改築および馬場改修工事により、中京開催ができないため京都、阪神、小倉などに振替予定。年初は1/5 (水)から中山・京都競馬を開催、東西で金杯(中山金杯、京都金杯)が行われ1/10(祝)に中山・京都競馬を開催当該週は3日開催。フェアリーステークスやシンザン記念が行われる。ほか、第4回中山・第5回阪神・第2回札幌競馬の第2節は、9/17 (土)-9/19 (祝)まで3日開催で各日とも2場開催。開催日数については京都6開催52日、阪神6開催40日、東京・中山各5開催40日、小倉4開催36日、福島・新潟各3開催24日、札幌・函館競馬各2開催16日。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.