無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

シルクロードステークス 2013

【G3】京都競馬場・芝1200m


【スプリングステークス】ロゴタイプかフェイムゲームか、はたまたタマモベストプレイか?今年のスプリングSは強豪揃いで非常に難解だが、我々にはすでに勝利馬の見当がついている!巷で言われるような大接戦ではない。◎印を打つのは、某馬1頭でOK!潜在能力の高さもここへ向けた調整過程でも、ロゴタイプより遥かに上!

 シルクロードステークスニュース・予想

[2013/01/27()]
27日(日)に京都競馬場で行われたG3・シルクロードステークス(芝1200m)は、2番人気松山騎手騎乗のドリームバレンチノ(牡6・父ロージズインメイ)が道中中団から最後の直線で伸び、4番人気ダッシャーゴーゴーとの競り合いをハナ差制し優勝、重賞2勝目。3着はクビ差で11番人気メイショウデイム。ドリームバレンチノは通算26戦9勝。→結果(全着順&払戻)


[2013/01/26()]
シルクロードステークスの前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 2-4 ドリームバレンチノ 5.1
2 2-3 アイラブリリ 5.3
3 8-16 ダッシャーゴーゴー 8.1
4 3-5 サドンストーム 9
5 3-6 スギノエンデバー 10.1
6 7-13 エーシンホワイティ 10.6
7 7-14 マジンプロスパー 11.4
8 1-1 アフォード 12.1
9 4-8 メイショウデイム 12.9
10 5-10 アースソニック 13.2
11 4-7 ニシノビークイック 18.1
12 6-11 シゲルスダチ 34.4
13 1-2 キングレオポルド 47.6
14 6-12 ケイアイアストン 107.1
15 5-9 レジェトウショウ 128.5
16 8-15 ルナキッズ 188.9



[2013/01/25(金)]
シルクロードステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【シルクロードS2013競馬予想】(6)スギノエンデバーから馬連全流し。4走連続33秒台の脚はこの馬一頭のみ。フルゲートでハイペースは必至なうえ、馬番もほどよく真ん中の枠。ローテーションも良く、確実に切れる末脚で高松宮記念への切符を手ににしたいところ。


[2013/01/24(木)]
【シルクロードステークス2013競馬予想(3)】シルクロードSでは07年以降の過去6年で優勝馬6頭中5頭が前走1番人気。ちなみに前走1番人気だった馬は10頭で勝率は5割。前走1番人気だった馬には注目したい。そして過去5年で3着内馬15頭中12頭が7番人気以内。ここ2年は1番人気が連勝しているが1番人気の3着内はこの2回のみ。ちなみに2番人気は3着内に食い込んだのは昨年のエーシンダックマンのみ。つまり3-7番人気で15頭中9頭を占めている。そして性齢別では牝馬は過去5年で3着内に1頭、10年優勝のアルティマトゥーレのみで、牡5歳馬が15頭中7頭を占める。連対馬では10頭中5頭。4歳馬は昨年優勝のロードカナロア以外は3着内に食い込んでいない。また牡6、牡7歳馬が2頭ずつ過去5年で連対。


[2013/01/23(水)]
【シルクロードステークス2013競馬予想(2)】シルクロードSでは過去10年、前走4角10番手以下が好走率が高く、短距離ながら追込馬にも注目したい。ちなみに過去7年では前走1-3番手から4頭優勝、一方で3頭が前走4角10番手以下だった。そして前々走と前走の単勝人気別成績では2走ともに1番人気だった馬が4頭中3勝。前々走より前走の人気が上だった馬が4勝2着5回3着4回と優秀。今週の開催から京都の芝コースはAコースからBコースへと変更され、今週からはグリーンベルトがなくなり、内を突くと荒れ馬場を通らされることになりかねない。




[2013/01/22(火)]
淀短距離S3着のサドンストームはシルクロードステークスへ。


【シルクロードステークス2013競馬予想(1)】08年にシルクロードSを制したファイングレインは同年高松宮記念を制覇。そして昨年優勝のロードカナロアは高松宮記念2着で昨秋のスプリンターズSを制覇し、国際G1・香港スプリントも制覇しスプリント界の頂点に立った。そのシルクロードSは京都芝1200mで過去10年中9年がフルゲートで行われ、今年も24頭が登録していることからフルゲートは必至。馬番では5番から12番までの馬番で9勝2着5回3着6回と内外より中ほどの枠が好成績をあげている。


[2013/01/21(月)]
シルクロードステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/01/17(木)]
淀短距離S優勝のアイラブリリはシルクロードステークスへ。3着のサドンストーム、4着のアースソニック、5着のファインチョイス、10着のシゲルスダチもシルクロードSへ。


[2013/01/16(水)]
淀短距離S優勝のアイラブリリはシルクロードステークスへ。


[2013/01/12()]
ラピスラズリS3着のアプリコットフィズはシルクロードステークスへ。


[2013/01/04(金)]
キーンランドC6着以来のキングレオポルドはシルクロードステークスで復帰。


[2013/01/03(木)]
11着のブルーミンバーは高倉騎手で淀短距離Sへ。


[2012/12/29()]
ラピスラズリS3着のアプリコットフィズはシルクロードSへ。京阪杯3着のシュプリームギフトは秋山騎手で淀短距離Sへ。


[2012/12/28(金)]
阪神C13着のマジンプロスパーはシルクロードステークスへ。




[2012/12/27(木)]
スプリンターズS3着のドリームバレンチノ、16着のダッシャーゴーゴーはシルクロードステークスへ。


[2012/12/13(木)]
スプリンターズS3着のドリームバレンチノはシルクロードステークスで始動する予定。


[2012/12/07(金)]
浜松S優勝のニシノビークイックはシルクロードステークスへ。


[2012/11/29(木)]
京阪杯14着のビウイッチアスはラピスラズリSへ。キャピタルS15着のアプリコットフィズもラピスラズリSへ。 京阪杯17着のケイアイアストンはシルクロードSへ。


[2012/01/28(土)]
28日(土)に京都競馬場で行われたG3・シルクロードステークス(芝1200m)は福永騎手騎乗の1番人気ロードカナロア(牡4・父キングカメハメハ)が道中中団から最後の直線で伸びて、2番人気エーシンダックマンに2馬身半差をつけ重賞2連勝。3着はアタマ差で16番人気ケンブリッジエル。⇒結果(全着順&払戻)。ロードカナロアは通算8戦6勝とした。このまま高松宮記念に進むとみられる。福永騎手は日経新春杯でトゥザグローリー、AJCCでルーラーシップ、当レースでロードカナロアに騎乗して3頭ともにキングカメハメハ産駒で3週連続重賞制覇。


[2012/01/27(金)]
シルクロードステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。4連勝中の(7)ロードカナロア、(8)ダノンフェアリーは外せない。休養明けの実力馬(3)エーシンヴァーゴウ、前走淀短距離S圧勝の(13)エーシンダッグマンを絡め、馬単BOXで。


[2012/01/26(木)]
シルクロードステークスでは過去5年で3着以内馬15頭中12頭は4角6番手以下。特に人気上位で前崩れした馬が多く。差し、追込に注目したい。


[2012/01/25(水)]
シルクロードステークスでは過去10年7、8枠は優勝なしで2着1頭のみで不利な傾向にあり。


[2012/01/24(火)]
シルクロードステークスは過去10年、前走JRA重賞組が2勝2着6回3着5回、淀短距離S組が4勝2着3回3着3回。その他平馬のレースから参戦組が4勝2着1回。前走JRA重賞だった馬で3着以内馬10頭が、そのレースで4着以下から巻き返している。前走重賞なら軽視は禁物。


[2012/01/23(月)]
高松宮記念の前哨戦シルクロードステークス。4年前の覇者ファイングレインはその後の高松宮記念を制覇。一方過去5年で1,2番人気が昨年1番人気で優勝したジョーカプチーノを除けば連対がない。昨年は2着アーバニティが14番人気など波乱含み。




[2012/01/22()]
シルクロードステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出馬表


[2012/01/18(水)]
スプリンターズS14着のヘッドライナーは幸騎手でシルクロードステークスへ。


[2012/01/13(金)]
4連勝中のダノンフェアリーは引き続きルメール騎手でシルクロードSへ。


[2012/01/12(木)]
スプリンターズS14着のヘッドライナーはシルクロードステークスへ。淀短距離S4着のワンカラットはシルクロードSへ。


[2012/01/11(水)]
淀短距離S勝ちのエーシンダックマンはシルクロードステークスへ。


[2012/01/02(祝)]
スプリンターズS3着のエーシンヴァーゴウはシルクロードステークスからオーシャンステークスの後、高松宮記念ドバイへ。


[2011/12/29(木)]
アンコールSを勝ったサンダルフォンはシルクロードステークスへ。


[2011/12/15(木)]
京阪杯優勝のロードカナロアはシルクロードステークスへ。


[2011/12/09(金)]
スプリンターズS3着のエーシンヴァーゴウはシルクロードステークスから高松宮記念か、ドバイのアルクォズスプリントへ。


[2011/12/02(金)]
醍醐S勝ちのマジンプロスパーはシルクロードステークスへ。


[2011/12/01(木)]
京阪杯6着のジョーカプチーノはシルクロードステークスかオーシャンステークスへ。


[2011/11/03(祝)]
スプリンターズS3着のエーシンヴァーゴウはシルクロードステークスへ。


[2011/01/29(土)]
29日(土)に京都競馬場で行われたG3シルクロードステークス(芝1200m)は藤岡康太騎手騎乗の1番人気ジョーカプチーノ(牡5・父マンハッタンカフェ)が若干出遅れ気味で道中やや後方に待機し、徐々に進出し、最後の直線で外から鋭伸、14番人気アーバニティに半馬身差をつけ優勝。3着は3/4馬身差で4番人気モルトグランデ。ジョーカプチーノは重賞3勝目で通算14戦6勝。⇒シルクロードステークス結果(全着順&払戻)


[2011/01/28(金)]
シルクロードステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。(9)ジョーカプチーノと(3)スプリングソングの一騎打ちの様相。実力的には2頭が上位で人気を分けあいそうだが、相手に(7)モルトグランデ、(13)ジェイケイセラヴィを加え、馬単4頭BOXで勝負。比較的内枠有利な傾向で(13)が届くかどうか注目したい。


[2011/01/26(水)]
シルクロードステークスはハンデ戦になった過去9年で斤量54-56.5kgの負担重量の馬が7勝2着7回。57kg以上は優勝1回、2着2回、53kg以下は優勝1回。連対率の面から、ハンデが重すぎあるいは軽すぎる馬は結果が出ていない傾向にある。


[2011/01/25(火)]
シルクロードSは平坦な京都競馬場ということもあって、上がり勝負になるケースが高い。持ちタイムで終いの切れるタイプには注目したい。


[2011/01/24(月)]
シルクロードステークスは過去10年、5歳馬が5勝、2着4回、3着6回。3着内率でも50%近く高い好走率をマークしている。次いで6歳が3勝2着3回。4歳は分が悪く、34頭が出走しながら3着以内はわずか4頭。


[2011/01/23(日)]
シルクロードステークスの登録馬が発表された。⇒登録馬


[2011/01/21(金)]
サンライズS勝ちのセイコーライコウはシルクロードステークスへ。


[2011/01/13(木)]
淀短距離S勝ちのショウナンカザンはシルクロードステークスへ。


[2011/01/07(金)]
アンコールSを勝ったサンダルフォン、3着のアーバンストリートはシルクロードSへ。


[2011/01/05(水)]
アンコールS勝ちのサンダルフォンはシルクロードSへ。ラピスラズリS勝ちのジョーカプチーノも藤岡康太騎手でシルクロードステークスへ。


[2011/01/03(月)]
京都金杯に登録のあるジョーカプチーノは回避し、シルクロードステークスへ。 アンコールSを勝ったサンダルフォン、3着のアーバンストリートはシルクロードステークスへ。


[2010/12/31(金)]
ラピスラズリS勝ちのジョーカプチーノは京都金杯は見送り、シルクロードステークスへ。今後高松宮記念を目指す予定。


[2010/12/07(火)]
京阪杯2着のケイアイアストン、5着のジェイケイセラヴィは短期放牧を挟み、シルクロードステークスへ。10着のダッシャーゴーゴーは一旦放牧、シルクロードSで始動。


[2010/12/03(金)]
京阪杯2着のケイアイアストンはシルクロードステークスへ。


[2010/12/02(木)]
京阪杯10着のダッシャーゴーゴーはシルクロードステークスへ。


[2010/11/09(火)]
高松宮記念の前哨戦、シルクロードステークスは京都芝1200mで1/29(土)に行われる。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.