高松宮記念予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

高松宮記念 2013

【G1】中京競馬場・芝1200m


【愛知杯】繊細な牝馬達による、大波乱必至のハンデ重賞!!今年も一見すると中心馬不在の混戦ムードだが・・・!!『どうしても負けられない』ワケあり陣営から飛び込んできた、驚愕の厩舎事情!!この一頭だけは見逃し厳禁!!

 高松宮記念ニュース・予想

[2013/11/21(木)]
マイルCS8着のレッドオーヴァルは放牧へ。来年は高松宮記念を目標に調整される。


[2013/11/14(木)]
スプリンターズS優勝のロードカナロアは香港スプリントからの招待があり、陣営はこれを受諾。同レースがラストランとなり連覇を狙う。


[2013/10/09(木)]
スプリンターズSを制しG1・5勝目を挙げたロードカナロアは香港スプリントがラストランへ。同レースを最後に現役を引退する。


[2013/09/05(木)]
北九州記念優勝のツルマルレオンは右前浅屈腱炎を発症。全治9ヶ月以上の見込み。セントウルS回避のダッシャーゴーゴーは検査の結果、右前脚浅屈腱炎が判明し全治9ヶ月以上の見通し。いずれもスプリンターズSや来季の高松宮記念も微妙な情勢。


[2013/03/24()]
24日(日)に中京競馬場で行われたG1・高松宮記念(芝1200m)は1番人気岩田騎手騎乗の(牡5・父キングカメハメハ)が道中中団から最後の直線で馬群を割って伸びて2番人気ドリームバレンチノに1馬身1/4差をつけ、スプリンターズS、香港スプリントに続くスプリントG1・3連覇。3着はハナ差で 10番人気ハクサンムーン。⇒結果(全着順&払戻)。ロードカナロアは通算15戦10勝で昨年のスプリンターズSから4連勝。昨年の高松宮記念は3着だった。また安田隆行厩舎は昨年のカレンチャンに続く高松宮記念連覇。そして国内スプリントG1を4連覇。また先月のフェブラリーSをグレープブランデーで制しており、今年G1開幕2連勝とした。




[2013/03/23()]
高松宮記念の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 6-11 ロードカナロア 1.4
2 8-15 サクラゴスペル 10
3 6-12 ドリームバレンチノ 11.2
4 5-9 サンカルロ 11.9
5 2-3 エピセアローム 21.4
6 8-17 ダッシャーゴーゴー 25.1
7 4-8 マジンプロスパー 28.5
8 2-4 スギノエンデバー 46.3
9 7-13 ハクサンムーン 60.8
10 4-7 ツルマルレオン 65.1
11 3-5 シルクフォーチュン 66
12 1-1 アドマイヤセプター 93
13 5-10 フィフスペトル 100.3
14 3-6 モンストール 101.3
15 8-16 アイラブリリ 136
16 1-2 ミキノバンジョー 269.8
17 7-14 メモリアルイヤー 285.2



[2013/03/22(金)]
高松宮記念の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【高松宮記念2013競馬予想】会えて一本かぶりの(11)ロードカナロアを外して、(8)マジンプロスパー、(9)サンカルロ、(12)ドリームバレンチノ、(15)サクラゴスペル、(17)ダッシャーゴーゴーの5頭馬単BOX。(11)の調子が悪いわけではないが、馬券的に筋目の面白い馬券になりそう。短い距離で多頭数、何が来てもおかしくないだろう。むしろ実力を兼ね備え、G1を取ってほしい馬達を選んでみた。


[2013/03/21(木)]
【高松宮記念2013競馬予想(12)】高松宮記念の調教後馬体重が以下の通り発表された。
馬名 馬体重 前走 (差)
アイラブリリ 446-436 (+10)
アドマイヤセプター 478-462 (+16)
エピセアローム 484-480 (+4)
サクラゴスペル 497-484 (+13)
サンカルロ 508-516 (-8)
シルクフォーチュン 480-474 (+6)
スギノエンデバー 468-460 (+8)
ダッシャーゴーゴー 540-536 (+4)
ツルマルレオン 516-510 (+6)
ドリームバレンチノ 498-494 (+4)
ハクサンムーン 472-470 (+2)
フィフスペトル 466-458 (+8)
マジンプロスパー 518-516 (+2)
ミキノバンジョー 528-524 (+4)
メモリアルイヤー 484-478 (+6)
モンストール 490-482 (+8)
ロードカナロア 506-502 (+4)



【高松宮記念2013競馬予想(11)】高松宮記念最終追い切り情報。優勝候補筆頭のロードカナロアは栗東坂路で馬なり4F53.7からしまい12.9。馬場が渋っていたことを考えると好タイム。2年連続2着のサンカルロは美浦坂路で4F51.8-11.8のこちらも阪急杯から上昇。マジンプロスパーは栗東坂路で4F53.9-13.2と好調キープ。ダッシャーゴーゴーは栗東坂路で4F54.2-12.8とこちらも好調キープ。


[2013/03/20(祝)]
高松宮記念登録のサクラアドニスは回避して春雷Sへ。


【高松宮記念2013競馬予想(10)】高松宮記念注目はやはり昨年のスプリンターズS覇者で前哨戦の阪急杯を制したロードカナロア。優勝すれば昨年暮れの国際G1・香港スプリントも併せ史上初のスプリントG1・3連勝となる。


[2013/03/19(火)]
【高松宮記念2013競馬予想(9)】高松宮記念予想傾向まとめ。過去10年の高松宮記念では連対馬20頭中11頭が5歳で6歳が5頭と、大半が5,6歳で占めている。7歳以上はキンシャサノキセキで4歳は2着に2頭。そして連対馬20頭中18頭が芝マイル以下の重賞Vがあり、連対馬20頭中17頭が芝マイル以下のG1で3着内の経験。また牝馬は過去に4頭連対しているが全てG1馬。また過去に1200mに出走経験のある16頭中14頭が1分7秒台のタイムを持っていた。過去の傾向では前走阪急杯が毎年連対。し、6勝2着6回と連対馬の6割を占めうち10頭が5着以内。例外は03年優勝のビリーヴと10年2着のビービーガルダンだがいずれも前年のスプリンターズステークスで連対。残り8頭も前走重賞で4頭は1着。


[2013/03/18(月)]
【高松宮記念2013競馬予想(8)】高松宮記念はリニューアル後2回目の開催。昨年カレンチャンが優勝した際の勝ちタイムは1分10秒3だったが徐々にタイムは早まり今年はレコードタイム決着も期待される。人気の筆頭は昨年のスプリンターズSを制したロードカナロア。香港G1も制して臨んだ前哨戦の阪急杯を制しており圧倒的な1番人気で臨むことは間違いないだろう。昨年3着から秋春制覇に向けて視界は良好と考えて良いだろう。その次の最右翼は昨年高松宮記念2着で前走は阪急杯4着のサンカルロ。前々走は阪神カップで優勝しており7歳になっても元気一杯。スプリンターズS3着のドリームバレンチノは前走シルクロードステークスで58kgの負担重量にも負けず優勝。左回りの実績もあり侮れない。その他阪急杯2着のマジンプロスパーは前々走シルクロードS4着からの阪急杯2着と大崩しない安定差が魅力。


【高松宮記念2013競馬予想(7)】高松宮記念のプレレーティングが発表。上位馬は以下の通り。
馬名 性齢 レーティング 該当レース
ロードカナロア 牡5 116 阪急杯1着 (香港スプリント1着)
ダッシャーゴーゴー 牡6 112 シルクロードS1着 (高松宮記念1着)
サンカルロ 牡7 111 阪急杯4着 (高松宮記念2着)
ドリームバレンチノ 牡6 111 シルクロードS1着 (スプリンターズS3着)
マジンプロスパー 牡6 110 阪急杯2着 (高松宮記念5着、CBC賞1着)
サクラゴスペル 牡5 108 オーシャンS1着 (ラピスラズリS1着)



[2013/03/17()]
高松宮記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬




[2013/03/16()]
【高松宮記念2013競馬予想(6)】高松宮記念では過去5年、4歳馬の連対はゼロで3着内に1頭、昨年3着のロードカナロアのみ。そして5歳馬が6連対と優秀でロードカナロアにとっては秋春連覇も圏内か。その他6歳が2頭で7,8歳が1頭ずつ連対しているがこれはキンシャサノキセキ。そして過去5年で連対馬は全て1-6番人気。3着には二桁人気馬が2回入っており、3連単や3連複購入時は注意。


[2013/03/15(金)]
【高松宮記念2013競馬予想(5)】高松宮記念では過去10年、03年と08年を除く8年で5走前までに芝1400-1600mの重賞で2着以内に入った馬が毎年連対。例外の03年、08年も3着に該当馬がいる。また過去5年の高松宮記念優勝馬は3走前までに単勝2-3番人気で重賞連対実績あり。昨年優勝のカレンチャンも3走前にスプリンターズSを3番人気で優勝。ちなみに該当の優勝馬5頭中、高松宮記念で単勝1番人気だったのは10年のキンシャサノキセキのみ。


[2013/03/14(木)]
【高松宮記念2013競馬予想(4)】高松宮記念では過去10年、優勝馬は前走阪急杯かオーシャンSかシルクロードSのいずれかから出走。3着内馬もこれらのレースから参戦した馬が30頭中26頭を占めている。その中でも最も3着内馬を輩出しているのは阪急杯組で6勝2着6回3着4回も、オーシャンS組がここ3年連続で優勝馬を輩出。


[2013/03/13(水)]
【高松宮記念2013競馬予想(3)】高松宮記念は上位人気馬が優勢だが単勝オッズで3倍未満の5頭は連対ゼロ。良績は単勝3-5倍未満で5勝2着3回3着2回。7-15倍未満で5勝2着4回。そして過去10年の年齢別成績では4歳が未勝利で96年フラワーパーク、02年ショウナンカンプが優勝しているが過去10年は5歳が6勝、また7歳以上で優勝は、10、11年に連覇したキンシャサノキセキ(7歳8歳時)のみ。


[2013/03/12(火)]
高松宮記念のレーティング順位(優先出走が可能な上位5位)が以下の通り発表。
ロードカナロア 120
ドリームバレンチノ 114
サンカルロ 114
エピセアローム 109※牝馬
ダッシャーゴーゴー 112
※牝馬は+4ポンド。



アドマイヤセプターは池添騎手で高松宮記念へ。


【高松宮記念2013競馬予想(2)】高松宮記念は過去10年、優勝馬は1-4番人気。該当馬は2着も6回と好走。また5-6人気からは2着馬が3頭出ており比較的上位人気の決着。ちなみに5番人気以下で優勝は99年8番人気で優勝したマサラッキが最後で、2000年以後は全て単勝4番人気以内が優勝。


[2013/03/11(月)]
【高松宮記念2013競馬予想(1)】グローバルスプリントチャレンジに指定されている高松宮記念。今年で43回目を迎える。高松宮記念は春の短距離王決定戦で電撃6ハロン。リニューアル後の中京競馬場が舞台で昨年はカレンチャンが秋春スプリント戦を連覇。今年は優勝馬カレンチャンは引退したが、昨年2着のサンカルロや3着ロードカナロア、4着ダッシャーゴーゴー、5着マジンプロスパーと上位馬が揃い踏み。


[2013/03/10()]
高松宮記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/03/08(金)]
オーシャンS2着のダッシャーゴーゴーは高松宮記念に出走後、選出されればシンガポール・クランジ競馬場で行われるクリスフライヤー国際スプリント(芝1200m)に出走する予定。




[2013/03/07(木)]
フェブラリーS5着のシルクフォーチュンはC・デムーロ騎手で高松宮記念へ。オーシャンS5着のアフォードは春雷Sへ。


[2013/03/06(水)]
オーシャンS優勝のサクラゴスペルは高松宮記念へ。


[2013/03/05(火)]
オーシャンS2着のダッシャーゴーゴー、9着のハクサンムーン、11着のアドマイヤセプターは高松宮記念へ。3着のツルマルレオン、6着のニシノビークイックは春雷Sへ。


[2013/02/27(水)]
阪急杯優勝のロードカナロアは高松宮記念へ。


阪急杯2着のマジンプロスパー、9着のエピセアロームは高松宮記念へ。7着のアプリコットフィズも高松宮記念へ。阪急杯3着のオリービン、8着のフラガラッハは六甲Sへ。朝日CC12着のヒストリカルは太宰騎手で六甲Sへ。フェブラリーS5着のシルクフォーチュンは高松宮記念へ向かう。


[2013/02/22(金)]
阪急杯から始動するロードカナロアは高松宮記念へ向かう。これによりドバイゴールデンシャヒーンの招待は辞退する。昨年高松宮記念では3着でリベンジに向かう。


[2013/02/07(木)]
シルクロードS優勝のドリームバレンチノは高松宮記念へ直行する予定。


[2013/01/30(水)]
シルクロードステークス優勝のドリームバレンチノは高松宮記念へ。調整中だったパドトロワは高松宮記念を目指していたが自重してサマースプリントシリーズを目指す。


[2013/01/29(火)]
香港スプリントを制したロードカナロアはオーシャンステークスか阪急杯で始動する予定。その後はドバイゴールデンシャヒーンか高松宮記念へ。


[2013/01/14()]
14日(祝)に京都競馬場で行われた4歳以上OP・淀短距離S(芝1200m)は5番人気幸騎手騎乗のアイラブリリ(牝4・父ストラヴィンスキー)が道中先団追走から最後の直線で伸び、11番人気メイショウデイムをハナ差抑えて優勝。3着はクビ差で2番人気サドンストーム。1番人気シュプリームギフトは伸び切れず12着と惨敗。アイラブリリは通算15戦5勝とした。


[2013/01/03(木)]
アドマイヤセプターは高松宮記念を目標に賞金加算を目指す。ラピスラズリS優勝のサクラゴスペルは1戦叩いて高松宮記念へ。2着のプリンセスメモリーは節分Sか雲雀Sへ。11着のブルーミンバーは高倉騎手で淀短距離Sへ。


[2012/12/28(金)]
阪神C7着のアドマイヤセプターは高松宮記念が目標に一旦放牧へ出てその前に賞金加算を狙う。


[2012/12/25(火)]
阪神カップ連覇のサンカルロは阪急杯から高松宮記念へ。


[2012/12/13(木)]
香港スプリント優勝のロードカナロアはオーシャンステークスで始動する予定。その後高松宮記念で秋春スプリント制覇を狙うかドバイ・ゴールデンシャヒーンへ向かう。


[2012/12/12(水)]
香港スプリントで優勝したロードカナロアは高松宮記念かドバイゴールデンシャヒーンを目指す予定。


[2012/11/29(木)]
京阪杯15着のパドトロワは放牧へ。来春の高松宮記念が目標。


[2012/11/28(水)]
京阪杯優勝のハクサンムーンは年内は休養しオーシャンステークスから高松宮記念を目指すことになった。


[2012/11/02(金)]
栗東・安田厩舎でスプリンターズS1,2着のロードカナロア、カレンチャンの2頭は香港スプリントの招待を受諾。今月末に検疫入りして香港へ向け出国する予定。


[2012/03/25()]
25日(日)に中京競馬場で行われたG1・高松宮記念(芝1200m)は2番人気カレンチャン(牝5・父クロフネ)が道中先団に取り付き、最後の直線で抜け出し、3番人気サンカルロをクビ差抑えG1・2勝目で秋春スプリントG1連覇。3着は1番人気ロードカナロア。⇒結果(全着順&払戻)。カレンチャンは通算15戦9勝で重賞5勝目。


[2012/03/24()]
高松宮記念の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 1-1 ロードカナロア 2.4
2 5-10 カレンチャン 4.5
3 8-17 サンカルロ 5.8
4 7-15 ダッシャーゴーゴー 13.5
5 8-16 ジョーカプチーノ 14.8
6 6-12 マジンプロスパー 16.9
7 2-3 アグネスウイッシュ 17.1
8 7-14 グランプリエンゼル 23.4
9 5-9 エーシンダックマン 24
10 6-11 サクラゴスペル 29.4
11 4-8 ツルマルレオン 43.5
12 3-6 ベイリングボーイ 90.2
13 1-2 サンダルフォン 120.2
14 3-5 エーシンリジル 143.7
15 8-18 トウカイミステリー 155.7
16 4-7 アポロフェニックス 155.8
17 7-13 タマモナイスプレイ 215.6
18 2-4 レジェトウショウ 226.7



高松宮記念枠順・出馬表。【高松宮記念競馬予想】最内枠に入った(1)ロードカナロア。全般的に差し・追込馬がそろった中で内の利を生かして先行可能。坂の克服が未知数なのと馬券的に軸とはせず、同じく先行力のある(12)マジンプロスパー、前走オーシャンSでやや不利を受け巻き返し十分の(15)ダッシャーゴーゴー、揉まれず最後の直線に懸けられそうな(17)サンカルロの4頭を馬単BOXで。


[2012/03/23(金)]
高松宮記念の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表


高松宮記念の出走馬並びに調教後馬体重が以下の通り発表された。
馬名 馬体重 前走 (差)
アグネスウイッシュ 506-502 (+4)
アポロフェニックス 504-498 (+6)
エーシンダックマン 500-492 (+8)
エーシンリジル 472-470 (+2)
カレンチャン 488-482 (+6)
グランプリエンゼル 460-454 (+6)
サクラゴスペル 482-476 (+6)
サンカルロ 506-510 (-4)
サンダルフォン 552-550 (+2)
ジョーカプチーノ 538-522 (+16)
ダッシャーゴーゴー 534-530 (+4)
タマモナイスプレイ 496-482 (+14)
ツルマルレオン 516-506 (+10)
トウカイミステリー 462-456 (+6)
ベイリングボーイ 464-456 (+8)
マジンプロスパー 510-512 (-2)
レジェトウショウ 493-486 (+7)
ロードカナロア 508-500 (+8)



レジェトウショウは松山騎手で高松宮記念へ。


[2012/03/22(木)]
左前脚痛で高松宮記念を回避したワンカラット(牝6・父ファルブラヴ)は社台ファームで繁殖入り。先日のオーシャンステークス優勝など重賞を4勝、通算26戦5勝だった。


[2012/03/21(水)]
【高松宮記念競馬予想傾向と対策(9)】高松宮記念を制して牝馬史上3頭目のスプリントG1・2勝を狙う昨年のスプリンターズS覇者カレンチャン。名牝の仲間入りとなる。香港スプリント5着後、休養を挟んでオーシャンS4着と一叩きして順調。


オーシャンSを制し高松宮記念に出走予定だったワンカラットは左前脚痛で回避、このまま引退することとなった。グランプリエンゼルはM・デムーロ騎手の騎乗停止により、藤岡佑介騎手に乗り替わって高松宮記念へ。


[2012/03/20(祝)]
【高松宮記念競馬予想傾向と対策(8)】高松宮記念は牝馬連対は3頭だが全てG1を制している。(ビリーヴ、ラインクラフト、スリープレスナイト)。また過去10年では5歳が最多10連対で4-6歳で18連対。残る二頭は昨年、一昨年連覇のキンシャサノキセキ(7歳、8歳)。また連対馬20頭中17頭が芝のマイル戦以下の重賞で勝ち鞍があり、16頭は芝のマイル戦以下でGI3着以内の実績あり。そして阪急杯からの参戦組が毎年連対し過去10年で6勝を含む12連対。そして12頭中10頭が阪急杯5着以内。残る二頭は03年高松宮記念優勝のビリーヴ、1昨年2着のビービーガルダンだが前年のスプリンターズSで連対。残る8頭のうち5頭はオーシャンS、シルクロードS、芝GI。連対馬14頭が1分7秒台の持ちタイム。有力馬は昨年スプリンターズSを制したカレンチャン、阪急杯3着のサンカルロ、オーシャンS優勝のワンカラットなど重賞3勝以上の実績馬か。


[2012/03/19(月)]
【高松宮記念競馬予想傾向と対策(7)】高松宮記念のプレレーティングが改めて発表。本年度のレーティングではシルクロードSを制したロードカナロアが113ポイントでトップ、ついでオーシャンSを制したワンカラット、4着で昨年のスプリンターズS覇者カレンチャンが105ポイントで牝馬のためプラス4ポイント加算で109ポイント、阪急杯を制したマジンプロスパーが同じく109ポイントで並ぶ。


[2012/03/18()]
高松宮記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/03/16(金)]
【高松宮記念競馬予想傾向と対策(5)】高松宮記念では過去10年、前走の上がり3Fが1位だった馬が3着内率4割強。昨年は該当馬4頭中3頭が3着独占。


サクラゴスペルはピンナ騎手で高松宮記念へ。


[2012/03/15(木)]
【高松宮記念競馬予想傾向と対策(4)】高松宮記念では過去10年、3着以内馬30頭中12頭が前年のスプリンターズSに出走。そしてそのスプリンターズSで3着以内に好走した馬は連対率が5割弱と前年の実力をそのまま引き継いでいる傾向がある。また、そのスプリンターズSで単勝5番人気以内だった馬も3着内率4割弱。前年のスプリンターズSの着順や人気はチェックしておきたい。


[2012/03/14(水)]
高松宮記念に登録のガルボは回避してダービー卿チャレンジトロフィーへ。


【高松宮記念競馬予想傾向と対策(3)】高松宮記念では過去10年の3着以内馬30頭中20頭がGIで3着以内経験馬で好走率も高い。


[2012/03/13(火)]
高松宮記念のプレレーティングが発表。TOPは前年のスプリンターズS覇者カレンチャンで113ポンド。同ポイントでシルクロードSを制したロードカナロアやジョーカプチーノが並び、109ポイントのグランプリエンゼル(牝馬は4ポイント加算)、112ポイントのサンカルロが5位で同じポイントのダッシャーゴーゴーが6位。※同ポイントの場合は近走成績や距離実績を考慮。これで上位5頭の優先出走が確定。


【高松宮記念競馬予想傾向と対策(2)】高松宮記念では過去10年、3着以内馬30頭中25頭が前走5着以内。該当馬は好走率も高い。また前走5着以内だった馬は前走阪急杯だった馬が5勝2着5回。オーシャンSは3勝。このあたりに注目したい。


[2012/03/12(月)]
【高松宮記念競馬予想傾向と対策(1)】高松宮記念は約2年ぶりに中京競馬場で開催。新しい中京競馬場は変わらず左回りだが、最後の直線ゴール手前に2mの坂ができており、「左回り」「坂」の克服がカギとなりそう。


[2012/03/11()]
高松宮記念の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/03/08(木)]
オーシャンS2着のグランプリエンゼルはM・デムーロ騎手で高松宮記念へ。阪急杯3着のサンカルロは高松宮記念へ。ザファクター(米)は高松宮記念に選出されていたが辞退、これによって高松宮記念への外国馬の出走はなし。


[2012/03/07(水)]
阪急杯5着のガルボは高松宮記念へ。オーシャンS2着のグランプリエンゼル、4着のカレンチャン、5着のジョーカプチーノ、6着のツルマルレオン、7着のエーシンダックマン、9着のダッシャーゴーゴーも高松宮記念へ。


[2012/03/06(火)]
オーシャンS優勝のンカラットは高松宮記念でラストラン。


[2012/03/01(木)]
オーシャンS回避のリディルは球節炎を発症し高松宮記念も回避してしばらく休養。阪急杯9着のトウカイミステリーは高松宮記念へ。


[2012/02/29(水)]
阪急杯優勝のマジンプロスパーは浜中騎手で高松宮記念へ。


[2012/02/27(月)]
阪急杯優勝のマジンプロスパーは高松宮記念へ。


[2012/02/23(木)]
山城S勝ちのアグネスウイッシュは高松宮記念へ。 高松宮記念直行予定だったカレンチャンはオーシャンSを挟むプランが浮上。


[2012/02/22(水)]
阪急杯登録のリディルは体調が整わず回避して高松宮記念へ直行。


[2012/02/18(土)]
香港スプリント14着後、骨折休養していたパドトロワは高松宮記念に直行。


[2012/02/14(火)]
阪神C11着のリディルは阪急杯から高松宮記念へ。


[2012/02/10(金)]
香港スプリント14着後に骨折が判明したパドトロワは来週帰厩しオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2012/02/03(金)]
京阪杯6着以来のジョーカプチーノは内田騎手とのコンビでオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2012/02/02(木)]
シルクロードS10着のサンダルフォンは高松宮記念へ。


[2012/02/01(水)]
香港スプリント14着後骨折したパドトロワは順調に回復しており高松宮記念を目標にオーシャンSへ。


[2012/01/31(火)]
シルクロードS優勝のロードカナロアは高松宮記念へ。


[2012/01/26(木)]
阪神C11着のリディルは阪急杯から高松宮記念へ。


[2012/01/25(水)]
カレンチャンはドバイ遠征は見送って高松宮記念に照準を合わせる。


[2012/01/19(木)]
阪神C11着のリディルは高松宮記念へ直行。


[2012/01/02(祝)]
スプリンターズS3着のエーシンヴァーゴウはシルクロードステークスからオーシャンステークスの後、高松宮記念かドバイへ。


[2011/12/21(水)]
阪神C11着のリディルは放牧へ。来春は高松宮記念直行も。


[2011/12/19(月)]
阪神カップ優勝のサンカルロは阪急杯から高松宮記念へ。


[2011/12/15(木)]
香港スプリント5着のカレンチャンは高松宮記念へ。


[2011/12/09(金)]
スプリンターズS3着のエーシンヴァーゴウはシルクロードステークスから高松宮記念か、ドバイのアルクォズスプリントへ。


[2011/11/28(月)]
京阪杯Vのロードカナロアは一叩きして高松宮記念へ。


[2011/11/05()]
JBCスプリント3着のダッシャーゴーゴーは年内は休養しオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2011/10/04(火)]
スプリンターズS優勝のカレンチャンは年内休養して高松宮記念を狙う。


[2011/03/27(日)]
27日(日)に阪神競馬場で行われたG1高松宮記念(芝1200m)はU.リスポリ騎手騎乗の3番人気キンシャサノキセキ(牡8・父FujiKiseki)が、道中先団に付け最後の直線で先頭に立ち、追い込む4番人気サンカルロに1.1/4馬身差をつけ1分7秒9で高松宮記念初の連覇を達成。3着はアタマ差で11番人気アーバニティ。1番人気ジョーカプチーノは向う上面で不利を受けた影響か10着。4着入線のダッシャーゴーゴーは11着に降着。ウェズタンビーナスはレース途中で競走中止。キンシャサノキセキは通算31戦12勝。オーシャンステークス2着からの参戦だった。⇒高松宮記念結果(全着順&払戻)


[2011/03/26(土)]
高松宮記念前売り単勝オッズでは1番人気が(5)ジョーカプチーノで3.0倍、2番人気が(13)ダッシャーゴーゴーで4.3倍、3番人気が(4)キンシャサノキセキで4.6倍4番人気が(8)サンカルロで10.0倍と続く。


高松宮記念枠順。(8)サンカルロと(13)ダッシャーゴーゴーの馬単が本命。比較的荒れ始めている内枠を避け、外から強襲できそう。保険でこの2頭に(5)ジョーカプチーノ、(14)エーシンフォワード、(4)キンシャサノキセキを絡めた馬連5頭BOXも。


[2011/03/25(金)]
高松宮記念の枠順が発表された。⇒出馬表。高松宮記念過去10年の優勝馬10頭のうち9頭が前走で4着以内。連対馬20頭中16頭が前走5着以内。一方前走6着以下からこのレースで連対した馬の4頭中3頭が前走阪急杯。そして優勝馬10頭中5頭は前走で敗退も、その5頭全て前走阪急杯。


[2011/03/24(木)]
高松宮記念は過去10年、前々走で3着以内に好走していた馬が、3着以内馬30頭中22頭。また、4-9着に敗れていた馬は計47頭が出走して、3着以内に入ったのはたったの2頭。一方、前々走10着以下だった馬では、5頭が連対。


27日(日)に阪神競馬場で行われるG1高松宮記念の出走馬16頭が確定。有力馬はエーシンフォワード、キンシャサノキセキ、サンカルロ、ジョーカプチーノ、スプリングソングダッシャーゴーゴー、ビービーガルダンなど。枠順は明日発表。


[2011/03/23(水)]
高松宮記念の傾向。過去10年、優勝馬10頭は前走で3番人気以内。また前走3番人気以内の馬の3着内率は高い。高松宮記念に登録のあるコスモセンサーはダービー卿チャレンジトロフィーへ。


[2011/03/22(火)]
高松宮記念は過去10年、優勝馬10頭の前走は阪急杯かシルクロードSかオーシャンSのみで最多は阪急杯の6頭。阪急杯からの参戦では2着も6頭、3着4頭と、3着以内は過半数の16頭にのぼる。


[2011/03/21(祝)]
高松宮記念の登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/03/14(月)]
高松宮記念の登録馬が発表された。⇒出馬表


[2011/03/11(金)]
ワンカラットは藤岡佑騎手で高松宮記念へ。これによりサマーウインドは福永騎手で高松宮記念へ。また高松宮記念に選出されている香港のブリーンバーディー、ジョイアンドファンの2頭は来週来日予定。


[2011/03/10(木)]
阪急杯8着のビービーガルダンは佐藤哲騎手で高松宮記念へ。


[2011/03/09(水)]
阪急杯優勝のサンカルロは高松宮記念へ、7着のショウナンカザン、8着のビービーガルダンも高松宮記念へ。オーシャンS7着のサンダルフォンも高松宮記念へ。


[2011/03/07(月)]
オーシャンSを優勝のダッシャーゴーゴーは高松宮記念へ。2着キンシャサノキセキも高松宮記念へ。阪急杯4着のスプリングソングは高松宮記念へ。5着のワンカラットも高松宮記念へ。


[2011/03/05(土)]
5日(土)に中山競馬場で行われた高松宮記念の前哨戦、G3・オーシャンS(芝1200m)は川田騎手騎乗の3番人気ダッシャーゴーゴー(牡4・父サクラバクシンオー)が道中中団から直線伸びて、2番人気キンシャサノキセキに3/4馬身差をつけ優勝、重賞2勝目を飾った。3着はハナ差で1番人気レッドスパーダ。ダッシャーゴーゴーは通算13戦4勝。⇒オーシャンステークス結果(全着順&払戻)


[2011/03/04(金)]
アンコールS15着以来のヘッドライナーは高松宮記念へ直行。


[2011/03/02(水)]
阪急杯8着のビービーガルダンは高松宮記念へ。ゴールデンシャヒーンに登録していたサマーウインドは招待を辞退。高松宮記念へ。


[2011/03/01(火)]
阪急杯優勝のサンカルロは高松宮記念へ。


[2011/02/28(月)]
高松宮記念の試金石オーシャンステークスでは昨年覇者キンシャサノキセキが次走の高松宮記念で優勝。そして配当面では三連単が5年連続10万円超え。そんな過去5年の3着以内馬15頭中、10頭は単勝6番人気以下。高配当に大いに期待したい。


[2011/02/27(日)]
高松宮記念の前哨戦で有力馬達が激突。27日(日)に阪神競馬場で行われたG3・阪急杯(芝1400m)は吉田豊騎手騎乗の4番人気サンカルロ(牡5・父シンボリクリスエス)が中団待機から最後の直線外から伸びて、1番人気ガルボに1馬身1/4差で優勝。3着は3/4馬身差で5番人気フラガラッハ。サンカルロは09年ニュージーランドトロフィー以来約1年10ヶ月ぶりの勝利で通算21戦4勝。⇒阪急杯結果(全着順&払戻)


[2011/02/25(金)]
シルクロードS2着のアーバニティは高松宮記念へ直行。


[2011/02/24(木)]
シルクロードS優勝のジョーカプチーノは来週帰厩し、高松宮記念へ。


[2011/02/23(水)]
香港マイル4着以来のエーシンフォワードはまもなく帰厩、調整に入り、岩田騎手で高松宮記念へ直行。


[2011/02/21(月)]
阪急杯注目は昨年のスプリンターズS3着のサンカルロや5着のワンカラット、10着ビービーガルダンなど。昨年の阪急杯では2着がワンカラット、3着がサンカルロ。また昨年の高松宮記念では2着がビービーガルダン、4着がサンカルロと、この3頭が中心となりそう。


[2011/02/19(土)]
アポロフェニックスはオーシャンステークスから高松宮記念へ。


[2011/02/09(水)]
アンコールS15着のヘッドライナーは高松宮記念に直行。


[2011/02/04(金)]
キンシャサノキセキは阪急杯を見送りオーシャンステークスから高松宮記念。リスポリ騎手が騎乗。


[2011/02/03(木)]
香港マイル4着のエーシンフォワードは高松宮記念へ直行。


[2011/02/02(水)]
シルクロードS2着のアーバニティはオーシャンS経由で高松宮記念へ。


[2011/01/29(土)]
高松宮記念の前哨戦で有力馬達が激突。29日(土)に京都競馬場で行われたG3シルクロードステークス(芝1200m)は藤岡康太騎手騎乗の1番人気ジョーカプチーノ(牡5・父マンハッタンカフェ)が若干出遅れ気味で道中やや後方に待機し、徐々に進出し、最後の直線で外から鋭伸、14番人気アーバニティに半馬身差をつけ優勝。3着は3/4馬身差で4番人気モルトグランデ。ジョーカプチーノは重賞3勝目で通算14戦6勝。⇒シルクロードステークス結果(全着順&払戻)


[2011/01/27(木)]
阪神カップ優勝のキンシャサノキセキは阪急杯で始動する予定。阪神カップ2着のレッドスパーダは阪急杯かオーシャンステークスから高松宮記念を目指す。


[2011/01/26(水)]
マイルCSを優勝し、香港マイル4着だったエーシンフォワードは引き続き岩田騎手で高松宮記念へ直行。


[2011/01/05(水)]
スプリンターズS5着のワンカラットはオーシャンステークスか阪急杯から高松宮記念へ。


[2011/01/03(月)]
香港マイル4着のエーシンフォワードは高松宮記念へ直行。


[2010/12/31(金)]
京阪杯10着のダッシャーゴーゴーはオーシャンステークスで始動し高松宮記念を目指す予定。ラピスラズリS勝ちのジョーカプチーノは京都金杯は見送り、シルクロードステークスへ。今後高松宮記念を目指す予定。


[2010/12/23(祝)]
阪神C2着のレッドスパーダは阪急杯から高松宮記念へ。


[2010/12/22(水)]
香港マイル4着のエーシンフォワードは高松宮記念に直行。


[2010/12/15(水)]
香港マイル4着のエーシンフォワードは一度使って高松宮記念へ。その後安田記念を視野に。ラピスラズリS勝ちのジョーカプチーノは高松宮記念を狙う。


[2010/11/16(火)]
ローレルゲレイロ(牡6・父キングヘイロー)の引退式が11/20 (土)に京都競馬場で行われることになった。昨年高松宮記念、スプリンターズステークスとG1を2勝し、最優秀短距離馬に選出。今後優駿スタリオンステーションで種牡馬として繋養される予定。


[2010/10/19(火)]
2011年度開催日割変更に伴い、高松宮記念(GI)は阪神競馬場で施行。また、同競走当日は、毎日杯を前日の土曜日から高松宮記念当日に移設、両競走を同日施行となった。


[2010/09/24(金)]
来年の高松宮記念は阪神で開催されることに。改修工事中の中京競馬場は11月一杯まで工事がかかり来春の開催は不可能となるため。96年に高松宮記念がG1に昇格になって以降初めて中京競馬場以外で行われることとなる。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.