無料競馬予想とレース結果情報満載のウマトモ

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

東海ステークス 2013

【G2】中京競馬場・ダ1800m


【スプリングステークス】ロゴタイプかフェイムゲームか、はたまたタマモベストプレイか?今年のスプリングSは強豪揃いで非常に難解だが、我々にはすでに勝利馬の見当がついている!巷で言われるような大接戦ではない。◎印を打つのは、某馬1頭でOK!潜在能力の高さもここへ向けた調整過程でも、ロゴタイプより遥かに上!

 東海ステークスニュース・予想

[2013/01/20()]
20日(日)に中京競馬場で行われたG2・東海ステークス(ダ1800m)はC.ルメール騎手騎乗の4番人気グレープブランデー(牡5・マンハッタンカフェ)が道中中団待機から最後の直線で鋭く伸び8番人気ナムラタイタンに3馬身差を付け優勝。3着は半馬身差で1番人気ホッコータルマエ。グレープブランデーは15戦6勝。重賞は地方交流重賞・G1ジャパンダートダービー(ダ2000m)以来の勝利。⇒結果(全着順&払戻)


[2013/01/19()]
東海ステークスの前日最終オッズは以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 3-6 ホッコータルマエ 3.3
2 1-2 ハートビートソング 5.2
3 2-4 グランドシチー 5.9
4 8-15 グレープブランデー 7.8
5 4-8 サイレントメロディ 8.8
6 7-13 ミラクルレジェンド 12.4
7 5-9 ナムラタイタン 16.2
8 1-1 ソリタリーキング 21.9
9 2-3 ヤマニンキングリー 28
10 7-14 アイファーソング 30.4
11 5-10 タカオノボル 37.8
12 3-5 オースミイチバン 55
13 6-12 バックトゥジエース 63.5
14 6-11 バトルドンジョン 65.6
15 8-16 フリートストリート 75.8
16 4-7 メダリアビート 187.8



[2013/01/18(金)]
東海ステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【東海ステークス2013競馬予想】(2)ハートビートソングを指名。前走初ダートを快勝。脚に負担のないダートで上積みに期待。(2)から馬連全流しで。


[2013/01/17(木)]
【東海ステークス2013競馬予想(4)】東海Sが行われるリニューアル後の中京競馬場のデータはまだ少ないが、中京ダ1800mで昨年末までに53レースが行われ、結果を分析すると9-12番枠の馬が連対率が高くそれ以外の馬番と比べると倍程度の開きがある。中ほどからやや外目の馬には注意が必要。そして過去5年で平安S優勝馬は一昨年のダイシンオレンジを除き3走前までに、ダート2000m以上で3着以内に入った実績があり、長めのレースで実績のある馬には注意したい。


川崎記念に登録のグランドシチーは東海ステークスへ。




[2013/01/16(水)]
【東海ステークス2013競馬予想(3)】過去10年の平安Sでは前走1着だった馬が4勝2着5回と優秀。不思議と前走2着だった馬は連対がゼロ。3着は2勝2着2回。5-9着で4勝2着2回。そして東海ステークスでは平安ステークスと回り方が反対の左回りになるほか、坂がある。平安Sでは過去10年でほぼ毎年、4走前までに坂のある東京、中山、阪神競馬場で連対した馬が、毎年平安Sで連対。


【東海ステークス2013競馬予想(2)】東海ステークスの目安として平安Sの過去10年を参考にしているが、過去10年の平安Sでは前走JCダートが2勝2着2回3着1回で好走率も高く、連対率は3割を超える。また、好走率では東京大賞典や、名古屋グランプリ、浦和記念など地方競馬の交流重賞からの参戦組が好走している。その他連対数ではOP特別からの参戦組が3勝2着4回、準OP組が2勝2着1回。


[2013/01/15(月)]
【東海ステークス2013競馬予想(1)】2月に行われる今年最初のG1・フェブラリーSの前哨戦の位置づけと変わった東海ステークス。過去は中京ダート2300mで行われたいたが、リニューアルにより近年は京都開催で夏場に行われていた。一方同時期にフェブラリーS前哨戦として行われていた平安ステークスは5月に以降。従って過去10年同時期に行われていた平安Sを参考に競馬予想を組み立てていきたい。まず、平安ステークスでは伏兵馬が連対するケースが多く、過去10年の平安Sで単勝5倍未満の馬が16頭出走し優勝は一昨年のダイシンオレンジ(2.8倍)たったの1頭。ただ大荒れしているわけでもなく優勝馬の10頭中8頭は、単勝5-20倍である。特に10倍台から5頭の優勝馬が出ており、中人気でも侮れない。舞台が中京に移り、東海ステークスではどのような展開となるか楽しみ。


[2013/01/14()]
東海ステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/01/03(木)]
東京大賞典2着のハタノヴァンクールは東海ステークスか川崎記念へ。4着のナムラタイタンは東海Sへ。


[2012/12/29()]
JCダート優勝のニホンピロアワーズは東海ステークスをパスして放牧へ。フェブラリーステークス含め次走は未定となっている。JCダート13着のソリタリーキングは浜中騎手で東海Sへ。


[2012/12/28(金)]
フェアウェルS優勝のグランドシチーは川崎記念へ。除外なら東海ステークスへ。2着のホッコータルマエ、3着のグリッターウイングは東海Sへ。


[2012/12/25(火)]
フェアウェル優勝のグランドシチーは東海ステークスか川崎記念へ。


[2012/12/19(水)]
休み明けのベテルギウスSを勝ったハートビートソングは東海ステークスへ。


[2012/12/11(火)]
JCダート優勝のニホンピロアワーズは東海ステークスへ。




[2012/12/04(火)]
JCダート5着のグレープブランデーは東海ステークスへ。


[2012/10/23(火)]
2013年度の競馬開催日程が発表され、東海ステークスは5月末の開催から1/20(日)に中京競馬場で開催。


[2012/05/19(土)]
19日(土)に京都競馬場で行われたG2・東海ステークス(ダ1900m)は、4番人気浜中騎手騎乗のソリタリーキング(牡5・父キングカメハメハ)が道中先団に取り付き、最後の直線で最後に3番人気ニホンピロアワーズをクビ差交わして重賞初制覇。3着は3/4馬身差で11番人気サイレントメロディ。⇒結果(全着順&払戻)。ソリタリーキングは通算18戦7勝。前走ブリリアントステークスに続き2連勝。半兄にサカラート、ヴァーミリアン、キングスエンブレムなど。


[2012/05/18(金)]
東海ステークスの枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【東海ステークス競馬予想】(4)ソリタリーキングが本命。中一週だが前走プリリアントSは楽勝。引き続き好調をキープしているとみられる。半兄ヴァーミリアンも5歳になってから安定してきた。血統的にはそろそろ重賞Vは十分あり得る。(4)から馬連全流し。


[2012/05/17(木)]
【東海ステークス競馬予想傾向と対策(4)】東海ステークス注目の一頭はミラクルレジェンド重賞5勝もレパードS以外の4勝は牝馬限定戦。JCダートでは0秒5差の6着だった。成績次第で地方交流G1帝王賞(大井ダ2000m)へ挑戦。


[2012/05/16(水)]
【東海ステークス競馬予想傾向と対策(4)】過去10年の東海Sでは、前走芝レースに出走した馬が好走率が高く、前走アンタレスSから3年連続で優勝馬が出ている。過去10年で前走アンタレスS組は6勝2着5回、3着4回。


【東海ステークス競馬予想傾向と対策(3)】京都ダ1900mで行われる東海ステークスは4角を先頭で通過した馬の約半数が連対と好走。そして2-5番手もそれ以下よりも好走率が高く4角先頭集団に位置づけられるかどうかが勝負の分かれ道となりそうだ。


東海Sに出走予定だったゴルトブリッツは熱発のため回避。


[2012/05/15(火)]
【東海ステークス競馬予想傾向と対策(2)】東海ステークスが行われるのは京都ダ1900m。ここ4,5年で行われた京都ダ1900mでは1番人気が連対率約5割、2番人気が同じく5割。3着内率ではともに6割近くを誇る。また3番人気馬も3着内率で5割弱と、上位人気馬が安定して好走。そしてこの東海Sが京都競馬場で行われた過去2年でも、連対馬4頭中3頭は3番人気以内。上位馬の選択は必須か。


[2012/05/14(月)]
【東海ステークス競馬予想傾向と対策(1)】東海ステークスは以前は中京・ダ2300mで争われていたが、昨年以降は中京改築改修工事に伴い、京都・ダ1900mで行われるようになった。よって京都1900mの傾向も要チェック。過去では04年2着のタイムパラドックスが、翌年のジャパンカップダートを優勝、一昨年の東海S優勝馬シルクメビウスは、前年のジャパンカップダート2着、昨年優勝馬ワンダーアキュートは、同年ジャパンカップダート2着に好走。




[2012/05/13()]
東海ステークスの登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/05/12()]
NHKマイルCで落馬負傷した後藤騎手は来週以降、安田記念の週までは復帰を見送られ、東海ステークスのサイレントメロディは藤田騎手に乗替、オークスのサンシャイン、安田記念のローズキングダムは未定。


[2012/05/11(金)]
マリーンC優勝のミラクルレジェンドは岩田騎手が騎乗停止のためウィリアムズ騎手に乗り替り東海ステークスへ。


[2012/05/09(水)]
ブリリアントS勝ちのソリタリーキングは東海ステークスへ。2着のグランドシチーは東海SかアハルテケSへ。アンタレスS6着のグリッターウイングもウィリアムズ騎手で東海Sへ。


[2012/05/07(月)]
サンタクロースSを勝って以来のリバティバランスは東海ステークスへ。


[2012/04/26(木)]
平安S優勝以来のヒラボクキングは東海ステークスへ。


[2012/04/19(木)]
アンタレスS優勝のゴルトブリッツ、3着のシルクシュナイダーは東海ステークスを視野に。


[2012/04/18(水)]
アンタレスS5着のニホンピロアワーズ、7着のデスペラード、9着のダイシンオレンジは東海ステークスへ。アンタレスS2着のアイファーソング、9着のダイシンオレンジも東海Sへ。マリーンC優勝のミラクルレジェンドも東海Sへ。


[2012/04/13(金)]
連勝中のスマートタイタンは東海ステークスへ。


[2012/04/06(金)]
マーチS優勝のサイレントメロディはかしわ記念か東海ステークスへ。


[2012/03/28(水)]
ダイオライト記念4着のワンダーアキュートは東海ステークスへ。マーチS優勝のサイレントメロディはかしわ記念か東海Sへ。


[2012/03/22(木)]
ダイオライト記念8着のシビルウォーは東海ステークスへ。


[2012/03/08(木)]
昨年のジャパンダートダービー覇者で骨折休養中のグレープブランデーはまもなく帰厩して東海ステークスでの復帰する予定。


[2011/05/22(日)]
22日(日)に京都競馬場で行われたG2・東海ステークス(ダ1900m)は2番人気和田騎手騎乗のワンダーアキュート(牡5・父カリズマティック)が先団から最後の直線で逃げる6番人気ランフォルセを差し切り3/4馬身差をつけ1分53秒7のレコードタイムで優勝。3着は2馬身半差で5番人気シルクメビウス。⇒東海ステークス結果(全着順&払戻)。ワンダーアキュートは通算20戦9勝で09年シリウスS、武蔵野Sに次ぐ重賞3勝目。


[2011/05/21(土)]
東海Sに出走予定だったフィールドルージュは右肩跛行のため出走取消。


東海ステークス枠順。近走安定していて京都も実績のある(8)ワンダーアキュート、(13)ゴルトブリッツが抜けている。ここに上昇馬の(12)メダリアビートをからめ、馬単6点で勝負。


[2011/05/20(金)]
東海ステークスの枠順が発表された。⇒出馬表。東海ステークスの行われる京都ダ1900mのここ3年の騎手別成績では四位騎手(11勝)、安藤勝騎手(3着内率8割強)だが、あいにく両騎手ともにオークスで騎乗。その他この京都ダ1900mで実績のある騎手は川田、和田騎手がともに3勝、福永、幸、佐藤、秋山騎手が2勝をあげている。今週の東海Sで復帰する予定だったアサクサキングスは回避して宝塚記念での復帰する予定。


[2011/05/19(木)]
東海ステークス過去10年の3着以内馬30頭中20頭が5、6歳馬。昨年はシルクメビウス、トランセンドと4歳の1,2着だったが今年の東海Sはどうか。ちなみに過去10年の3着以内馬30頭中、単勝30倍以上の馬は8頭いて、うち6頭が5、6歳だったことは押さえておきたい。東海S登録のクリスタルボーイは回避して天王山Sへ。


[2011/05/18(水)]
東海ステークスを予想する上で、過去10年の連対馬20頭中11頭がJRA重賞の勝ち鞍があり、好走率でも優勝していない馬となかった馬の差は大きく優勝経験馬の優勝は18%、そうでない場合は3%。連対率においては優勝経験馬が30%、3着内率は36%と非常に高く優勝経験のない馬は連対率6%、3着内率15%にとどまる。


[2011/05/17(火)]
東海Sは重賞からの参戦が中心。東海ステークスでは過去10年、3着以内馬30頭中25頭が前走地方含む重賞に出走。それ以外(準OPや平場OPなど)からの出走馬は低調。


[2011/05/16(月)]
2年連続京都ダート1900mで行われる東海ステークス。中京競馬場が改修工事中のため、今年の東海Sは昨年に引き続き京都・ダート1900mのコースで行われる。3連単発売の05年以降、6年間で4回もの10万馬券が飛び出している名物レース。果たして今年の東海ステークスはどうなるか。


[2011/05/15(日)]
東海ステークスの登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/05/13(金)]
昨年の阪神大賞典4着以来のアサクサキングスは東海ステークスで復帰する予定。


[2011/05/12(木)]
ブリリアントS12着のクリーンは東海ステークスへ。


[2011/05/05(祝)]
アンタレスS優勝のゴルトブリッツ、9着のピイラニハイウェイは東海ステークスへ。


[2011/04/30(土)]
アンタレスS優勝のゴルトブリッツは東海ステークスへ。


[2011/04/27(水)]
エスペランサSを勝ったランフォルセは東海ステークスへ。


[2011/04/15(金)]
マーチS8着のキングスエンブレムは東海Sへ。


[2011/04/14(木)]
マーチS優勝のテスタマッタは帝王賞の前に東海ステークスを挟む可能性も。2着のブラボーデイジーはダイオライト記念へ。


[2011/04/08(金)]
フェブラリーS8着のシルクメビウスは東海ステークスへ。


[2011/04/01(金)]
フェブラリーS8着のシルクメビウスは東海ステークスへ。


[2011/01/26(水)]
平安S3着のサクラロミオはアンタレスステークスか東海ステークスへ。




Copyright (C) 無料競馬予想ウマトモ. All Rights Reserved.