弥生賞予想

今週のレース

最近のレース結果

それ以前の重賞レース結果

弥生賞 2013

【G2】中山競馬場・芝2000m


今年はより一層大混戦で高配当が見込める☆安田記念☆スプリント王に3歳馬、G1未勝利馬に外国馬と難解な国際競走!!大混戦からスピードよりもスタミナが要求される東京競馬場を突きぬけるのはこの馬だ!

 弥生賞ニュース・予想

[2013/03/03()]
3日()に中山競馬場で行われた3歳G2・弥生賞(芝2000m)は6番人気内田騎手騎乗のカミノタサハラ(牡3・ディープインパクト)が道中先団に取り付き、最後の直線で外からまくり、10番人気ミヤジタイガにクビ差を付け重賞初制覇。3着はハナ差で2番人気コディーノ、4着はクビ差で1番人気エピファネイア、5着はハナ差で3番人気キズナ。⇒結果(全着順&払戻)。カミノタサハラは通算4戦3勝。上位3頭には皐月賞への優先出走権が与えられる。


[2013/03/02()]
弥生賞の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
人気 枠-馬番 馬名 単勝
1 3-3 コディーノ 2.3
2 8-12 エピファネイア 2.8
3 5-6 キズナ 5.8
4 6-7 ヘミングウェイ 15.4
5 8-11 サトノネプチューン 18.4
6 6-8 カミノタサハラ 19.3
7 7-10 ダービーフィズ 29.8
8 5-5 マイネルクロップ 37.2
9 7-9 バッドボーイ 50
10 1-1 クロスボウ 83
11 2-2 トーセンワープ 90.9
12 4-4 ミヤジタイガ 119



[2013/03/01(金)]
弥生賞の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【弥生賞2013競馬予想】堅い決着を予想。外せないのは(12)エピファネイアと、(3)コディーノの2頭。続いて(6)キズナ、(10)も3着以内に入らないと皐月賞出走は難しい。そして(7)ヘミングウェイ、(11)サトノネプチューンもここで賞金加算をして皐月賞本番へいきたい。馬連や馬単、3連複では旨みがなさそうなので3連単で1,2着を(3)(12)、(12)(3)で固定し、3着付けで(6)(7)(10)(11)を流し合計8点勝負。


[2013/02/28(木)]
【弥生賞2013競馬予想(4)】弥生賞では過去5年、1番人気が4連対で優秀も昨年は1番人気のアダムスピークが8着。そして7番人気が3着内に4頭入っているのは面白い。また10番人気以下の馬の3着内はゼロ。連対馬10頭中7頭が3番人気以内と比較的堅いレースといえよう。まとめると過去10年の弥生賞で連対馬20頭中18頭は過去全戦5着以内で掲示板を外していない。優勝馬に関しては全てこれに該当。そして連対馬20頭中12頭が前走優勝で残り8頭中6頭が前走重賞5着以内。また連対馬20頭中17頭が2勝以上、そのうち13頭が重賞かOP特別勝ち鞍実績あり。また優勝馬10頭中8頭が重賞V歴あり。そして連対馬20頭中16頭に芝1800m以上でで勝ち鞍があり、残る4頭は芝1600mで優勝経験あり。また連対馬20頭中13頭にOP芝1800m以上で3着以内。最も多い連対馬のキャリアは3戦が6連対。ちなみに連対馬20頭中18頭がキャリア3戦以上で2戦以下で優勝は05年弥生賞優勝のディープインパクトのみ。まとめると3連勝中のエピファネイアは高評価。対抗はコディーノで続いてキズナ、バッドボーイ、サトノネプチューンなど。


[2013/02/27(水)]
【弥生賞2013競馬予想(3)】弥生賞では過去10年、出走頭数が13頭以上だった07、08、10、12年の3着以内馬12頭中9頭はなんと1-3枠と内枠が有利な結果となっていた。ちなみに15頭立てだった昨年は優勝したコスモオオゾラが3枠5番、2着トリップが2枠2番、3着アーデントが3枠4番。また過去7年優勝馬7頭すべてJRA芝1600m以上で2勝以上のうえに前走JRA重賞で5着以内だった。実績と臨戦過程は特に注意してチェックしたほうがいいだろう。該当馬はエピファネイアにコディーノ、そしてキズナが入る。




[2013/02/26(火)]
【弥生賞2013競馬予想(2)】弥生賞では過去10年、3着以内馬30頭すべて前走芝1600-2000m。前走ダートや1600m未満もしくは2000m以上は厳しいかもしれない。そして前走芝1600-2000mだった馬で、そのレースが中京・京都・阪神・小倉だった馬は、前走芝1600-2000m東京・中山開催だった馬よりも好走。また3着以内馬30頭中24頭は前走重賞出走馬。該当馬は3着内率4割強と優秀。前走JRA重賞以外だった馬は3着内率も10%未満と厳しい。JRA重賞以外馬で3着以下に敗れた馬は弥生賞でも3着内がない。


[2013/02/25(月)]
【弥生賞2013競馬予想(1)】記念すべき50回目の弥生賞は皐月賞トライアル第一弾。過去10年の優勝馬には05年のディープインパクト(皐月賞、日本ダービー、菊花賞)、09年のロジユニヴァース(日本ダービー)、10年のヴィクトワールピサ(皐月賞)とこの3頭がクラシックを制覇しているほか、03年6着のザッツザプレンティは菊花賞、08年4着のキャプテントゥーレが皐月賞を制覇。他には11年の弥生賞優勝馬サダムパテックは昨秋マイルチャンピオンシップを制覇。過去10年の弥生賞優勝馬10頭は、全てJRA芝1600m以上で2勝以上。該当馬の3着内率は4割弱。そして昨年のコスモオオゾラを除く9頭全てOP以上で優勝経験のある馬だった。該当馬の3着内率は約5割。そして05年優勝のディープインパクトを除く優勝馬9頭は重賞5着以内の実績馬。該当馬は3着内率4割。いずれもクリアしている馬はラジオNIKKEI杯2歳ステークス優勝のエピファネイア、朝日杯FS2着のコディーノの2頭。


24日(日)の阪神3Rで2位入線したマノワールは最後の直線走路で他馬を妨害。騎乗した福永騎手は3/2-3/10までの開催4日間の騎乗停止処分。この影響で弥生賞のエピファネイアはW.ビュイック騎手、中京記念のジョワドヴィーヴルは戸崎騎手に乗替。


[2013/02/24()]
弥生賞の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2013/02/08(金)]
新馬、ホープフルSを連勝中のサトノネプチューンは中央移籍が決定し戸崎騎手で弥生賞へ向かう。同馬は堀厩舎所属となり、堀調教師と戸崎騎手のコンビで11年安田記念をリアルインパクトを制している。 シンザン記念2着のヘミングウェイは浜中騎手で弥生賞へ。500万下勝ちのマイネルクロップは柴田大知騎手で弥生賞へ。葉牡丹賞9着のインプロヴァイズはセントポーリア賞へ。


[2013/02/07(木)]
若竹賞勝ちのダービーフィズは弥生賞へ。


[2013/01/31(木)]
京成杯5着のマイネルマエストロは弥生賞へ。


[2013/01/30(水)]
朝日杯FS2着のコディーノは来月2日に帰厩。弥生賞からで始動する見通し。東京スポーツ杯2歳S2着以来のレッドレイヴンは弥生賞かスプリングステークスで復帰する予定。


[2013/01/29(火)]
3連勝でラジオNIKKEI杯2歳Sを制したエピファネイアは引き続き福永騎手で弥生賞で始動し皐月賞へ向かう予定。


[2013/01/28(月)]
500万下勝ちでマウントシャスタの全弟にあたるカミノタサハラは弥生賞へ。




[2013/01/22(火)]
若竹賞を勝ったダービーフィズは弥生賞へ。京成杯優勝のフェイムゲームは弥生賞かスプリングステークスへ。


[2013/01/09(水)]
福寿草特別優勝のテイエムダイパワーは弥生賞へ。寒竹賞勝ちのマンボネフューは弥生賞かスプリングSへ。


[2012/12/28(金)]
朝日杯FS2着のコディーノは弥生賞での始動する見通し。ラジオNIKKEI杯2歳S3着のキズナは引き続き武豊騎手で弥生賞へ向かう。


[2012/12/27(木)]
ラジオNIKKEI杯2歳S3着のキズナは弥生賞へ。除外の場合は若葉Sへ。


[2012/12/25(火)]
ラジオNIKKEI杯2歳S3着のキズナは若葉Sか弥生賞から始動する見通し。5着のアドマイヤドバイは自己条件へ回る。未勝利勝ちでオルフェーヴルの全弟リヤンドファミユは若駒Sへ。


[2012/03/04()]
4日(日)に中山競馬場で行われた皐月賞トライアル、G2弥生賞(芝2000m)は、9番人気柴田大騎手騎乗のコスモオオゾラ(牡3・父ロージズインメイ)が道中先行集団から最後の直線で抜け出し、3番人気トリップを1.1/4馬身差をつけ重賞初制覇。3着はクビ差で5番人気アーデント。1番人気アダムスピークは8着。結果(全着順&払戻)。コスモオオゾラは通算6戦3勝。上位3頭には皐月賞への優先出走権が与えられる。


[2012/03/03()]
弥生賞の前日最終オッズ(人気順)は以下の通り。
枠-馬番 馬名 単勝
7-12 アダムスピーク 2.3
5-8 フェノーメノ 4.6
6-10 ジョングルール 7.9
2-2 トリップ 9.9
3-4 アーデント 12.2
8-15 エキストラエンド 13.9
8-14 サイレントサタデー 20.5
1-1 メイショウカドマツ 23.8
7-13 クラレント 26.1
6-11 ブリスアウト 31.4
3-5 コスモオオゾラ 33.9
5-9 ソルレヴァンテ 64.8
4-7 アーカイブ 94
2-3 タイセイスティング 147.3
4-6 セトブリッジ 199.3



[2012/03/02(金)]
弥生賞の枠順が発表された。⇒枠順・出馬表。【弥生賞競馬予想】ラジオNIKKEI杯2歳Sを制した(12)アダムスピークが本命。当時2着だったゴールドシップは先月共同通信杯を優勝、3着は札幌2歳Sを制したグランデッツァと非常にハイレベルな戦いを完勝した。休養明けだけが気がかりなのと、1戦1勝馬の(11)ブリスアウトが気になる。2頭馬単ウラオモテとそれぞれ1着付けから、先行力のある(10)ジョングルール、(8)フェノーメノ、(14)サイレントサタデーを流し、計8点で勝負。


[2012/03/01(木)]
【弥生賞競馬予想傾向と対策(4)】弥生賞では過去10年の優勝馬すべて芝で2勝以上。ちなみに3勝馬は3着内率6割で、4勝馬はなんと3着内率100%。


弥生賞に出走予定だったベストディールは体調が整わないため回避する。この後、皐月賞に直行するかトライアルを挟むかは未定。




[2012/02/29(水)]
【弥生賞競馬予想傾向と対策(3)】弥生賞では過去10年、連対馬20頭中19頭が前々走3着以内。優勝馬の前走最下位は02年バランスオブゲーム、11年サダムパテックの4着。ほか08年2着のブラックシェルが7着と安定度は重視。


[2012/02/28(火)]
【弥生賞競馬予想傾向と対策(2)】弥生賞では過去10年、優勝馬10頭の最低着順は4着以内。また2着馬の8頭が最低着順が5着以内。最低着順2着までなら連対率が約4割と安定。


[2012/02/27(月)]
【弥生賞競馬予想傾向と対策(1)】弥生賞は皐月賞と同じ中山芝2000mで行われるため本番に直結しやすいが、過去05年の3冠馬ディープインパクトや、一昨年優勝のヴィクトワールピサは皐月賞を制覇、09年弥生賞優勝のロジユニヴァースは皐月賞こそ惨敗したが日本ダービーで優勝。昨年はサダムパテックが弥生賞を制し皐月賞2着と健闘している。


[2012/02/26()]
弥生賞の登録馬が発表された⇒登録馬・出走予定馬


[2012/02/25(土)]
25日(土)の阪神6RでN.ピンナ騎手はカイシュウタビビトに騎乗する際、保護ベストを着用せず次週3/3と3/4が騎乗停止に。これにより弥生賞でコンビを組む予定だったアダムスピークは内田騎手が騎乗する予定。


[2012/02/23(木)]
福寿草特別勝ちのサイレントサタデーは松岡騎手で弥生賞へ。共同通信杯5着のコスモオオゾラも弥生賞へ。新馬勝ちのブリスアウトも弥生賞へ。ラジオNIKKEI杯2歳S4着のトリップは田辺騎手で弥生賞へ。


[2012/02/17(金)]
ラジオNIKKEI杯2歳S4着以来のトリップは弥生賞から皐月賞へ。500万下勝ちのフェノーメノは弥生賞へ。


[2012/02/16(木)]
朝日杯FS7着のクラレントは弥生賞へ。寒竹賞勝ちのメイショウカドマツも弥生賞へ。


[2012/02/15(水)]
共同通信杯5着のコスモオオゾラは弥生賞かスプリングステークスへ。


[2012/02/06(月)]
500万下勝ちのジョングルール(牡2・父ディープインパクト)は弥生賞へ。


[2012/02/01(水)]
デビュー2連勝でラジオNIKKEI杯2歳Sを勝ったアダムスピークはピンナ騎手で弥生賞へ。


[2012/01/31(火)]
500万勝ちのフェノーメノは弥生賞へ。


[2012/01/26(木)]
ベゴニア賞勝ちのサトノギャラントは弥生賞へ。若駒S勝ちのゼロスは弥生賞かスプリングSへ。


[2012/01/21(土)]
京成杯3着のアドマイヤブルーは弥生賞へ。


[2012/01/20(金)]
ラジオNIKKEI杯2歳Sを制しデビュー2連勝中のアダムスピークは短期免許が切れるルメール騎手乗り替わりピンナ騎手で弥生賞へ。京成杯4着のアーデントは藤田騎手との新コンビで弥生賞へ。


[2012/01/19(木)]
ラジオNIKKEI杯2歳S2着のゴールドシップは弥生賞へ。ベゴニア賞勝ちののサトノギャラントは弥生賞で始動。


[2012/01/17(火)]
京成杯優勝のベストディールは弥生賞から皐月賞へ。


[2012/01/11(水)]
福寿草特別勝ちでデビュー2連勝のサイレントサタデーは弥生賞かスプリングステークスへ。


[2012/01/03(火)]
ラジオNIKKEI杯2歳S優勝のアダムスピーク、2着ゴールドシップは弥生賞から皐月賞へ。


[2011/12/30(金)]
ラジオNIKKEI杯2歳S3着のグランデッツァは弥生賞へ。


[2011/12/29(木)]
ラジオNIKKEI杯2歳S2着のゴールドシップは弥生賞へ。


[2011/12/22(木)]
朝日杯FS優勝のアルフレードは弥生賞かスプリングステークスから皐月賞へ。


[2011/03/06(日)]
6日(日)に中山競馬場で行われた皐月賞トライアル・G2・弥生賞(芝2000m)は岩田騎手騎乗の1番人気サダムパテック(牡3・父フジキセキ)が道中中団から追走し、最後の直線で伸びて、7番人気プレイに半馬身差をつけ重賞2勝目。3着はハナ差で5番人気デボネア。サダムパテックは通算5戦3勝。この上位3頭には皐月賞への優先出走権が与えられる。⇒弥生賞結果(全着順&払戻)


[2011/03/05(土)]
弥生賞枠順。(3)プレイからワイドで総流し、計10点で勝負。差し・追込が多い中、唯一といっていいくらい先行できる馬。頭数も少なく、内から先団を形成し緩やかなペースを想定。


[2011/03/04(金)]
弥生賞の枠順が発表された。⇒出馬表。今回は出走馬が11頭で、多頭数の場合は差し、追込が連対するケースが多いが、今回の11頭の脚質はほとんどが差しか追込でペースが緩やかになる可能性が高い。


[2011/03/03(木)]
弥生賞では過去5年、1-3枠の連対率が非常に高い。4枠より外で優勝したのは09年のロジユニヴァースの8枠のみで、2着も07年のココナッツパンチの5枠と、08年のブラックシェルの7枠だけ。


[2011/03/02(水)]
弥生賞登録のベルシャザールは若葉Sへ、同じく弥生賞登録のサクラゴスペルは黄梅賞へ。


[2011/03/01(火)]
弥生賞で過去10年の3着以内馬30頭中23頭が前走重賞で、3着内率が42.6%と好走傾向にある。前走JRA重賞から参戦した馬の結果は9回の優勝で2着が7回。優勝馬の残り1頭は若駒Sから参戦したディープインパクト。やはり前評判を素直に受け入れて予想したほうがいいかもしれない。


[2011/02/28(月)]
皐月賞トライアルの弥生賞は今年で48回目。昨年この弥生賞を制したヴィクトワールピサは、皐月賞を制し、有馬記念も優勝、最優秀3歳牡馬に輝いた。過去には史上6頭目の三冠馬となったディープインパクトも、この弥生賞を制している。過去10年では前評判が高い馬が優勝、連対する傾向にあり、02年のバランスオブゲームが単勝4番人気だったがそれ以外の9頭は単勝2番人気以内。そして2着馬はすべて単勝6番人気以内。3着馬はすべて単勝7番人気以内と比較的堅い決着となっている。


[2011/02/27(日)]
弥生賞の登録馬が発表された。⇒登録馬・出走予定馬


[2011/02/25(金)]
つばき賞2着のプレイは弥生賞を視野に。


[2011/02/24(木)]
サトノオーは目標を弥生賞からスプリングSへ変更。鞍上は横山騎手から三浦騎手へ。


[2011/02/23(水)]
ルルーシュと同厩の共同通信杯6着サトノオーはスプリングステークスから弥生賞へ予定を変更。


[2011/02/19(土)]
若駒S3着のショウナンマイティは浜中騎手で弥生賞へ。


[2011/02/18(金)]
連勝中のターゲットマシンは弥生賞へ。若駒S勝ちのリベルタスは弥生賞かスプリングステークスへ。


[2011/02/16(水)]
デビュー2連勝中のターゲットマシンは弥生賞へ。500万勝ちのルルーシュは弥生賞かスプリングSへ。


[2011/02/10(木)]
きさらぎ賞4着のウインバリアシオンは引き続き福永騎手で弥生賞へ。シンザン記念4着のアドマイヤサガスは弥生賞かスプリングステークスのいずれかに出走予定。


[2011/02/09(水)]
きさらぎ賞4着のウインバリアシオンは弥生賞、スプリングS、若葉Sのいずれかのレースから皐月賞へ。


[2011/02/04(金)]
京成杯2着のデボネアは佐藤哲騎手で弥生賞へ。若駒S3着のショウナンマイティも弥生賞へ。


[2011/02/03(木)]
京成杯2着のデボネアは弥生賞へ。500万勝ちのルルーシュは横山騎手で弥生賞へ。朝日杯FS1番人気4着のサダムパテックは来週帰厩し弥生賞から皐月賞へ。


[2011/02/01(火)]
500万勝ちのルルーシュは弥生賞かスプリングSから皐月賞へ。


[2011/01/28(金)]
若駒S3着のショウナンマイティは弥生賞かスプリングSへ。


[2011/01/27(木)]
京成杯2着のデボネアは弥生賞へ。


[2011/01/19(水)]
京成杯勝ちのフェイトフルウォーは弥生賞かスプリングステークスから皐月賞へ。


[2011/01/13(木)]
ラジオNIKKEI杯2歳S2着のオールアズワンは弥生賞で始動予定。2連勝のターゲットマシンも弥生賞へ。


[2011/01/05(水)]
ラジオNIKKEI杯2歳S2着のオールアズワンは弥生賞へ。ホープフルS勝ちのベルシャザールは弥生賞かスプリングステークスから皐月賞へ。


[2011/01/03(月)]
朝日杯FS4着のサダムパテックは岩田騎手で弥生賞から、皐月賞日本ダービーへ。


[2010/12/31(金)]
朝日杯FS3着のリベルタスは休養を挟んで2月から乗り込み再開。弥生賞あたりから始動か。


[2010/11/09(火)]
皐月賞トライアル、弥生賞は3/6(日)に中山競馬場芝2000mで行われる。




Copyright (C) 2007-2013 無料競馬予想ウマトモ All Rights Reserved.